息子と同じ歳の男の子の巨根に夢中になってしまった私・・・・・

閲覧数: 1,618 views

※この体験談は約 5 分で読めます。

今日、3時からあの子が訪ねて来てくれます。
ああ、あと、30分で、またあの大っきいペニスでヒイヒイ泣き叫ばされると考えるだけでアソコがジンと来ます。

準備はもう出来ているんです。
裸にエプロンだけ付けた恥ずかしい格好です。
こんな事になったのは、先週の土曜の午後に、中学2年生の麻紀くんに出会ってから・・・。
私のような30過ぎたおばさんに、とても男らしく、やさしい態度で接してくれたあの時からです。

ドラマみたいな場面、嫌な男に町で変な言いがかりをつけられ困っていた私を助けてくれた。
中年男2人を相手に堂々とした態度で。
何発か殴られてしまった彼を、すぐさま自宅へ連れてって手当てをしてあげた。

麻紀くんは、今時の中学生とは思えないほど純な子で、同じ年の息子とは比べものにならないほど素敵だった。
それにマスクもめちゃかっこいい。

最初は、ただ傷の手当てをしてあげるためだけで家に上げたのだが、色々楽しくおしゃべりしているうちに大好きになっちゃって、離せなくなり、悪い気持ちが私の中に発生したのです。

麻紀くんは中学2年生だから、当然、他の男の子と同じで異性に興味がありすぎる年頃。
傷の手当てで、私が少し体を寄せただけで緊張しているのがわかる。
それにアソコも立派に盛り上がっていて、恥ずかしそうにしてた。


「麻紀くん・・・ふふっ。元気だねアソコ、立ってるよ」
「可愛いね」
「助けたもらったお礼、いっぱいしてあげるよ」
・・・立て続けに困らせる私。

「こっち向いて、キスしよ!」
最初は柔らかく唇を合せ、麻紀くんが落ちついた頃、舌を入れて激しく感じさせてあげた。
麻紀くんはしっかりと抱きついている。
ほんと可愛い。
もうこうなると私の思うがままだ。

前々から若い男の子にやってみたかった事を次々に始めた。
麻紀くんを立たせ、服を一気に脱がせて真っ裸にさせる。

ここでまた予想外に嬉しいことが発生。
パンツを脱がした時、ポロンと飛び出したペニスを見てびっくり。
中学生の童貞の少年のモノとは思えない、大きく、太く、長いモノが目の前に・・・。
これまで見たことも無いほど立派なペニスで、お腹にくっつきそうなほど反り立っていた。

「すごい・・・」
思わず言葉が出た。
まず麻紀くんを四つん這いにさせる。
私も急いで上着とスカートを脱ぎ、下着も外し、真っ裸になる。

麻紀くんのお尻の方からゆっくり体をくっつけて、覆いかぶさる形で抱きつく。
9月とはいえ、まだ気温は高く、汗をかいたのだろう、麻紀くんの脇の下からも胸板からも汗臭い男の子の体臭がした。
いっそう興奮した私。
夢中でおっぱいを彼のお尻や背中に押しつけて気持ち良くしてあげる。

「シャワー浴びてからの方が良かったかしら。おばさん、汗臭いでしょう。ごめんね」
「おねえさん・・・そんなこと無い・・・全然・・・とってもいい匂いです」
とっさに麻紀くんが言う。
ああなんていい子なの。
この言葉で私はさらにキレてしまう。

お尻を後から抱く形を取り、「麻紀くん、足を広げて・・・」と言い、ペニスと玉を2本の手で交互にしごいた。
「出来るだけ我慢して・・・頑張って」
そう言いながら私は容赦無く責め続ける。
形の良いすべすべの麻紀くんのお尻が小刻みに震えてきて、射精が近いことを知らせる。

私はさらにお尻の穴に先を尖らせた舌先を差し込み、最高の射精を待つ。
麻紀くんは「へっええっ!!」と言葉にならない声を発し、ペニスは精液を吐き出した。
あまりの射精感でふらふらの麻紀くんを乱暴に仰向けに転がし、馬乗りに跨ぎ、すぐにキスをし、麻紀くんの乳首、お腹、脇の下をベロベロに舐めてゆく。

