エロ天国だった学生時代のパチ屋のバイト・・・・・

閲覧数: 2,896 PV

※この体験談は約 2 分で読めます。

俺、学生の時に2年程パチンコ屋のバイトだったのね。
普通のパチ屋さんだったと思うけど、随分地元に長い事あるパチ屋。
そこは、社員は元よりバイトの俺達にもすごく高待遇な上に、シフトも授業に合わせて組ませてもらったりしてくれた。

仕送りなしでもやっていけたのはその店のお陰。
パチ屋には厳しい昨今のご時世だけど、ホントにありがとうと今でも思ってる。
そんな店だったらからか、皆仲良くなるのが早い訳です。

どうなるかと言うとまず出社時の着替えタイム。
無論男子更衣室、女子更衣室あるけども、エロメンバー(バイト全員がエロいわけではない:以下エロメン)で固定された日は皆さん女子更衣室で着替えていたw

俺も最初はドギマギしてたけど、気が付いたら女子更衣室で誰の下着が一番可愛いか選手権の判定員として狩り出されていた。
ちなみにみんな仕事は真面目だ。

さっきまで「ちょっと乳輪出てない?」「出てないって!」とか言ってた人達が、「350番台大花火、ビッグボーナスゲームスタート!おめでとうございまーす!」とか「残り120玉になります。タバコかお菓子かライターなどいかがですかー?」とキチンと仕事してるギャップに凄い興奮した。

ちなみに休憩は大体30分。
ここで休憩を一緒に取る人がエロメンだとアタリだった。
休憩所の扉を開けると、制服の胸元を超開けてるS先輩(安西ひろこ似)がいる。


「暑いね!ちょっと汗凄いんだけど!触る?」
ニヤニヤしながら胸を寄せて見せつけてくる。

「ホントですか!?」とか言いながら俺も指で乳房をなぞる。
「勃起した?w」
S先輩が股間をまさぐる。

「ちょwまずい!さすがにwあぁっ」
こんな休憩。
メンバーが固定されていた末期は酷くて、仕事が終わったらもうお触りタイムそのもの。

服の上が基本だったけど、時々生で見せてくれたりしたし、仕事帰りにカラオケ行った時は、女の子はノーブラにキャミで日本の性は乱れているなと思った。

そんな中、エロメンの中核であったS先輩が辞める事になった。
S先輩とは1年半くらいの付き合いだったけど、その間、公私共にお世話になりっぱなしだったし、俺の一番の理解者でもあった。

最後の日、皆でお疲れさまでしたって言った後、俺と先輩は二人きりになって無言のまま女子更衣室で着替えた。
そして彼女が下着だけになった時、すっと抱きついてきて「寂しくなる?」って言った。

「もう先輩のEカップを揉めなくなるのが残念です」
「いっぱい触っていいよ」
気が狂う程触った。
最後に一回、最初で最後のキスをして・・・それきりです。

おわり。

コメント

  1. 1. 特命  

    下手な妄想大賞

コメントを書く