彼女と乗ってる通学電車で痴女に手コキでイカされた屈辱体験・・・・・(前編)

僕が高校2年生の夏に受けた屈辱的な体験を書きます。
僕は彼女である裕子ちゃんと一緒に電車で通学していました。
裕子ちゃんとは同じ中学校に通っていましたが、クラスも別で、気にはなっていたけど話す機会もなくて、中学校3年間はほとんど会話を交わす事はありませんでした。

高校で初めて同じクラスとなり、意気投合して高校2年になったと同時に付き合うことになりました。
当時の僕は女性経験はなく、裕子ちゃんとの恋愛を大事に育んでいました。
付き合ってからは家も近いこともあり、駅で待ち合わせをして一緒に通学することになりました。

僕等が乗る駅はちょうど座れるか座れないか程度の乗客が車内にいました。
運が良いと座れるといった感じです。
その次の駅からは一気に人が乗り込んできて、身動きのできない通勤ラッシュの光景となります。

その日は座る事ができなくて、いつものようにドアのところに裕子ちゃんを立たせて、後ろに僕がぴったりとくっつき、痴漢から守るようにしていました。
幸いにもその日は、裕子ちゃんと僕のすぐ横に、見た目20代半ばから後半くらいの女性が立っていたので、ラッシュになっても安全だと思って安心していました。

次の駅ではいつものように大勢の人が乗り込んできて車内はぎっしりと詰まり、身動きのできない状態となりました。
裕子ちゃんはドアにくっついてその後ろに僕が立っています。
そして僕と裕子ちゃんの横にぴったりとくっつくように、先程の女性が立っていました。

ここまでは裕子ちゃんを守るという意味では完璧な配置でした。
ところが電車が動き出すと同時に・・・ズボンの上から誰かの手がおちんちんを上下に擦ってきたのです。
最初はカバンか何かが触れているのだと思っていましたが、すぐにそれは誰かの手であることがわかりました。

明らかに意図的に僕のおちんちんを上下に擦っているのです。
まさか男である僕がこんな被害を受けるなんて想像もしていませんでした。
僕の心臓の鼓動は高まりました。
(一体誰が?)

裕子ちゃんは外側を向いて手摺りに掴まっているのでそんなことは出来る筈もなく、そんなことをする意味もありません。
僕は下を向いてその手の伸びている方を見ました。
横に立っていた女性の手でした。
僕はその女性の顔を見ました。
すると女性はニヤリとしながら僕の顔を見つめ返してきたのです。

20センチか30センチくらいの距離に女性の顔があり、僕は慌てて目を逸し俯いてしまいました。
まだ高校生の僕は社会というものを知らず、初めての体験に恐くなってしまったのです。
僕が抵抗しないとわかってか、女性は先程よりも力を入れてズボンの上からおちんちんを上下に擦ってきます。

腰を引いて逃げようにも、僕のすぐ後ろには男性か女性かわかりませんがピタッと人がくっついており、腰を引くことも出来ませんでした。
意識しないようにしても、どうしても神経がおちんちんにいってしまいます。
女性におちんちんを擦られているうちに僕の体はだんだんと反応を示し、徐々に硬くなってきてしまったのです。

すると今度は、僕のおちんちんの亀頭の部分を握り、揉んできたのです。
オナニーは当然していましたが、女性経験もなく、女性に触られたことすらない僕にはキツすぎる刺激でした。
思いっきり歯を食いしばり、声を出さないように耐えていました。

でも、女性がおちんちんを揉み始めてから、すぐさまおちんちんが完全に勃起してしまいました。
今までに味わったことのない強烈な快感に耐えながら、泣きそうな顔をして女性の顔に一瞬目をやると、相変わらずニヤリとしながら僕の顔を見続けています。
僕のおちんちんを揉みながら僕の反応を見て楽しんでいるようでした。

僕は歯を食いしばりながら耐えているのですが、そんな事はお構いなしに容赦なく僕のおちんちんを揉み続けてきます。
初めて味わう強烈な快感に耐えることなど出来るはずもなく、すぐさま射精感が高まってきました。

