【浮気】同僚の家に書類を届けたら奥さんがエロい格好で出てきて・・・・・

閲覧数: 2,947 views

※この体験談は約 6 分で読めます。

妻、1歳半になる子供と3暮らしの29歳の商社マンです。
先日(といっても先々月の事ですが)、会社の同僚でもあり、大学時代からの友人でもあるK君の奥さんと関係をもってしまいました。

事の成り行きは、同じ部署であるK君と残業していた時のこと。
僕は表計算の作成、K君は外回りの日報を書いていた。
K君は一足先に用を済ませ、帰っていきました。

時計を見ると午後8時だった。
そして僕はまだ終わりそうの無い表計算表を手にして、都会の夜景が望める窓際のK君のデスクで作業を再開した。

すると、ふとデスクのパソコンの横を見ると、マル秘と書かれた書類が入ったファイルが置いてあった。
「これは、Kが明日取引先のお客のとこへ持って行く物だな」

僕はこう見えても、やさしい男。
K君の自宅に届けることにした。
どうせ家路は同じ方向だから、アポイントの電話はしなかった。

午後9時。
表計算は完成した。
そっと部長のデスクに置いて、飲み残したコーヒーをグビっと飲んだ。


午後9時半。
K君の自宅。
なかなか近代的なマンションである。
ここの6階の角だ。
正面玄関(?)で部屋番号を押す。
すると若々しい奥さんの声が。

「どうもです。K君が大切な書類を会社に忘れて行ったので届けました」
「あ~ご苦労様です。開けますんで、ちょっとおまちくださぁい」
とても丁寧で好感触の奥さんだな。
ウチの妻にも見習ってほしいもんだ。

ドアが開いた。
急いで書いたと思われる眉毛、ブラジャーが透けているドナルドダックのTシャツ。
目のやり場に困った。

K君が在宅か聞くと、
「主人はまだ帰ってきてないんですよ。さっき連絡が入って取引先のお客のとこへ寄って行くとかで・・」
(Kのヤツ、そんなこと言ってなかったぞ。ははは、こりゃ飲みにでも行ったな?)

心の中でニヤけていた僕である。
すると奥さんは、
「もしよかったら、お茶でもどうですか?先日のお土産のお返しと言っちゃなんですが・・」
僕も家に帰っても妻にアレやれ、コレやれと言われるだけなので寄って行くことにした。

「そうですか?では、おじゃまします」
K君の家はやたらとディズニーグッズが多い。
すばぬけて目を引くのはウチの子供と同じぐらいのミッキーマウスがTVの横でドォンと座っている。

「先日、◯◯デパートで買った向こう物の紅茶なんです。どうぞ」と奥さん。
「あ、どうもすみません」
そして会社でののK君の働きぶり、僕の家庭の話と花が咲く。

K君は遅い。
時計を見ると午後10時半。
僕はここいらで帰る事にした。

「すみません、そろそろ・・」
「え?もう帰っちゃうんですか?ちょっと聞いてもらいたい事が・・・」
ン?どうしたんだ?急に下を向いてしまった。
「どうしたんですか?K君のことですか?」

「ええ、あの人浮気をしているような気がして・・」
「はぁ?そんな感じには見えないけど・・・」
「ええ、日ごろの生活を見ていても感じることはできないでしょうね。男の人は。でも女ならそれは感じることはできます」

「はぁ、そうですか・・・。で、奥さんはどうしたいんですか?今後」
「離婚はしたくないです。このまま主人が浮気をやめてくれればいいんですが」
僕はなんて言葉を返したらしいいのかわからなかった。

すると奥さんは、「ねぇ、私のどこに魅力がないの!私は女らしくない?どう?」突然大きな声を出したので、僕はビックリした。
「い、いえそんなことはないです。ステキだと思う。声もカワイイし、スタイルだって・・・」と言った。

「だったら私を抱いてみてよ!」
突然何を言い出すと思ったら、この言葉だった。
「はい。わかりました。では」
・・・なんて言えるはずが無い。

下を向いたままにしていたら、奥さんはTシャツを脱ぎ捨て、薄いブルーのブラジャーとパンティー姿になっていた。
すると、奥さんは涙を流しながら、
「・・・抱いて、寂しいの毎日」
僕はその涙の姿と少々震え気味の声に我慢できずに抱きついた。

柔らかい体は僕の貧弱な体に溶け込んでいった。
「・・・好きにして・・・」と奥さんは僕の耳元で囁いた。
僕は左手で水玉柄のネクタイを外しながら、深いキスを。
奥さんは右手で僕のバレンチノのベルトに手をかけ、外していた。