容赦の無い愛撫にペニスは立ちっぱなしで、ビクビクと痙攣しているみたい。
一気にペニスを口に入れ、さっき出した精液を味わいながら喉の奥へと押しこむ。
感じたことのない、幸せな息苦しさで気が狂いそうになる私。
恐らくこれが生まれて初めてだろう、自分のペニスをしゃぶってもらうことは。

大きな口を開け、みっともない顔で舐めている私を、麻紀くんは目を大きく開き一心に見つめている。
私は、もっともっといやらしく見えるように舐めてあげる。
唾液の音を思いっきりさせるようにしてペニスを咥えながら私も麻紀くんを見つめる。

すると一瞬、麻紀くんの表情が歪んだ途端、喉の奥に、物凄い量の精子が噴出した。
ちょうど喉の一番奥まで差し込んでいた為、一気に胃の中へ流れこんだ。
驚くことに、まだペニスは大きさを留めたままだ。
口からペニスを抜いてベトベトに乱れた唇周りをタオルで拭いて、気持ちを落ちつかせる。

麻紀くんは、これまでの想像を絶する刺激で声も出せない様子。
今度は優しく覆いかぶさり、耳元に優しくキスをして抱いてあげる。
「ずーっと立ちっぱなしだね。麻紀くんのちんちん」
「あああ・・・お姉さんもう・・俺・・・気持ちよすぎて・・・何がなんだかわかんない」

69の形を教えてあげて、私のすべてを舐めてもらう。
ベトベトに垂れてきた私のアソコを十分に味わわせてあげた後、「もうこうなったら、最後までやっちゃおうね!」と自分に対しても心を決めさせ、キスをしながら右手でペニスをグリグリに愛撫しながら大きく足を広げ、跨がり、大きく太いペニスを導き入れる。

長いから、すぐに奥まで達してしまう。
最初は私が上下左右自在に腰を動かしていたけど、すぐに教えてあげた以上に麻紀くんの腰が動いてくれた。
私がイッてしまうまでなんとか麻紀くんが我慢してくれた。

麻紀くんのペニスはすごく頼もしい。
一度引き抜いてもらい、今度は私が四つん這いになってバックで突き上げさせてあげた。
必死で腰を動かしてくれて、さらにもう1回、私はイカせてもらえた。
その間も私は物凄い声で喘いでしまう。

「ま、麻紀くん、いいのよ。初めてなんだから中に出していいよ。麻紀くんの一番気持ちいい時で出して!」
麻紀くんの私のお尻を掴む手がいっそう強くなり、腰の動きが激しくなってきて、射精がいよいよ近いのがわかる。

そして最後、物凄い奥まで突き上げると、信じられないこと、何と麻紀くんは膣外射精をやってのけた。
たぶん、AVで見たことあるんだろうけど、でも最初でこんなことをやれる男の子に会えるとは。
そして何より、中で出すことを避けようと努力してくれる、女の子へのやさしさを持っているこの子が信じられなかった。

それからはもう私の方が夢中で、10代の女の子になったみたいに何度も何度も彼に抱かれました。
その後、また会う事を約束して別れました。
そして今日、もうすぐやって来るのです。

チャイムが鳴りました。
インターホンの画面に彼の顔が写っています。
今日はめいっぱい感じさせてあげようと思います。
この恥ずかしい格好で待っていることは、昨日の電話で知らせてあります。

ドアのロックを外し、彼が中へ入ります。
「こ、こんにちは。来ました」
ああ、もう!
この間、あんな事をした相手なのに、この子は、ちっとも変わっていない。
可愛いまんまだ。

麻紀くんが靴を脱いで廊下に立った場所ですぐに服を脱がせてしまおう。
相変わらず元気に反り立つペニスを舐めて、裏の袋もすべて・・・。
若い子独特のペニスの汗ばんだきついニオイが私を狂わせる。
すぐにイカせてあげて精液をゴクンと飲み、やっと私の体が落ちつく。

台所へ連れて行き、流しに立つ私を後から抱いてもらう。
裸にエプロンという姿なので、脇の開いた部分から両腕を差し込んでもらい、揺れているおっぱいを十分に揉んで楽しんでもらうことにする。

今日、息子は部の合宿で、泊まりで帰らない。
このまま朝まで何度でもSEXができるのだ。
それに今日は中にいっぱい出してもらっていい日だから、麻紀くんへ、この間のお礼もたっぷりできる。
ああ、なんて幸せなんだろう。

コメント

  1. 1. マルイ  

    津苦利場菜死出藻津蚊魔Re

コメントを書く