欲求不満なドM主婦パートを調教して楽しんでる・・・・・

閲覧数: 2,506 PV

※この体験談は約 6 分で読めます。

宅急便の深夜仕分けの仕事は、早朝5時まで続く重労働だ。
その分時給も良く、それを目当てにくる人間は、大体“訳あり”な奴ばかり。

旦那の借金の負担を減らそうとする主婦やら、売れないキャバ嬢してて金ない子とか、普通の社会生活にとけ込めないロリ系アニメオタクとか・・・。
まあそんな連中が集まっちゃうと、いたるところで不倫の花が咲くわけ。

俺は配達中に事故って降車させられて、1年間のペナルティを喰らい中だったのでストレスが溜まっていて、この風紀の乱れた職場で思いっきり羽を伸ばしてやりまくった。
その中で、超ドMな女がいて、便利なセフレとして重宝してた。

人妻で34歳、子供が二人、名はさとみ。
経験が旦那と旦那の前に付き合ってた男だけと言うだけあって締まりもいい。
不倫の背徳感に目覚めた感じで何でも言うことを聞いてくれた。

ある日、さとみの家でやってて、バックから入れたまま焦らして遊んでいた。
ベッドの脇には脱がせた下着とさとみの携帯。
何気なく見たら、山田美菜から着信あり。
美菜も仕分けのバイトをしていて、シフトリーダーだった。

この美菜がむちゃくちゃ美人で、毎晩集荷に来るトラックの運ちゃん連中に大人気だった。
美菜のスペックは27歳、子供ひとり。
スザンヌをちょっとキツくした感じで、スタイルもエロかった。


俺はバックで突きながら、リダイアルしてみた。
しばらく呼び出しがあって・・・。
「もしもしさとみさん?」
美菜の声がすると同時にさとみに携帯を渡した。

さとみは普段通りの声を出そうとして・・・。
さとみ「あーごめーん、電話気づかなかったぁ・・・」
美菜「ううん、あのねー今日のシフトで◯×△・・・」
美菜がしゃべっているのに、さとみは全然聞いておらず、目を瞑って苦しげな表情で耐えている。

なんか興奮してきて、ゆっくりと、しかし大きく抽送を始める。
さとみ「ハァ~・・・ん、ん、んっ」
さとみの声が震えてきて、息を整えようと必死になっている。

美菜「ねえ、ねえ、さとみさん、どうする?」
さとみ「・・・」
美菜「どうしたの?聞いてる?」
さとみ「・・・、聞いて、るよ?あ、あの、またかけ直・・・っすよぅ」

慌てて切るさとみ。
まるでトイレを我慢していたかのように、腰を凄い速さで振り出し、「あー!あー!あー!」と獣のような大声をあげてひとりでイッてしまった。
バックで咥え込んだまま、ベッドにぐったりと潰れている。
俺もすぐさま射精し、さとみのお尻にぶっかけた。

さとみ「・・・さっきのすっごい良かった、興奮した。でもヤバかったからもうしないでね」
寝物語に聞くところによると、実は美菜も自社便の運ちゃんと不倫しているらしい。
しかもかなりのエッチ好きで、アナルは経験済だし、彼氏がかなりのドSで、パンストで縛られたままで仕分け作業とかしているらしいと、さとみが顔を赤らめながら言った。

美菜はさっぱりとした性格からか、あけっぴろげになんでも教えてくれるのだと言う。
それから数日後、さとみが美菜に俺と不倫していることを打ち明けたと報告してきた。
美菜はニヤっと笑って、「これで不倫仲間だね」と言ったらしい。

あの時電話の最中にエッチしてたことは言わなかったらしいが、俺がエッチの最中にふざけて美菜に電話したがって困る、みたいなことを言うと、「なんで電話してくれなかったの、今度はしてきてよ?」と興味津々の様子だったらしい。

「よし、今度やってみよう」と言うと、ドMなさとみは早くも目をトロンとさせて、「無理ぃ」と言った。
で、またも仕事終わりにさとみの家に寄り、玄関先で立ちバックで入れながら電話させてみた。

さとみ「美菜?ん、特に用事はないんだけどぉ、ん・・・」
さとみが入れられた腰をモジモジさせながら言うと、ピンときた美菜が・・・。
美菜「もしかして・・・、ヤってる?」
さとみ「そぉ、ん、かけろっていうからぁ・・・んむぅ・・・」

俺はふと思いついて携帯をむしり取り・・・。
俺「もしもし、美菜ちゃん?今入れたばっかりなんだけど、見に来ない?ほらぁ、アナルもやってみたいしさ、教えてもらおうと思って。さとみも美菜ちゃんに見てもらったら興奮するって」

美菜が驚いて携帯を切らないように畳み掛けた。
美菜「えー、今からぁ?ホント言ってんのぉ?」
意外にもノリが良くて、さらに強引に誘うと・・・。

美菜「じゃあ見るだけだよ、見たらすぐに帰るから」
さとみはというと、今入れられている気持ちよさで手一杯で、「ああ~んもぉどうしよ・・・」と自分からお尻を振り立てている。

