【初体験】女の子と付き合ったこともない俺が女友達の家に泊まった結果・・・・・

閲覧数: 2,033 views

※この体験談は約 2 分で読めます。

俺は22歳の真性童貞(風俗・ソープも経験無し)で、この歳になるまで、まともに女性と付き合ったこともありませんでした。
それ故に、なかなかチャンスに恵まれなかったと言うか、キスすらも出来ませんでした。

そんな俺も、2週間前に22歳に。
別に何の気なしに、友達の家に行くことになり、そのまま泊まってしまいました。
その日の夜は、一緒の布団で寝ましたが、Hはしませんでした。

事が起こったのは、次の日の朝です。
目を覚ましたとき、隣に女の子がいるなんて初めての事で、正直興奮してました。
俺が起きたのと同じくらいに、相手も目を覚ました。

何をするわけでもなく、布団の中で手を繋いだり、抱き合ったりしてじゃれていました。
そのうち相手が、俺の首筋にキスをしたり、お腹のあたりを柔らかい手で愛撫し始め、俺は後戻り出来ない気が・・・。

「このままだと最後までやっちゃうよ?」
最初に口を開いたのは、予想外に自分でした。
「やっちゃう」って、俺は童貞なのに出来るのだろうか・・・。


精一杯、理性と本能の間を往復した結果が、こんな言葉でw
相手は考えてる「ふり」をしてから、「いいよ」と一言だけ。

俺が相手に顔を寄せると、むこうから軽いキス。
唇を「ちゅっ」と重ねるキスを何回かして、その後、愛撫を経て挿入することに・・・って今思えば、ファーストキスじゃん・・・。

しかし事を始めようとすると、俺の勃起力不足で、相手に挿入出来ない始末。
仕方なく相手にフェラして貰ったり、相手の体を触ったりしながら、感情を高める努力をしました。

結果、不発・・・。
その後も、相手が結構頑張ってくれましたが、・・・結局リタイヤ宣言。

「今日はいかない日にしよっか?(笑)」という優しい言葉に、思わず感動してしまいました。
その後、1時間くらい抱き合って、キスに溺れていました。

いけなかったのは残念だけど、得られた物はありました。
童貞って、「捨てる」とか「捨てない」じゃなくて、ホント「経験」なんだなって。

童貞を卒業してから、劇的に自分が変わったなんて事はありませんけど、少なくとも女の子を前に、物怖じする事はなくなりました。
ちゃんと目を見られるようになりました。

そして一番変わったのは、そう言う大事な事を教えてくれた、相手の女の子の見方です。
別にHしたから付き合いたいとか、そう言うことじゃなしに、凄くその子の事をまっすぐ見れるようになりました。

その日は何も言えなかったけど、次はちゃんと・・・自分の気持ちを伝えてみようと思います。
だってホントは、3年前からの恋煩いだったんだよ・・・。
玉砕しても、前向きにいける気がします。

コメントを書く