【レイプ】嫌いな伯父に無理やり巨根を挿入されたのに・・・・・

閲覧数: 1,760 views

※この体験談は約 5 分で読めます。

忘れもしない、私が高3の夏休み、家族で田舎に帰った時のこと。
伯父との関係のきっかけとなった事件があった。
私がトイレに行こうと廊下に出た時、伯父がすれ違いざまに私の胸を掴んだ。

私の胸はすでにDかEカップありました。
ずっと私の胸ばかり見ていたのは気づいていた。
イヤだなあとは思っていたけど、ジロジロ見られるのはいつものことだったから気にしない。
そう思っていたけど、内心、親類なのにという気もして、やはり意識せざるを得なかった。

掴まれた瞬間、体に電流が走った気がした。
私はそのままうずくまってしまった。
伯父は少し慌てた様子だった。

「ごめんな。ちょっとした出来心だ。勘弁な」
言葉から反省は見られなかった。
私が泣いたりしていないのを確認すると、伯父はそのまま行ってしまった。

私は伯父に触られた嫌悪感もあったけど、(今のはいったい・・・)。
その思いの方が強かった。

その夜、お風呂に入っていた。
何か体が怠いような不思議な気分だった。
湯船に肩まで浸かって落ち着こうと思っていた。

すると窓の外から、微かに足音のような音が聞こえた気がした。
気のせいかなと思ってたけど、何か視線を感じていた。
伯父が見てる。
そんな気がした。

窓の方に目を向けれなかった。
気味が悪い、普通ならそう考えるはずなのに・・・。
(体を見せてやれ)
なぜか私は、そんなちょっとした悪戯心が芽生えた。

私は勇気を出して立ち上がり、湯船の淵に座った。
ちょうど窓から私の全身が正面から見えるように。
全身が火照っていった。

恐らく今、私の裸は伯父に見られている・・・。
そう考えると妙な興奮を覚えた。
ほんの数秒だと思う。
しかし、私にはものすごく長い時間に感じた。

耐え切れず、すぐに湯船に入った。
明るい場所で男の人に裸を見られたのは初めてだった。

それから一ヶ月後、新学期が始まっていた。
その日の五時限目が体育でプールだった。
授業が終わると、またあの時のような体のだるさというか、力が入らないような気分だった。
なにか人が多い所にいたくなくて、先生に言って早退した。

家に帰るとそのままベッドに倒れ込んだ。
いったいなんなんだろう?
ブラを外したいなと思って、ブラウスのボタンを外していった。
体を動かすのが面倒になってそのままでいた。
するとだんだん気持ちよくなって、そのまま眠りに落ちた。

どれくらい眠ったのかはわからない。
遠いところで男の声が聞こえた気がしたけど、また意識が途切れた。
しばらくすると胸元が温かくなってきた。
何だろうと思っても金縛りのように体が動かず、瞼も開くことができなかった。

だんだん胸元の温かさが快感に変わるようだ。
薄っすらと瞼を開くことができた。
私の上に伯父がいたのだ。
ブラウスのボタンが外れ、露わになった胸元を軽く掴んでいる。
しかし私の体は金縛りにあったまま動かない。

「だめ・・・」
かすれるような声が出た。
伯父は私が起きたのに気づいたようだ。
私は渾身の力を込めて体をよじらせたが、少し背中が浮いただけだった。
そこに伯父の手が入ってきて、私を抱きかかえるようになった。

「頼む、裕美。胸だけだ。な、ほんの少し。お願いだ、もう我慢できない」
「だめ・・・」
またかすれるような声しか出なかった。
伯父は私の胸の谷間に顔を埋め、抱きついてきた。
体に電流が走った。

伯父は背中に回した手で私のブラのホックを外した。
すると強引に私のブラウスとブラを脱がせた。
間髪入れずに私の乳房を両手でしっかりと掴んだ。
私は体を仰け反らした。

