高校時代に新任の男の先生に処女を捧げた思い出・・・・・

閲覧数: 1,233 PV

※この体験談は約 8 分で読めます。

私が高校2年生の時、新任の社会の先生が来ました。
早稲田を卒業したさわやかな先生で、私たちの日本史の担当でした。
話は面白いし、廊下ですれちがっても「おう!元気か!」と声を掛けてくれて、ファンは多かったみたい。

私も気になってはいたけど、みんなも同じように接しているんだろうなと思って、特別な感情にならないよう我慢していました。
当時、委員会活動があって、私は新聞委員をやっていました。

締め切り前は結構大変なのですが、ある土曜日の午後、「台風が接近しているので、残っている生徒も下校するように」とのアナウンス。
土曜の午後だから部活の生徒しかいなかったのですが、ほとんどの生徒が帰って、私たち新聞委員もどうしようか悩んでいました。

すると先生が来て・・・。
「放送聞いただろ?帰んなきゃダメだぞ」
「あ・・・はい」
「お前どうやって帰るんだっけ、バス?俺の車で送ろうか?」
「あ、い、いいです、大丈夫です」
「ダメだよ。いいよ。乗ってけ。わかったな。15分くらいしたら駐車場で待ってて」

送ってもらうことになってしまいました。
嬉しさと戸惑いがありました。
車に乗り込んで・・・。
「あ、ありがとうございます」
「いいよ、そんなこと」

その後は他愛もない会話で家に着きました。
思い込み激しく、色々想像を巡らしてしまっただけに、普通に家に着いたので恥じ入りつつ、「どうもありがとうございました」とお礼を言って車を降りました。


数日して夕方に廊下で会うと、「もう帰るの?乗っていく?」と笑顔の先生。
「え、あ、大丈夫です。バスありますから」と私。
「だめだめ。心配だよ。俺が送る」と半ば強引に約束。

車の中で・・・。
「俺って教師としてどう?良い先生か?お前どう思う?」
「えー分かりやすいですし、楽しいですよ授業。ファンも多いですよ」
「お前は俺のファン?」
「・・・はい・・・」
(どうしてこの先生はずけずけ物を言うんだろう、デリカシーがないな)とちょっと戸惑いつつ・・・。

気がつくと、車が止まっていました。
「おいで・・・」
先生が私の肩を抱き寄せました。
「嫌か?・・・」
私は小さく首を横に振るだけです。

「だめだよなぁ、教師なのに」
その後、先生は私が授業に臨む態度や、委員会での態度が真面目なことに感心して私のファンになったというような事を話してくれました。
先生と生徒・・・それはドラマの中の話。
(ない、ない)と自分に言い聞かせていました。

数十秒の沈黙の後、先生が影となって私に覆いかぶさってきました。
そしてしばらくぎゅぅ~っと抱き締めてくれました。
先生も何かをこらえているようでした。
「・・・キスしたい」
言ったのは私。
キスの経験も実はなかったのに。

小さなキス。
唇に、おでこに、頬に。
その後、深いキス。
大人になった今振り返ると、あの時、キスだけで体の芯はもうとろけそうで、アソコももうびしょびしょに濡れていました。

会話にならなくて、ただキスだけで会話をしたような感じで、その日は車を降りました。
家に帰って、部屋で確かめるとショーツはもうグジュグジュになっていました。
もちろんエッチの経験もないのに、体は反応していたのです。

それから数日、先生は出張のため学校にいなくて、私は切ない思いに駆られていました。
あれはお互い魔が差した行為だったのだ、と思おうとしていました。
次の土曜日の午後、今度は台風ではなかったけれど、人気の少なくなった校舎で、久しぶりに先生と会いました。

「久しぶり。研修があってね。今日は何時までやってるの?」
半分泣き出しそうな思いをこらえて、「4時くらいまでだと思います」と答えました。
「じゃあ、4時10分に待ってる」
私はまだ戸惑っていました。
どうなるんだろう?と。

車に乗り込むと、「お疲れ。はい、おみやげ」と言って、研修先の民芸品の入った箱をくれました。
「ふふふ、可愛い。ありがとうございます」
「あーー、その顔見たかったんだよー。よかったー。呆れてない?」
明るい会話に私もほっとしていました。

