【逆レイプ】僕を苛めてる女子3人と後輩3人に集団で犯されそうに・・・・・

閲覧数: 1,329 views

※この体験談は約 2 分で読めます。

実は今日同じクラスの、女の子3人に集団でいじめられました。
いつもいじめられてるのですが、今日はいつものいじめとちがいました。

終業式が終わった後「おまえちょっとこいよ。」といわれ、バレー部の部室につれていかれました。
そこには彼女の後輩の女の子も3人いて、僕をみてクスクス笑ってます。

そしたらいきないリーダー格の娘が、「ズボン脱げよ」といってきました。
僕は「なんで脱がなきゃいけないんだ」といいましたが、彼女達はそんなの聞く耳持たずに、無理やり僕を押さえつけて服を剥ぎ取りにきました。

そしたら、彼女達が、「こいつむけてねーよ!だっせー(笑)」といいました。
中には初めて見た子もいて、僕のあそこをまじまじと見てます。

「勃起させちゃおうよ!!」とまたリーダー格の子が言いました。
そしたら後輩の女の子が、制服を脱ぎだしました。

制服の下に体操服を着ていて、ブルマをはいたまま、僕のあそこに股間をこすってきました。
自分の目の前で彼女の胸が体操服の中ででプルン、プルンと揺れて、その上股間にはブルマの感触が伝わってきて・・・。


僕はだんだん下半身が熱くなってきてしまいました。
すると後輩の女の子が、
「ねえねえ!だんだん大きくなってきたよ!」

僕はこんな状況でも勃起してしまう自分が情けなくて、半泣き状態でした。
毎日パシリ同然に使われている女の子に、欲情してしまうなんて・・・。

そんな僕の気持ちもしらずに、女の子はブルマをこすりつけてきます。
体操服から透けてみえるブラジャーも僕を刺激してきます。

体育の時間いつもこっそりみてた、透けたブラジャーが今目の前に・・・。
そう思っていた矢先に下半身が、突然さらに熱くなりました!!

もう一人の後輩の女の子が、僕のあそこを手でシコりだしました!
「ううっ!」僕はたまらず声をあげました。

ブルマに手が伸びていきました・・・。
そしてゆっくりとブルマをおろしはじめました。

彼女の下着は白で、おまんこの形がはっきりとわかるほど、食い込んでいました・・。
「今見せてあげるね♪」女の子が言いました。
そして、ゆっくりとショーツを横にずらしはじめました。

彼女の秘部は、すでに開いていて、やや赤みのかかったヒダ・・、赤く充血した大陰唇・・。
そして透明の液で満たされている膣・・・。

ああ、いったいこのおまんこは何本の男性器を受け入れたのだろう・・・。
僕は我慢できず、勢いよく口をおまんこにあてました。

「はうっ・・!あ、あん・・。あっあっ!!」
なぜか終わり
不完全でスマソ。

 

管理人のたわ言(´・ω・`)
続き求む・・・

コメントを書く