【手コキ】ピンクコンパニオンになってた地味巨乳な同級生に・・・・・

閲覧数: 2,173 PV

※この体験談は約 8 分で読めます。

数年前、僕がまだ東北のとある田舎町で会社勤めしていたときの話です。
勤務していた会社が、社員の福利厚生のためにと所有していた湖畔のログハウスがありました。
そこに取引業者さんを呼び、野外でバーベキューなどして、まあ接待みたいなことが行われたことがありました。

その当時下っ端としてそこにいた僕は、先輩や業者さんに気を使いつつ雑用に追われていたのでした。
そんな時、ある業者さんが・・・。
「実は今日、出張コンパニオンを呼んでるんだぁ!!ぐあははっ」
まじで!?
一瞬期待する僕!

しかし今日は接待。
下っ端の僕に期待するようなことが起きるはずもないと考え直しました。
そこへ送迎のワゴン車に乗って、本当に山の中の別荘に4~5人のコンパニオンの方々がやってきたのです!

いわゆるバドガールみたいな肩や胸元全開、パンツはほとんど見えてるよって感じの服装でした。
僕はバーベキューの火を起こしながらチラッとその女の子たちを見ましたが、こんな田舎に派遣されてきた割には結構キレイな子揃いでした。

はじめは遠慮していたオヤジ達も野外で酒も入っていた事もあり、女の子に触り始めたり肩を抱いてニヤニヤしています。
僕は正直羨ましくて堪りませんでした。
自分が下っ端という立場がもどかしく、接待に追われ、女の子のあわよくばパンチラぐらい見えれば儲けもんだよぐらい自分を卑下していたと思います。

その時です!!
女の子の中に何か見覚えのある顔が一人いたのです。
頭をフル回転させて思い出し・・・いえ、見てすぐにわかりました。
コンパニオンの一人に自分の高校の時の同級生、M美がいたのです。


派手な衣装と多少のお水系のメイクをしていてもすぐにわかりました。
間違いなくM美です。
M美とは高校2年から一緒のクラスでしたが、あまり話したことはなく、お互いそんなに目立つ生徒ではなかったと思います。

しかしM美は当時から丸顔で童顔、目がパッチリしていて結構巨乳ということを僕は知っていました。
当時あんな地味だったM美がここいる!
しかも結構綺麗めな女性になっているではないですか。

僕の住んでいた町はその別荘から車で一時間ほどの場所にあり、高校の同級生がコンパニオンになっていても不思議ではありません。
(果たして彼女は僕に気づいているのか?)
もうM美の視線が気になり、心臓はバクバクしていたと思います。

しかしM美は僕と視線も合わせようともせず、オヤジどもにお尻などを揉まれてふざけています。
そのとき僕の心になぜか怒りの感情が湧きあがりました。
どのくらい時間が経ったでしょうか、いまだに女の子と話すことも出来ずに隅のほうで肉を焼く僕。

その時、ある業者さんが「おーい!T君(僕)、こっちきてちょっとは女の子と話したらいいだろう!」と僕を女の子の隣に呼んでくれたのです。
しかも、なんとM美の隣でした。
「えっ!いいんですか?こんな隣なんか座っちゃって?」
わざとおどけてみせる僕。

内心はM美が気づいてるがどうかが気になって仕方がありません。
更に、こんなサラリーマン的というか、下っ端として接待に追われている今のかっこ悪い僕の姿を、高校のとき少し憧れもあったM美に見られたくない。
そんな気持ちも正直あったと思います。

彼女の隣のベンチに腰掛けます。
緊張はMAXです。
「こ、こんにちは、はじめまして」と僕。
なんて馬鹿なことを言ったものだろうと自分でも思いました。
周りの業者さんたちは「T君!もっとおねえちゃんにくっつけばいいじゃないか!!ひゃっひゃ」と囃し立てます。

もじもじして話もあまり出来ず、ちらっとM美を見るのが精一杯です。
M美も「まだ若いでしょ?緊張しないでね」などと僕に話し掛けてきます。
どうやら僕が同級生だったことを気づいていない様子でした。
そんなもじもじしたやり取りをしていると、業者さんの一人が悪ノリな発言をしたのです。

