【即尺】朝一でやってきてはチンポをしゃぶってくる淫乱人妻・・・・・

閲覧数: 1,738 views

※この体験談は約 4 分で読めます。

不倫相手のスケベな人妻がやってきた。
それも朝10時。
玄関のベルが鳴り、部屋に入ってくるなりソファーに座っている僕の前にしゃがみこみ・・・。

彼女「しゃぶらせて(笑)」
僕「どしたの急に?」
彼女「夢でね、フェラしてて、全部飲んじゃう夢見たの!」
僕のトレパンとパンツを一緒に引きずり下ろしてきます。

僕「そんなエッチな夢見てるの?」
彼女「見ちゃったんだもん、しょうがないじゃん」
僕「見たからって、そんな、ハウッ!」
あったかくてドロドロの口の中に半勃ちのチンポが吸い込まれました。

一気に根元まで吸い込まれ、咥えたまま鼻で陰毛をザラザラ擦ってきます。
大きくなってきたので一度吐き出し、玉袋を唇と舌でほぐしてくれます。
竿も舐めたり吸い付いたりしながらゆっくり上に向かい、時々我慢汁をぷちゅっ、ぷちゅって吸ってくれて、『早くイキたいんでしょ』みたいな目をして見つめてきます。

彼女の口だけが上下してます。
だんだん射精感が込み上げてきて、「イキそう、このまま出るよ」って言うと、「ぅん、ぃぃよ」とスピードを上げてきます。

僕「あっ、出るっ」
“どぴどぴどぴどぴゅ・・・どぴゅっ、どぴっ”
彼女「んんん、ーん」
ズリュズリュズリュッ音を立てながら吸い取り、口をアーンしてからゴキュリッと飲み干してくれました。


お掃除フェラも丁寧にしてくれ、尿道に精子が一匹もいなくなるくらいまで吸ってくれました。
その後、県外まで足を伸ばし、ランチを食べて、絶景を見に少しドライブし、そこでも一発抜かれました。

彼女「私たちだけの場所探そ」
そう言われ、いい場所を見つけて和んでいると・・・。
彼女「なんかエッチな気分になってきたね」
でも、意地悪して「全然」って言うと、ちょっとすねた感じで・・・。

彼女「本当は今、私を犯そうと考えてたでしょ?気配を感じたもん」
全くそんな気は無かったので、(なんて妄想してるんだ)と一瞬ビックリしましたが、彼女も後に引けなくなったのか僕の股間を触りだし、誰も来ないと思っているのか、見られてもいいと思っているのか、ズボンを引きずり下ろしてきます。

僕のは半勃ち気味になってて、「やっぱりー」って言いながら嬉しそうに手でしごいてます。
8割くらい勃起したら裏筋から舐め始めだして、ペロペロ、チロチロ、チュパチュパとされ完全勃起にされました。

大きくなったのを見ると嬉しそうに、どんどんねっとり粘っこい感じでのフェラになり、「入れたくなってきた」って言ったけどゴムは無く、生じゃダメな日だったので口で最後までしてもらうことに。

“ジュポジュポ、ジュポジュポ、ジュリジュル”
僕も早くイキたくなってきて、「頭持ってもいい?」と聞いても、「んー、ーんぅー、ぅー」としか言わないから、両手で掴んで激しくピストン。

僕「あー、あー、ハァハァ、きもちぃ、あー、イクよーぉーおーっ、(ドクドク)、あーっきもちぃ~、吸って~」
彼女「ゥフッン、コフンッ」
彼女は咳き込みながらもジュルジュル、チュルチュル、チロチロ、チュパチュパと吸い取ってくれました。

車での移動中もエロい話ばかりして、僕のあそこはムクムク。
「パンツ汚れるから」って汁を吸われ、本気でフェラしてくる。
僕「危ないから止めてっ、ホテル行こうか?」
そう聞いたけど、「お酒飲みたい」って言うからバーで飲むことに。

お酒は彼女だけで、一時間くらいした頃に・・・。
彼女「ここでエッチして」
僕「こんなとこで出来るわけないだろ」
彼女「誰か誘っちゃおうかな~?」
僕「もう帰ろうか?」
彼女「ううん・・・、トイレ連れてって」

入り口まで連れていって、しばらくすると中から変な声が聞こえてきた。
しょうがないなぁーと思って中に入ったら、なんと全裸でオナニーしてて、なんてバカな女なんだと思ったけど、僕もバカだからか口の中に肉棒を突っ込んで腰を動かし、僕も狭いトイレの中で全裸になり、彼女の巨乳でパイズリしてもらった。

パイズリで抜こうと思って腰を速めていたら、「入れて」と。
僕「今日はダメなんだろ?」
彼女「いいの、生でいいの」
外で出せばいいかと彼女を立たせ、片足上げて正面からズブリッ。
やっぱり交尾は生だなぁー。

“ヌチャッヌチュッ、ズリュップリュッ”
声を出すからキスしながら口を塞いで、ピストンピストンピストン。
ラストスパートをかけようと立ちバックで彼女の口を手で塞ぎながら、ピストンピストンピストン。

僕「あー、イキそうになってきたー」
彼女「中に来てー」
マジかよと思ったけど、「いい、いいから」って言うんで、一番奥に思いっきりお尻を密着させ・・・。

僕「ぅあっ、あーぁっ、出るっ、あっ」
“ドクドク、ドクドク、ドクドク”
彼女「全部出していいから」
“ドクドク、ドク”

出し切ったかなと思ってお尻から手を離すと、ヌポッと抜け、彼女はしゃがんでまたフェラしてきます。
彼女「全部出した?まだ出る?」
僕「もう出ないよ、家帰れば出るかも」
彼女「出るんじゃん、今出して」
僕「今は出ないよ、もう帰ろうよ?」

垂れ落ちてた精液や愛液を拭き取って、汗だくになって店を出た。
家に到着するなり玄関で服を脱がせ、立ちバックで突きまくりました。
生の温かさやトロトロ感を十分堪能して、また一番奥に出しました。
「付き合って」とか「彼女にして」とか言ってくるので、とりあえず飽きるまでは二股で頑張ろうと思います。

コメントを書く