僕は泣きそうになりながら女性を見て、聞こえるか聞こえないかぐらいの小さな声で、「やめてください・・」と言いました。
すると女性は一旦手を離すと、下向きになっていた僕のおちんちんを巧妙に動かして上向きに変えました。

そして今度は上向きになった僕のおちんちんを指でなぞったり、カリの部分を指で弄ったりと刺激を与えてきます。
裕子ちゃんの肩にかけていた右手で阻止しようと思ったのですが、距離が近すぎて手を下ろすことも出来ませんでした。

女性にとってみれば、まさに思うがままといった感じです。
おちんちんを弄られているうちに呼吸も荒くなってきましたが、何とか音が出ないように呼吸を整えていました。
しかし次から次へと迫りくる快感に呼吸は荒くなるばかりでした。

その女性は、しばらくおちんちんを弄ったかと思うと、今度はおちんちんを握って上下に扱き始めてきたのです。
見ず知らずの女性の手が、ズボンの上から僕のおちんちんを握ってシコシコと扱いているのです。
唇を噛み締めて声が出ないようにすることが最大の抵抗でした。

しかし、この初めて味わう快感に打ち勝つことも出来ず、ものの数秒で射精感が込み上げてきました。
僕は思いっきり歯を食いしばりながら、我慢の限界だからやめて欲しいことを伝える為に女性の顔を見て、首を横に振って許しを乞いながら、「お願いします・・・」と聞こえるか聞こえないかの声で伝えました。

その思いが通じたのか女性は手を離してくれました。
ところが次の瞬間、信じられないことに、女性が僕のズボンのポケットの中に手を入れてきたのです。
手がするするっと入ると、そのまま僕のおちんちんを握ってきました。

夏服なのでズボンのポケットの生地は薄く、まるで直接握られているような感じでした。
握られただけで射精感が込み上げてきて、もう我慢の限界でした。
女性はそんな僕の気持ちを無視するかのようにズボンの中で握ったその手を上下に動かし、おちんちんを扱いてきたのです。
とても我慢できるものではありませんでした。

思いっきり唇を噛み締めて堪えようとしましたが、5~6回上下に扱かれただけで・・・。
“ドクン・・・ドクン・・・”
僕は射精してしまいました。
脚がガクガク震え、力が入りませんでした。
女性は射精が終わるまでの間、僕のおちんちんを扱きながら僕のピクンピクンと痙攣している姿を見て楽しんでいるようでした。

パンツの中にも関わらず、容赦なく射精は繰り返されていました。
パンツの中は僕の精液でベトベトになり、気持ち悪い状態になっています。
すると女性は僕のパンツのゴムを引っ張り、パンツを浮かせるようにしてきたのです。
同時にパンツの中に溜まっていた精液が太ももを伝って流れていくのを感じました。
最悪な状態です。

射精が終わり、おちんちんが縮こまると、やっと女性はポケットから手を抜き、駅に着くとそそくさと逃げるように去っていきました。
僕のパンツの中は自分の精液でぐちょぐちょとなり、とても学校に行ける状態ではありませんでした。
彼女には、「気分が悪いから今日は帰る」と伝え、トイレに駆け込みました。

トイレでズボンとパンツを脱ぎながら、屈辱と怒りと情けなさと、ズタズタにされた男のプライドに涙がポロポロと出てきました。
自分の大好きな彼女のすぐ真後ろで、見ず知らずの女性の手によって一方的に性器を刺激され、強制的に射精させられた屈辱は今でも忘れることが出来ません。

親に言い訳をするため、家に帰る前にズボンをドロで汚し、クリーニングに出すと言ってクリーニング屋さんに持って行きました。
夜になると彼女が心配して電話してきましたが、本当のことなど言えるはずがありませんでした。
こんな悪夢のような出来事が現実に起きるなんてとても信じられませんでした。

そして、そんな悪夢のような出来事があったにも関わらず、翌日にはさらなる悪夢が待っていたのです。

コメントを書く