【浮気】マンションの管理組合のバツイチ巨乳の役員さんと・・・・・

閲覧数: 1,357 PV

※この体験談は約 4 分で読めます。

同じマンションのバツイチさんとのエッチな経験です。
先日の管理組合総会で、今年の役員に私とバツイチさん(一美さん)が選ばれました。
翌日、私が車で少し買い物に出掛けるときに一美さんが歩いておられたので、「どちらまで行かれますか?」と声を掛けましたら、同じ家電品店とホームセンターへ行くとのことです。

たぶんお子様の年齢からして40歳前後と思われますが、8月の暑い午前中でしたので、ミニスカートに生脚。
ノースリーブで胸が大きいので、脇下からブラが見えそうでした。

「私も同じ店に行きますからどうぞ」とお誘いしましたら、「助かります」と言ってすぐに乗ってこられました。
車では何気ない話をしてましたが、すぐに家電品店に着きました。
それぞれの買い物をして隣のホームセンターへ行きました。

同じような買い物をしてましたので、一美さんが屈んで品物を取りますとパンティーが丸見えです。
私に見せつけているようです。

何回も何回も見えますので、「少し見えてますよ」と小さい声で言いましたら、一美さんはなんと、わざともっと見えるようにするではありませんか。
他のお客さんに見られないかドキドキです。

買い物を済ませて車に乗り込みましたら、同じようにミニスカを上げて色っぽいパンティーを見せつけてきます。
私が「いいですか?」と言いましたら頷くので、すぐにホテルの方向へ車と走らせました。


途中、指でパンティーの横から恥部を触りますと濡れ濡れです。
一美さんから、「奥様へは絶対に秘密にしてください」と言われました。
当然です。
クリトリスも触りますとため息が出ます。

ホテルに着きました。
中指と人差し指は濡れ濡れですので、一美さんがテッシュで拭いてくれました。
パネルで選ぶホテルですので、そこでもキスをして、胸を揉みながら部屋を選び、エレベーターで一美さんの恥部に指を入れました。

一美さんはズボンの上から勃起したペニスを触ってくれています。
たぶん監視カメラで丸見えです。
部屋に入り、一美さんがシャワー使いたいとのことでしたから、お先に勧めました。

私もそのあとすぐにシャワーしてから出ましたら、一美さんはなんと自分で恥部を触ってオナニーしているではありませんか。
クリトリスだけでなく膣中に指入れもしているのを見学していましたが、我慢できなくなりクンニでお手伝いしました。

一美さんから69でフェラチオをしたいような動きがありましたので、お互いの体位を変えて69の開始です。
一美さんの恥部は太ももまで愛液が垂れています。
クリトリス舐めながら指でGスポットを攻めていますと、フェラチオが止まり、「イキそう、イクー」と突然の大きな声。

そのまま続けると一美さんが、「イクイクイク」と言って、動きが止まりました。
少し経って、玉袋が舐められているので、体位を変えて開脚させて挿入です。
「後でゴム着けるから」と伝えましたら、「避妊しているので、中で出してもらっていい」とのことです。

ゆっくり挿入していきます。
一美さんの手は私の腰を押さえつけて、少しでも奥へ挿入して欲しそうです。
中程でペニスをわざと抜きましたら、一美さんは慌てて手を添えてペニスを膣口に誘導して、自分の腰を持ち上げて挿入しました。
しかし奥までは入れません。
半分くらいで止めます。

一美さんは必死で腰を押し付けてきますが、合わせるように引きます。
一美さんが、「いじわるね」と言います。
私が「どうしたらいいの?」と尋ねますと、「入れて」と言います。
「もう入れてるよ」と言いますと、「もっと奥まで」と。

私が「どこの奥まで?」と言いますと、「あそこの奥」と言います。
「あそこではわからないよ」と伝えますと、一美さんは我慢しきれないようで、「おめこ(私たちは関西在住です)の奥まで入れて!」と怒ったような言い方です。

少しずつ奥までペニスを入れていきますと、一美さんが腰を上に動かしましたので、いっぺんに奥まで入りましたら、一美さんから気持ちいいという声とともに、「イキそう、イッてもいい?」と言いながらすごい勢いで腰を動かしだしましたので、こちらもピストン運動と回転運動を開始しました。

しばらくして、「イク、イク、イク」と身体が震えだして膣が締まります。
私も射精開始です。
「当たる、イクイク」と言いながら一美さんの動きが止まりました。
しかし身体は小刻みに震えています。

乳首を触りますと小石くらい硬くなっています。
クリトリスも触りますと硬く大きくなっています。
ペニスゆっくり引き抜き、テッシュで一美さんの膣を拭いてあげながら自分のペニスも拭こうとすると、一美さんが突然お掃除フェラチオ開始です。
なんとも言えない気持ちよさです。

また勃起してきましたので、四つん這いにしてバックから挿入です。
奇声のような大声で喘ぎます。
腰も前後に振りますから抜けないように合わせます。
手を伸ばしてクリトリスを触りますと、「それがいいわ。気持ちいい」と言ってます。

こうなったら突きまくりながらの回転運動です。
「イクイクイク」の声とともに、先程と同じように動きが止まりました。
ガクンとうつ伏せです。
抜けないように私も腰を下げました。
背中に触れると小刻みに震えます。

「出してもいいですか?」と伝えましたら小さく頷かれたので、ピストン運動で膣中に射精しました。
それからは週一回で逢瀬を楽しんでおります。

コメントを書く