誕生日パーティで泥酔した三十路独女の巨乳を堪能した・・・・・

閲覧数: 1,642 views

※この体験談は約 2 分で読めます。

久々に行ったビストロで、常連客の独身女の30歳の誕生日を祝っていた。
その女は女優の黒田福美の若い頃みたいで、さらに巨乳、常連客の男の間で人気があり(狙っている)、誕生日に独りは意外だった。

その30女を知っている客にはいっしょに祝うようにシャンパンが振舞われた。
俺が店に行った時には既にシャンパンは3本目に突入していたらしいが、その日に限って顔見知りの常連客は女性ばかり数名で男性は俺が初めで、シャンパンは店の主人と30独身女と二人でほとんど呑んでいたようだ。

店の主人も祝ってくれる男性が来てホッとしたらしく、俺用に適当に何品かオムレツとか羊のBBQを作ったら、ちょうど常連だけになり、店を閉めて内輪だけの宴会に突入。

店長が+2000円でワイン以外は呑んでOKと言ったので、ビールやジンやラムで適当なカクテルを作って、皆で呑んだ。

女の子の常連たちは終電で帰ろうと徐々にフェィドアウトし、店長と30女と俺の三人で皆が潰れるまで呑む事になったが、その内に店長が出来上がって、2階の部屋に下がったので狙っていた30独身女にアルコール度数強めカクテルを呑ます。

シャンパンで下地が出来ていたのでカウンターで潰れて寝た。
「こんな所で寝たら風邪ひく」と言いながら肩と首をまず揉む。
「アッハン」と気持ち良さそうに軽く喘ぎ声が漏れてきたので、揉む手を肩から徐々に下げていき、胸の上のプニプニを刺激する。

全く抵抗することもなく気持ちよさそうに揉まれているので、片乳を鷲掴みで揉むと、カウンターでなく俺に持たれ掛って来る。
彼女も意識はあったはずである程度何もやってもOKと思い、強引に顔を上に向かしてキスをかまして、舌を突っ込んでやる。

ディープキスかましながら乳やムチムチした腰の揉みしだき、黒のタンクトップとストラップレスブラを脱がして裸にしてしまう。
俺は巨乳の谷間に顔を埋め、揉みしだきながら乳首をなめまわし、スカートをズリ上げて、パンティ越しにムッとしたコーマンをクンニ。

カウンターの狭いスペースではそれぐらいまでしか出来ないので、10人卓のテーブルに移動して、手を突かせた状態でバックから挿入。

プルンプルンに張ったデカ尻と太腿をガツンガツン突いて堪能する。
バックで犯して興奮したのか一発目はあっという間に発射してしまうが、チンポをフェラで綺麗に舐めてもらうと、すぐにビンビン勃起状態。
テーブルをベット代りに騎乗位や正常位で早朝まで店で楽しんだ。

土曜だったので始発で彼女の家に行き、そのまま二人でベットに直行。
ハメながら抱き合って半分寝ながら昼過ぎまでセックスを続けて寝る。

腹が空いて起きたらもう夕方6時で、カルボナーラを作って食べるが、ワインを飲みながら満腹になると、またセックスがしたくなったので、再びベットに戻って一発。

さすがに二連発の元気はなく、二人で風呂へ。
しかし、風呂で洗い合いをしているうちにビンビンに勃起してしまい、我慢できなく俺はバスタブに腰掛けて、彼女を乗せて座位をしてみる。

が、いまいち上手くいかないので、繋がったまま歩いてベットへ移動。
結局、土曜も一晩中はめた感じで寝て、日曜昼過ぎに別れて家に帰った。

コメントを書く