「明日さ、うちのばーちゃん家の辺りで祭りがあるんだけど、行かない?」
地域のお祭りがあるらしくて、そこは案外近くて車で30分ほどのところでしたが、一人暮らしのおばあさまのお宅が昔ながらの作りの囲炉裏まである家と聞いて、行ってみたくなり約束をしました。

翌日、私が約束の場所で待っていると先生がやって来ました。
「やー、私服姿で一瞬わかんなかったよ」
その日はベージュのスカートを穿き、白いブラウスに、ラベンダー色のカーディガンを羽織った普段の恰好でした。

先生もカジュアルなシャツにジーンズで、ちょっと違う雰囲気でした。
おばあさんは感じのよい物静かな方で、私たちにお茶とお菓子を出してくれると、「近所の手伝いに行く」と言って出掛けてしまいました。
ちょっと田舎の、古びた広い家屋。
沈黙が怖くて一生懸命しゃべってしまう自分。

「わー、広いんですねぇ。囲炉裏があるなんてすごーい。いくつお部屋があるんですか?」
「案内してあげるよ」
連れられて土間・仏間・客間など案内してもらいながら一番奥の4畳半ほどの小間に入ると、そこは先生が泊まる時に使う部屋だとかで、教育関係の本や、ちょっとした歴史小説なんかが並んでいて、机や書棚の佇まいがちょっとした文豪の書斎って感じでした。

しばらく本棚や窓から庭を眺めていると、うしろに気配を感じて、振り向くと、先生の肩があって、一瞬のうちに抱きすくめられていました。
向き直ってキスをされ、先生の手は戸惑いがちに私の胸に。

「あ・・・」
ブラウスのボタンが外され、ブラのフロントを外されました。
2、3度指で乳首を転がされ、「・・・んはぁ・・・」と声が漏れてしまいました。
そして今度はそこに吸い付いてきました。

籐の椅子に座らされ、先生は跪く恰好で私の乳首を吸い続けます。
私は先生の頭をかき、抱くようにしながら、「・・・あ・・・ああ、ダメです。ダメです・・・ん・・・」と声を漏らしていました。
「・・・可愛いよ・・・お前が欲しい」
先生が舌を絡めてきます。

スカートの中はもうグチュグチュなのが分かっていたので、これ以上になると、それが分かってしまう・・・私は強く抵抗しました。
でも、それも一瞬。
先生はスカートの下のショーツの上からアソコに指を当て、既に濡れていることに気付き、いっそう激しく擦りだしました。

くちゅくちゅと恥ずかしい音を立てています。
「ああ・・・」
どちらの声だったのか分かりません。
先生は私のショーツを脱がせると、座ったまま膝をそっと開かせました。
今度は直接あそこに指を当て、グリグリとしました。

クリトリスを探り当てられ、激しく擦られました。
艶かしく指がくねります。
「あああ・・・いや、・・・いやぁ・・・せ・・・んせ・・・い・・・。だめ・・・です・・・んっ・・・んっ・・・」
オナニーでイクということは知っていましたが、人の指でされて、こんなに感じるなんて想像もしていませんでした。

どうしたらいいのかわからないくらい体が震えてしまいます。
先生にしがみついて、「いや・・・いやっ・・・あっ・・・ああ・・・」と切ない声をあげながら、まだ知らない次の段階を待っていたように思います。
先生は私のクリトリスを弄りながら乳首を吸い続けます。

「お願い・・・お願いです・・・せ・・・んせい・・・。たすけ・・・て・・・。イッちゃう・・・せ・・・んせい・・・あああ、イッちゃう・・・ん・・・っ」
「いいよ、イッて。ほら・・・我慢しないで・・・。こんなに濡れてるよ・・・」
「ん・・・あっ・・・ん、んん・・・ああっ、あっ・・・はっ・・・あ・・・」

大きな波を迎えて私は先生の胸にぐったりと倒れこみました。
「可愛かったよ・・・」
髪を撫でながら先生は言います。
頭にチュッとキスをして抱き寄せる。
そうしてまた唇にキスを。

「いや。先生のいじわる。私だけが変な風になっちゃって恥ずかしかった」
睨むように言うと・・・。
「いいんだよ。可愛かった。それに俺も変になったよ。おあいこだ」
(??)
なんとなくわかったような、でもわからない自分。