業者「おう!そこの二人!お前ら面白いからあそこの林の陰に行っていいことして来い!おねえちゃんがTとなんかしたら俺が金払ってやる」
僕「しゃちょー、それは勘弁してくださいよぉー」
業者「オマエ、俺が言ってんのが聞けねえのか」

強引に押し切られ、僕は結局M美と別荘の陰の林の中に入っていくことになりました。
手を繋いで人目の付かない杉木立までやって来ました。
と言っても別荘の裏のみんなとは本当に近い距離です。
もうそのとき僕の心臓はお酒と緊張で破れるぐらいのドキドキで、ウズキュウメイガンでも欲しいくらいでした。

ジャージだったのですが、あそこも恥ずかしいくらいのパンパンでした。
僕「ごめんねぇーこんなことになっちゃって」
M美「ううんいいよ、ところでA高校のときのT君だよね!?」
がぁぁーーん!!(゜o゜)
どうやら最初からM美は僕のことに気づいていたようでした。

あんなかっこ悪いところも見られていたなんて、少しショックでした。
しかしそんな気持ちとは裏腹に僕のあそこは痛い位の膨張です。
M美「ねぇT君?どうする?」
高校時代はどちらかというと地味目でメガネっ子だったM美。
しかし、今目の前にいる彼女は、その大きい胸が強調されているコンパニオンの格好に例のあどけない童顔さも残しています。

芸能人で言うとAV女優の蒼井そらってコの髪を短くした感じです。
僕はもうそこで爆発してしまいました!
僕「M美っー、なんかもうごめん」
なぜか謝って彼女に抱きつき、後ろからその短いワンピースの裾を捲りあげて、柔らかい綿のパンティー越しにお尻を両手で鷲掴みにしていました。

M美「もうTくぅーん、やだぁー」
M美のお尻はスーパー柔らかく、少し大きめで、とにかく温かかったのを覚えています。
もうこのときにはぷっつりと理性の糸が切れていた僕は、柔らかくて厚ぼったいM美の唇にむしゃぶりついていました。
舌も出しつつ入れつつ、ぐちゃぐちゃです。

膨張したジャージ越しのチンポをM美のお腹に押し付けていました。
もう興奮しまくりの僕は早い展開ですが、M美の柔らかなお尻からモモにかけて手荒に揉みしだき、彼女のあそこに手を這わせました。
その生地越しにもM美のアソコの熱を帯びた湿り気が伝わってきました。

その瞬間、びくんと反応したM美は「・・・んはっ、あっあ!!」と声にならない嗚咽を漏らしたのです。
さらに片手でアソコを攻めつつ服越しに胸を揉んでいると、彼女は「野外では嫌っ・・・あっ」と言い出したのです。
どうやらM美はこのまま野外SEXをされてしまうと思ったのでしょう。

僕もここではさすがに出来ないと思いました。
それに二人で林に入ってから時間が長いとみんなに怪しまれてしまいます。
そこで僕は一瞬にして考えを変えました。
・・・手コキダケデモ・・・。
ジャージを素早く膝まで下げ、チンポをM美の前に曝け出したのです。

あまりに勢いよくジャージを下げたため、チンポはビヨヨォーンと根元を軸に大きく振れました。
それを見たM美は「きゃっ・・・」と声は出したものの、そんなにも驚いてはいませんでした。
今のM美はこんなものくらい見慣れてる環境にいるのでしょうか?
多くの男のチンポを見てるのでしょうか?
それはそれで少しショックでした。

僕「M美ぃ、お願いっ!手でして!時間ないしっ」
M美「あっ、まじで?やだ、おっきくなってるよ、Tくんの」
M美は状況を察してか、あまり躊躇することなく僕のモノに触れてきました。
『こんなこと慣れてるの?』と、M美に聞きかけてやめました。

あの純真そうだったM美が今、別荘の裏で自分のモノをしごいてる。
そのギャップとシチュエーションに凄い興奮しました。
M美を片側に抱えるようにして立ち、ベラ噛みの激しいキスをしながら手コキしてもらいました。
先っちょからの先走りで少し湿り気を帯びた僕の亀頭の先を、M美の小さな手が行き来します。
ぬちょぬちょぬちょとした卑猥な音。
二人の獣のような吐息。

少し遠くから聞こえるみんなの談笑する騒ぎ声。
それしか聞こえません。
M美「Tくんのここかなりあっつくなってるよ」
僕「M美好きだっ・・・あっあっ」
僕もかなり感じて思わず声が出ています。

