低収入・非モテの僕が出会い系でお金を使わずエッチする方法・・・・・

皆さんは出会い系サイトでエロ話を信じていますか?
出会い系サイトなんてどうせサクラしかいないと思っているでしょう。
しかし、私は出会い系サイトでエロい話をたくさん作ってきました。

介護職員ですから賃金が低いです。
どうせお金を払ってエロ体験談を積み重ねていると思われますが、私はサイトを通して出会った女性とはお金の関係でエッチな話の体験談はあまりないです。
理由はお金の関係のエッチが好きではないからです。

今回のエロ体験談は普通の女性と出会いフェラされてクンニできてクリトリスも刺激できたエッチなことを書いていきます。
出会い系サイトを勧める記事ではありません。
事実だけを書いていきます。

出会い系サイトで知りあった女性のプロフィールを紹介していきます。
名前は亜由美ちゃんです。
身長159cm、スタイルは痩せています。
どちらかといいますと、細すぎる体型です。
年齢33歳。
顔も普通レベルです。
性格は優しさと寂しさを持ち合わせています。

亜由美ちゃんはどこにでもいるような女性です。
出会い系サイトで美人やかなり可愛い子はたまにいますが、普通レベル・ブスな子もたくさんいます。
しかし、普通な子と果たしてナンパでエッチができますか?
なかなか至難の業でしょう。

亜由美ちゃんは寂しがり屋なので、すぐにコメントを出すと返信がきました。
「寂しい」とよく言うので実際に会いました。
出会ってすぐにエッチにはなりませんでしたが3回目に会った時にエッチをすることに成功しました。

亜由美ちゃんとご飯を食べてから、帰ろうとしていた時に亜由美ちゃんから「もっと一緒にいたい」と言われてしまいました。
私は特に顔もよくなく、介護職員で低収入ですが、女性の話をよく聞いて共感してあげるからエッチまでたどり着くことができます。

「もっと一緒にいたい」と言われて、私から「エッチしてもいい?」とストレートに聞いてしまいました。
亜由美ちゃんから「いいよ」と笑って返事をしてくれたからラブホテルに行くことになりました。

亜由美ちゃんは私とホテルに行くことは苦ではなくて、一緒にいたいから身体の関係になりたいと後で言っていました。
私は亜由美ちゃんの気持ちは、だいたい分かっていたので、手を繋いでラブラブな雰囲気でホテルに入りました。

ホテルに着いてからすぐにキスをしてしまいました。
亜由美ちゃんは目を閉じていましたが、私は目を開けて軽くキスをして、舌を出して濃厚なキスをしてみたら、亜由美ちゃんも舌を出してくれて濃厚なキスができました。
そのままベッドに横になり、洋服の上からおっぱいを揉んであげた時に「私おっぱい小さくてコンプレックス」と言ってきたので、「自分はおっぱいが小さいのは気にならないよ」と言ってあげました。

服を脱がしておっぱいを見たら、 Aカップで本当に小さかったですが、気にならなくておっぱいを揉んであげて乳首を舐めてあげました。
相当な時間、おっぱいを舐めてからパンティーの中に手を入れておまんこを触ってあげたら濡れてきました。

クリトリスも指でつまむように触ってあげたら、かなり感じてくれました。
「舐めてもいい?」と聞いたら、お風呂に入ってからにしようと言ってきたので、一緒にお風呂に入りました。
お風呂の中でエッチしたくなっていましたが、我慢して身体を別々で洗いました。

私のおちんちんはかなり大きくなっていて「こんなに大きくなっているよ」と亜由美ちゃんに話したら、「大きい」とびっくりしていました。
お風呂から出てから裸のままベッドに横になり、エッチを再開しました。
裸のままキスをして、お互い陰部を触りっこして手こきと手マンをして興奮してしまい、私も亜由美ちゃんも目がトロトロしていました。

手こきは優しくしてくれて私のおちんちんは張り裂けそうになるぐらい大きくなっていました。
クンニしたくて、「おまんこ舐めてもいい?」と聞いたら「いいよ」と答えてくれて、クンニをしました。
亜由美ちゃんのおまんこを入念になめてあげて、たまに鼠径部も舐めて、じらしてあげてエッチを楽しみました。

クリトリスを舌で舐めたら「いい、気持ちいい」と言ってくれて亜由美ちゃんはかなり気持ちよくなっていました。
今度はフェラして欲しくてフェラをお願いしました。
亜由美ちゃんはフェラを気持ちよく受け入れてくれてフェラが始まりました。

まずは、亀頭部の先をペロペロと舌先で舐めてくれて、私は包茎ではないので剥けていて、亀頭部を舐めてくれるとすごく気持ちいいです。
我慢汁も出てしまい、我慢汁を美味しそうに舐めてくれる姿を見て「生きていてよかった」と思いました。

亜由美ちゃんは睾丸も綺麗に舐めてから、おちんちんを咥えて唾液をたくさん出してのフェラはすごく気持ちよく精子が出そうになってしまいました。
このままでは精子が出てしまうので、フェラをやめてもらい、本番を亜由美ちゃんに求めました。

コンドームを付けて正常位からゆっくりと入れて、私は「ハアハア」言いながら腰を動かしていきました。
亜由美ちゃんもかなり気持ちよくなってくれて汗をかいて、「気持ちいい」と言ってくれた時は嬉しかったです。

亜由美ちゃんは騎乗位が好きで騎乗位の体位にかえて、自分で腰を動かしてくれました。
非常に気持ちよくなってくれて、私もたまに腰を動かしてあげました。
そのままバックに体位をかえて、私はバックが大好きなので、激しく突いてあげておっぱいを揉みました。

もう気持ちよすぎてしまい、「いきそう」と言ってコンドームをつけているから、おまんこの中に精子を出しました。
暫くの間、精子を出してから、おまんこの中におちんちんを入れていました。

キスを後ろからしてあげて、ゆっくりとおまんこからおちんちんを抜きました。
精子はたくさん出ていて、私はすごく気持ちいいエッチができ、出会い系サイトをやってよかったと思っていました。

私のエロ体験談は以上です。
私みたいに、顔がよくなくて低収入でも、このようにエッチができるのですから、少し顔がいい、収入がある男性ならすぐにエッチができてしまうと思います。
世の中不公平と感じつつも、私は女性に優しくすることは誰にも負けない気持ちで接しているので、エッチまでたどり着いている感じだから、これ以上、欲を持っても仕方がないと思うようにしていますよ。

コメントを書く