「先生も変になった?」
「そりゃそうだ。こんな可愛い子だもの」
「生理的欲求を感じちゃった?」
「バカタレ。お前ねー、そういうこと女の子が言うんじゃないの・・・でもその通りだよ。反応しちゃったよ。男はね、ココが反応しちゃうのよ。ほら」
そう言って股間に私の手を持っていき、触らせました。

「きゃっ!」
硬くなっていたソレが異様に感じられて声をあげてしまいました。
ファスナーを下ろし、それを取り出すと「これが男の感じた姿だよ・・・いや?」と先生は直にそれを握らせました。
反り返る、といった感じに張りつめたモノが私の手の中にありました。

「これ・・・が、男の人のモノなんですね・・・すごい硬い」
それを見つめながら指を動かすと、先生は私の頭を撫でているのか、そこへ持って行こうとしているのか分からないような動きをしました。
私はそっと唇を当ててみました。
ビクンッ。
それが動きました。

「おいで」
先生は私を椅子の上に横たえ、私のアソコをもう一度開きました。
そして先生は顔を埋め、アソコを舐め始めました。
クリトリスを左右になぶられ、じゅくじゅくと溢れてくるものを感じながら、私は何度も何度もイッてしまいました。

恥ずかしいくらいに足を開かされていたのに、一層大きく開かれ、顔を背けたくなった瞬間、先生の肩が迫り、私の中に入ってきました。

「・・・!ああぁ・・・っ・・・!・・・あっ・・・。いたぁ・・・ぃ・・・せんせぃ・・・ああぁぁ・・・。いやっ・・・いやぁ、痛い・・・あぁぁん」
「痛い?大丈夫?やめる?・・・。そっと動かすよ・・・痛い?」
「・・・やめ・・・ない・・・で・・・」
たぶん痛かったのは一瞬だったのです。

経験したことのない感覚に驚いて「痛い」と言うしかなかったのかもしれません。
その後はゆっくりと、先生のモノが出し入れされました。
包み込まれるような感覚と、アソコの痺れるような感覚と、目の前に大好きな先生がいるという感覚が混ざって、言いようのない感覚がありました。

気付くと先生はさっきより動きが速くなっていて、私の腰は少し持ち上げられるような形になって、静かな部屋に二人の息遣いと、くちゅ、くちゅ・・・くちゅ、くちゅというリズミカルな音だけがしていました。
自分が立てている恥ずかしい音にこらえきれず、「せんせい、音が・・・恥ずかしい・・・いやぁ・・・。あ・・・あっ・・・」と懇願していました。

「素敵な音だよ。恥ずかしくなんかない。愛おしい音だ・・・もっと聞きたい」
先生はいじわるを言う風でもなく、そう言って私にまたキスをしてくれました。
幾度か波を感じた後、先生は、「あああ・・・すごく・・・いい」と言って、速い動きのあと、私のお腹の上に温かい白いモノを出しました。

丁寧にティッシュで拭ってくれながら、私のアソコも拭いてくれました。
小さな赤い色が付いていて、私は処女を失ったことを知りました。
先生は、「大丈夫だった?嫌じゃなかった?痛くない?」と言ってくれました。
私はただ黙って首を横に振るだけでした。
抱きすくめられ、先生の唇を確かめるように指でなぞると、先生は私に甘えるように胸に頭を埋め、そのまま、もう一度愛されました。

それから週末ごとに私と先生は会いました。
時には学校の資料室で指で愛撫されました。
制服のままスカートを捲られ、アソコをリズミカルに擦られ、声を殺してイキました。
幾度か喧嘩をして私がフンと無視をすると、指導にかこつけて資料室に呼び出し、壁に押し付けるようにして私にキスをしました。

私も分かっている展開だったので、その後は私がズルズルとしゃがみ込み、先生のアレを口で愛しました。
ただし校内で挿入する行為まではありませんでした。
私は先生の教科はもちろん、他の勉強も真面目にやって、某大学の経済学部に合格、卒業後もしばらく先生とのお付き合いを続けました。
先生は私を心から愛してくれて、大事にしてくれたと思います。
今まで誰にも言わずにいた思い出です。

コメントを書く