美菜が来る前に出してしまったら洒落になんないなと自重しながらさとみを焦らしていると、ものの10分くらいしてチャイムが鳴り、コンコンとノックがした。
繋がったまま出迎えてやろうと思ったので、さとみを促すと、よろよろと両手で壁を伝うようにドアを開けた。

目をまんまるにした美菜が「・・・いや」と言ったところで、緊張に耐え兼ねた俺のモノが萎え、全裸のまま見せつけるように美菜に「まあ、入って」と誘い入れた。
美菜は「ホントにヤってたんだ」とかなんとか動揺を隠すように普段通りを装いつつ、部屋に入ってきた。

まったく今考えると、よくあんなことできたなって思う。
官能小説の読み過ぎか、AVの見過ぎだな、きっと。
ぶらぶらしてるナニを見られるのも恥ずかしいので、美菜を部屋にあげて、すぐさまさとみにフェラを要求した。

さとみは初めグズグズしていたが、口に押し付けるようにねじ込むと渋々しゃぶりだした。
最初は先っぽをチロチロと舌先でつつき、半立ちになってきたところで横笛を吹くように咥えてレロレロと音を立てる。
ふと美菜を横目で見ると、目をまんまるにして固まっていた。

たぶん二人の間では、お互いの不倫エッチを自慢し合っていて、全部知ってはいたんだろうけど、実際に目の当たりにするのは初めてだったから当然だろう。
俺はというと、緊張して一旦は萎えたものの、あまりに非日常的な光景と、さとみのドMなフェラで、またムクムクと大きくなってきてた。

美菜に見せつけるように、大きく腰を突き出し、ため息をつきながらフェラさせた。
自慢じゃないが、結構俺のモノは大きい。
美菜はそれを見て、明らかに興奮してた。
興奮してる美菜を見て、俺のナニもさらに大きくビンビンになってきた。

そのままさとみを仰向けにし、一気に貫いた。
さとみも美菜に見られてる興奮もあってか、「ん~~っ!」と海老反り状態になって喘いでいた。
そのままズシズシとピストンし、「美菜ちゃん、見て?」と結合部分がよく見える位置に誘導した。

美菜は「さとみさん、すごい・・・」と口を覆い、絶句状態。
「こんなの、見たことある?」と聞くと、「ううん、ないぃ」とかすれた声で言った。
いい加減見せつけたところで、「ちょっと触ってみ?」と手をとり、アンアン喘いでいるさとみの乳首を触らせてみた。

途端にビクビクと敏感に反応するさとみ。
さとみ「んあ、だめだめェ!」
美菜は過敏に反応するさとみにぎょっとして手を引っ込めかけたが、俺が再び誘導すると面白くなったのか、乳首を摘んでクリクリし始めた。

さとみ「美菜ちゃん!ちょ、ちょっとホントダメだったら、ぁん」
すぐさまピストンを早め、邪魔をする。
「んもぉっ!もぉっ!」と喘ぐさとみ。
美菜を今度は後ろに回らせ、結合部分を触らせてみる。

美菜「すごいね、ここ。うわあ、さとみさん・・・」
こいつSっ気あるな、と思った。
俺の背中から肩越しにさとみをガン見している美菜をいきなりこっちに向かせ、キスをした。
すんなりと受け入れ、唾液交換する。

さとみ「!!・・・いやぁ!なにやってんのぉあんたたち!」
駄々をこねるさとみをなだめつつ、美菜を攻める。
舌を絡めながら、ゆっくりとお尻に手を回して閉じたり開いたり。

美菜「・・・んぶぅ・・・むぅ」
かなりエロいキスをする。
やっぱり興奮してたんだな。
俺「さとみにもしてやって?キス」
美菜「え?」
俺「ほら、さとみ、待ってるよ?」

美菜は呆けたようなさとみに覆いかぶさると、意を決したように目を瞑ってキスをした。
さとみはされるがまま。
ブチュブチュと卑猥な音がして、俺はさとみの中でイッてしまった。

でも手だけは動いて、さとみとのキスに夢中になっている美菜のジーンズを脱がし、黒いパンティを足から抜き取った。
濡れ濡れの秘部を後ろからベロベロと舐め回しているうちに3人とも完全にスイッチが入ってしまい、初3Pとなった。

それからはもうやりたい放題で、二人並べてバックから順番に突いたり、アナルをいじめたり。
騎乗位と顔面騎乗位で女同士でキスさせたりして、すごい体験をした。
あれからさとみのドMにもさらに拍車がかかってしまい、露出にも目覚めてしまった。

初めは面白かったが、だんだん怖くなってきて、今はもうあまり会わないようにしている。
そのかわりに美菜を調教しつつ、他の餌を探している。

コメントを書く