真面目に見えた弁護士の卵の女の子が実はとんでもないビッチだった・・・・・

閲覧数: 1,693 views

※この体験談は約 4 分で読めます。

僕は飲食接客という仕事柄、色んな人と出会うことがあります。
その中でも普段はなかなかお会いする機会が無いかなという人と言うと、弁護士の方かなと。
その弁護士というお客様はまだ卵であって勉強中とのことです。

どちらかというと表だって弁護士として働いている先輩の方の補助をしているというのが今現在のメインの仕事という事で。
いつかは弁護士になりたいらしいですけれども。

そんな立場ですので、今はまだこのような飲み屋さんにも普通に来れるのです。
何度か来店してくださったおかげで、僕も仲良くなることができました。
大体来るときは友達とくるのですが、いたって弁護士の卵さんは雰囲気が真面目です。

ちなみに彼女の名前はエミというちょっと身長のある女性です。
32歳でした。
美形であり可愛さもある感じの顔で、その辺を歩いていたらナンパされるだろうと思うくらいです。
しかしなかなか出会いが無いらしいのですが。

この真面目な性格が男性を突き放してしまっているのでしょうか。
僕のいる店で飲んでいるときもハメを外すなんて感じは微塵も無く、話す内容も下ネタなんか言ってたまるかくらいでした。


しかしあるとき、エミがトイレに行った時にその友達がそっと言うのです。
「エミって真面目に見えるけど、本当はすごくエロいんだよ」
そんなことを教えちゃっていいのかと、こっちが反応に困りましたが驚きです。
でもそんな言ってもエミとエロい関係になることは無いだろうと思っていたのは本当のことです。

そんな話を聞いたものだから想像くらいはしてしまいます。
その日もエミと友達はいつもの終電で帰っていきました。
彼女らはいつも閉店ギリギリまでいますので、彼女らが帰ったらすぐに後片付けが始まります。

もうすぐ全ての片づけが終わるというところで、店の扉が開きました。
そこにいたのはエミです。
終電に乗らないでどうしたの?と聞くと、どうやら間に合わなかったとのことです。
友達は方向が違うのでタクシーで帰りましたが、エミはこれから泊まれるビジネスホテルを僕に聞きに来たそうです。

まあでも僕はお酒入れてないし、車でエミの家まで送るという話をすると、結構遠慮なくその話を受け入れました。
仕事が終わってエミを家まで送ると、彼女がボソッと言ってきます。

「もしならコーヒー出しますよ。送ってもらって悪いので」
そんな気を遣わなくてもいいけど、まあ真面目なエミの性格に乗るのもいいかとお言葉に甘えて家に上がりました。
真面目だけあってキレイに整頓されています。
弁護士の勉強のためか難しい本も沢山ありますし。

コーヒーを出されると、さらにエミは僕に一言。
「お風呂入っていっても良いですよ」
さすがにその一言には僕も遠慮の心が働きました。
それでもエミは何の問題も無いという事を何度も言ってくるので、まさかのそれも甘えていくという事で。

そこで風呂場に入った時に衝撃でした。
僕が服を脱いで浴室に入ると、そこにあったにはなんと大人のおもちゃです。
ローションやら電マやら、手足の拘束手錠まであります。
友達が言っていたことは本当だったのか…と思った瞬間に、浴室に裸のエミが入ってきました。

「え、エミちゃん…!?」
「体、洗ってあげます…」
何でこんな展開になるのかと理解が難しいのですが、とにかくエミの体はキレイでした。
胸もDカップくらいあるでしょうか、くびれもイヤラシイ形です。
そんな姿を見たらムスコが勃起しないわけがありません。

「あ、やっぱり大きいですね」
エミは僕のムスコを軽く握ると、自分の体にローションを塗って僕に抱き付いてきました。
その間にも僕のムスコをローションでヌルヌルにしています。

「私ね、あなたのおチンチンをずっと触りたかったの」
なんてことでしょう。
あの真面目なエミがこんなことを言ってくるなんて。
その後も僕に体を擦りつけてきて感じている声を出しています。

「ああんんん…乳首が擦れるだけでも気持ちいいの…」
完全に確信しました。
エミは友達の言う通りエロい女であると。
そうとなれば僕もエミを攻めたくなります。
ヌルヌルのエミの体を全身くまなくソフトタッチで這わせました。

「あああん…全身感じちゃうの…あんん…」
自ら両手を上げていかにも好きにしてくださいと言わんばかりのエミに、僕は両手を手錠で固定して、電マで全身をマッサージしていきました。
乳首に当たるとエミは体をピクピクさせて悶えはじめます。

「あはん…あん…!」
そのまま電マを下半身に持っていきクリトリスに当てると、これまでには無い反応をします。
「いやああああんんん…!だめえ!あああん…!」
激しく声を高ぶらせて悶えまくっていました。
もうエミの体はありえないくらいの震えをしています。

「イキそうでしょ?」
「あああん…も、もうイッてる…!」
電マを止めると、エミはもうぐったりとしてしまい、その場で息を荒らすだけでした。

「エミちゃん、僕も気持ちよくなりたい」
「うん…してあげます…」
エミの手錠を外して洗い場に専用のマットを敷いて、僕はその上に仰向けになりました。
呼吸がまだ荒いエミはそんな僕の上に抱き付きながら乗っかってきて、全身をローションで滑らせてきます。

僕のムスコはエミの太ももに挟まれながらヌルヌルと滑っていき、それだけでもかなり気持ち良いもので。
「エミちゃん、だんだん気持ちよくなってきたからエミちゃんの中に出したい」
「え…いいよ…」

エミは僕のムスコをアソコでくわえて激しく腰を滑らせてきました。
「あぁ、エミちゃんいいわ…」
「私も…気持ちいいよ…あんん…」

エミの腰使いは巧みで、僕の気持ちいいポイントをしっかりと捉えて縦にも横にも、そして回したりとテクニックを使ってきます。
「エミちゃん、イクよ…」
「うん、出してぇ…」

僕はそのままエミに中出ししました。
それでもまだエミは腰の動きを止めないので、すぐにムスコは復活して再び僕はイキそうになります。

「エミちゃん、僕またイッちゃうよ…!」
「あはん…もっと出して…私もまたイッちゃう!」
僕の二回目の射精と同時にエミもまたイキました。

さすがにお互いにぐったりとして、そのままエミのベッドで朝まで寝ましたが、朝僕が目が覚めたときは、エミは僕のムスコをしゃぶっていました。
そして朝っぱらから二回イかせていただきました。

 

管理人のたわ言(´・ω・`)
弁護士になるのは難しいだろうね・・・

コメントを書く