僕「M美ぃーすごいよ!大好きだよ」
M美「えぇーそうなの?うふっ」
こんな状況じゃなくて、ちゃんとあの頃告白したかった。
そんなことを思いつつ、やばい!これ以上は時間がない、そう思いました。
僕はM美の手をとって強引に早く自分でも動かしました。

「・・・M美っ!・・・んあっ!気持ちいいけど早くイカなくちゃ・・・」
M美も手を高速でスロートさせながら潤んだ目で僕を見つめてきます。
その二人の行為は、いつ人が来て見つかってもおかしくない状況です。
その焦りから僕もかなり早い段階で射精感がこみ上げてきました。

僕「・・・やばいよ、Mっち、もうイキそ・・・あ・・・ぎ、きもぢいいぃぃ」
M美「えっ?ほんと?出しちゃっていいよ」
僕「・・・んんんぐっ・・・はあはあ!」
M美「なんかTくんの気持ちよさそうな顔見てたら私も感じてきちゃった、もうパンツびしょびしょだし・・・あっ」

僕も最後の抵抗として、彼女の熱っぽいアソコを指の腹で激しく擦り上げます。
「やだ・・・Tくぅーん・・・M美も気持ちよくなっちゃうよ・・・あっあっ」
激しくお互いのモノを林の中で求め合います。
正直、今の彼女とのSEXなんかより何倍も興奮しました。
マジやばい!出そうです。

僕「M美ぃ、イクよっ!まじイクねっ!・・・あっー!!・・・ちゃんとイクとこ見ててっ!」
M美「・・・ハアハアッ・・・Tくぅん・・・いいよっ・・・。M美もすごくいいんですけど・・・はうっ」
リズムが早くなる。
ぐちゅっぐっちゅっぐっ・・・。
強く彼女の肩を抱き、痛いぐらいのキス。
興奮が最高潮・・・ボクガオチテイク・・・。

「んがあぁぁぁー」
山に木霊したと思います。
獣のような咆哮をあげて僕は達しました。
精液は大量に放出され、彼女の手にダラリと垂れて、そこから溢れ出したものはボタボタと下に生えていたふきの葉っぱに落ちました。

「きゃっ!手にこんないっぱい」
M美は手についたものをいたずらっぽく僕に見せつけます。
「ごめん、出ちゃった」
なぜか真っ赤になって、M美に情けなく謝る僕。
しかし、二人には時間がなく、余韻に浸るまでもなく、またチンポを拭くこともなく、ジャージを素早く上げた僕はM美の手を引き、別荘の横にあった水道で手を洗わせました。

そして何事も無かったように上気した顔のまま二人は宴会の席に戻りました。
業者さんや先輩から「お前らなにしてたー?」とか「いいことしたかぁ?」などからかわれましたが、結局二人は話をしたぐらいで何もしなかっただろうという結論に落ち着きました。
二人が消えてから長い描写をしましたが、実は時間にすると10分も経っていなかったのです。

この時ばかりは自分が早漏でよかったと思える瞬間でしたw
その後もオヤジ達はコンパニオンの女の子と騒いでいましたが、僕にしたら『へっ!バカめ!俺はM美にエッチなことしてもらったんだぞ』というやや屈折した優越感がありました。

またM美とわざと離れた席にいましたが、M美の方をチラッと見ると、彼女もこっちを見ていて目線が合い、お互い意味深な笑みを浮かべてアイコンタクトを楽しみました。
とうとうコンパニオンが帰る時間です。

僕は、M美と僕を囃し立てた業者さんが『エッチなことをしたらお金を払う』と言っていたことを思い出し、M美にそっと財布にあった5千円を握らせました。
はじめは「えっ!?」と驚いたM美でしたが、僕が「いいから!早く隠してっ!」と言ったら、M美は大きな胸の谷間に挟んで持っていきました。

会社員として駆け出しだった頃の僕のかっこ悪い姿。
M美もなんとなく後ろめたい仕事をしている。
お互い見られたくなかった現在の自分。
そんな同級生の二人が妙な状況で出会い、手コキという非日常を体験し、連帯感が生まれ、最大級の興奮とスリルを味わいました。

こんなことはもう二度とないと思います。
少しだけ脚色しましたが、遠い夏の日の実話です。
おしまい。

コメントを書く