僕たちはそのまま高級そうなソファーに・・・。
僕は奥さんのフロントホックのブラジャーを外しながら言った。
「K君が帰ってきたらどうすんの?」というと、
「あの人は午前様なのよ。いつもそ。平気よ、私を抱き続けて・・・」

吐息のような声に僕は自分自身の家庭のことなど忘れてしまっていた。
ブラジャーを外して、少々汗ばんだ乳房を揉みほぐし、乳首を柔らかく噛んだ。
僕の妻は子供を出産していて、妊娠線が凄い。
それにくらべて奥さんは子供がいないせいか、肌はスベスベ。

感じているのか、少しだけ鳥肌が立っていた。
「ぁぁああぁ・・・」
奥さんは文章では実に書きずらい声を出してきた。
僕もかなり興奮状態。

コナカで買った12000円のスーツのスボンがはちきれそうなぐらいだ。
乳房の次は腰。
俗に言う「クビレ」というやつを堪能する。
それと同時にベルトが緩んだズボンを脱いだ。

妻が買ってきた「ピングー」の柄のトランクスも一緒に脱ぎ捨てた。
カタカナの「ル」の字のように曲げた足を広げて、胸から下を眺めた。
キレイなへそ、パンティーから少しだけはみ出た陰毛、キチっときめた髪型もくずれるほど僕は汗をかいて興奮していた。

奥さんは眉間にシワをよせて僕の目を見つめていた。
そしてやっと言葉らしい言葉が奥さんの口から出た。
「最高です。まだSEXしていないのに気分がいいです」
僕はニコっと笑っただけで続きを楽しんだ。

そしていよいよ、パンティーを脱がした。
少々キツ目のパンティーらしく、ゴムの跡がクッキリ。
指でその跡をなぞるように花園へと僕の中指をインサートした。

奥さんは、「ひぃ・・ひぃ・・・あぁぁぁぁあああ・・あ・・」
相当気持ちいいのかな?僕の妻とは違うアエギ声だ。
すでに奥さんは満タンだった。
クチュクチュいって花園をかき回す。

流れるようにシックスナインの体勢に持ちこんだ。
奥さんが上で、僕は下。
奥さんの花園を目の前にして花の蜜を吸うミツバチのように舐めまわす。
当然、アナルも行く。

アナルは体勢的に少々疲れる。
奥さんの方は僕のムスコをフェラチオ。
いまいちヘタクソだが、気持ちいいポイントはおさえている。
フェラチオの上下運動をしていると奥さんの髪の毛が僕の太ももにあたり、妙にくすぐったかった。

そしていよいよ本番に突入。
まずは正常位。
濡れ濡れの奥さんの花園はすんなりと、インサートできた。
そして僕は腰を動かした。
面白い。腰を動かし方に連動して奥さんの声も変わる。

奥さんの花園の洞窟はちょうどいいサイズだった。
僕自身早めにイキそうになる。
しかし、たっぷり楽しみたいのでイキそうになったら乳首攻撃。
奥さんも大満足なのか、少し笑みを浮かべていた。

バックもやったな。
それから帆掛け舟もね。
妻ともやらない体位で攻めてみた。

奥さんは「ぁあああああっあああ」と、「あ」しか言わない。
正確には「あ゛」が正しいかな?
そしてフィニッシュ!
奥さんのおなかにミサイルを飛ばした。

よく見ると2人とも汗だく。
皮製のソファーは汗でべっとり。
僕はティッシュでミサイルの残骸を拭き取り、奥さんをそっと抱きしめた。
そして軽いキス。
フェラチオした後ということは忘れていた。

服を着て、煙草に火をつけて、ブラシで髪をとかす奥さんの後ろすがたを眺めていた。
ここで、カッコよくブランデーなんて飲むとキマるのだが、僕はそんなカッコいい男ではない。
時計の針は午前12:30だった。
K君はまだ帰ってこない。

本当に浮気をしているのだろうか?友人として気になった。
自分のことはさておき。
「また、いらっしゃってください」と微笑んだ奥さんを見ていたら、K君との生活に寂しさを感じていたという事がやっとわかった。

翌日。
K君に尋ねた。
「おい、昨日は何時に帰ってきたんだ。自宅に書類届けただろ?」
「あ~悪いね。昨日?昨日は1時ぐらいかな?そうそう、あの書類、別に届けてくれなくってもよかったんだよ。どうせ会社に一回寄ったんだし」

僕の勘違いが快楽の世界へと導いたんだ、と心の中で微笑んだ。
僕はK君の奥さんとは今でも、続いている。
「奥さん」と呼んでいたのが、今では「ミツエ」と馴れ馴れしく呼んでいる。
ちなみに僕の妻も同じく「ミツエ」なのだ。
漢字は違うけど。
だから余計に興奮してしまうのかも・・・。

コメントを書く