「やめて・・・」
またかすれるような声にしかならない。
伯父はすぐに私の乳首に吸い付いてきた。
そう、電流の正体は快感だった。

前の彼氏と何回かエッチはしたけど、こんな感じはしなかった。
悪い気分じゃないけど、エッチってこんなものなんだ。
そう思っていた。
それが何故・・・。

思考力はほとんど働くなっていた。
呼吸が荒くなるのがわかった。
ふと伯父の方を見ると、狂ったように私の乳房に吸い付き、舌を這わせていた。
声が一瞬漏れた。

「だめ・・・」
言葉で誤魔化した。
思いっきり歯を食いしばるようにして、耐えた。
私は抵抗らしい抵抗はすることが出来なかった。
伯父はそんな私にお構いなしに私の乳房をしっかり両手で掴み、唾液を塗りたくるように私の乳房を弄んだ。

しばらく身を任せるようになってしまっていた。
正直気持ち良すぎた。
でも相手が伯父だけに、何とかしないとって思っていた。
体が痙攣した。
その反動で横向きに体を動かした。

しかし、伯父は背中に手を回して抱き寄せるようにした。
そして背中に回した手でしっかりと乳房を掴み、反対の乳房に吸い付いた。
余計に体が密着する形になって、さらに快感は増した。

「だめ・・・だめ・・・」
その言葉しか出なかった。
すると伯父は、空いた手で私の太ももを触り始めた。
私はさらにおかしくなっていく。

(約束が違う・・・)
そう思ったが、何も私は約束してはいない。
ただもう抵抗することができなくなっている。
あっという間にスカートが下ろされていた。
パンツの上からアソコを触り始めた。

もうどうすることもできずに私は枕を両手で掴み、歯を食いしばって顔を背けることしか出来なかった。
パンツに手が入ってきて、直接触ってきた。
体がビクビクと痙攣するようになった。

自分の体はどうなるんだろう?
そんなことを考えていたら私の中に伯父の指が入ってきた。
また体が痙攣し始めた。
ホントどうなるんだろう?
それしか考えなかった。

すると体中の血液が逆流するような気分に襲われ、体が激しく痙攣し続け、頭の中が真っ白になった。
空を飛んでるのかと思った。
そう、イッてしまった。
一瞬、相手が伯父と言うことも忘れて、何てすごいんだろうと思った。

私の様子を見て堪えきれなくなったのか、伯父は自分の服を脱ぎ、私のパンツを下ろした。
私はカラダの力が抜けて動けなかった。
声は出そうな気がしたが出さなかった。
無意識に求めていたのかもしれない。

伯父は私の足を開いた。
チラッと伯父のあそこが見えた。
何て大きいんだと思った。
前の彼氏のよりずっと。
しかし、心配をよそにあっさりと伯父のアソコは私の中に入った。

伯父は私の腰をしっかりと掴んで、もの凄い勢いで腰を振った。
10秒もしないうちに私はまた体を痙攣させてイッてしまた。
声だけは必死に殺した。
そして顔を背けていた。
その後は訳が判らなかったけど、ずっと、どうしようもないくらいの快感にカラダが包まれていた。

伯父のアソコが私の中で膨れ上がる感じがした。
伯父は私の中から出て、私のおへその辺りにアソコを擦りつけた。
そして勢いよく精液を放出した。
私の胸元は伯父の精液だらけになった。
そして首元からアゴのあたりまで飛んできた。

そして私の乳首にアソコを擦りつけた。
私はビクンと体が反応した。
伯父は私の胸元に大量にばら撒いた自分の精液を、塗り込むように私の乳房を擦った。
私はまた体が勝手にビクンと反応した。

「裕美・・・。すまない。我慢できなかった」
私は涙が溢れてきた。
「・・・。本当にすまない。最高だったぞ。さあ、もうお母さん帰ってくるんだろ。着替えろ」
伯父は私の涙を見て、慌てて服を着て部屋から出て行った。

しかし私はわかっていた。
悲しみの涙ではない。
初めて知った女の喜びに対する涙だ。
しばらく快感の余韻に浸っていたかった。
口を開けないと呼吸ができなかった。

口の中に、アゴに付いていた伯父の精液が入ってきた。
私は屈辱的な気分になった。
しかし、その感情がさらに快感の余韻にマッチした。
私はそのまま飲み込んだ。
喉に絡みつくような感じがしばらく消えなかった。

伯父と自分に対する嫌悪感が半分、そして初めて知った喜びが半分という複雑な気分だった。
でも、こんなことがあってはいけない。
もう絶対しないと、この時は思っていたはずだった・・・。

コメントを書く