【寝取らせ】浮気妻を念願の他人棒の性処理便所にできました・・・・・

閲覧数: 2,402 views

※この体験談は約 5 分で読めます。

43歳の会社員をしている智です。
妻は40歳で友子といいます。
結婚して10年経ちましたが子供には恵まれませんでした。
最近、子供のいない私達にとってセックスは快感を得るためのプレイになっていました。

ソフトSMや野外で露出をさせての撮影等を楽しんでいたのです。
M性の強い妻は私の要求に素直に応えてくれるのですが、他の男性を入れたプレイだけは拒否します。
その代わりに、私の寝取られ願望を見抜いていた妻は、過去の男性遍歴をセックスの最中に告白してくれるのです。

初体験の時の話や付き合っていた6人の男性とのセックスを話してくれます。
もっとも私が興奮するのが、私との結婚直前まで付き合っていた15歳以上も年上の男との5年間の話です。

当時、勤めていた会社の上司で、セックスの総てと女としての喜びを教え込まれたそうです。
私は、彼の話を聞くと嫉妬で息が出来なくなるほど興奮してくるのでした。
そんな妻が同窓会に出るため、週末と有給を利用して3泊4日で実家に帰ることになりました。

快く送り出した私は家に残って週末を過しました。
月曜日、会社から帰った私を実家から戻った妻が迎えてくれました。
ベッドに入るまで、同窓会・実家・親戚・友達の話が続きます。
聞き飽きた私は妻の身体を求めました。


妻「ちょっと待って・・・」
妻はベッドから立って寝室の照明を落とし、パジャマを脱いで全裸になって私の隣に戻りました。
普段、照明は点けたままでセックスするので違和感を覚えました。
前戯もそこそこに挿入しました。

激しくピストンを繰り返しながらいつもの様に妻に話しかけます。
私「同窓会で久し振りに会った男とホテルにでも行った?」
妻「そんな事してない・・・あぁぁぁ・・・いいっ・・・同窓会が終ったら・・・近所のみぃちゃんと一緒に帰ったわ・・・」

私「処女をあげた男も来てた?」
妻「・・・来てたわ・・・あぁぁぁぁ・・・」
妻の処女を奪った男を想像して激しいセックスになり、二人とも大きな快感を得て果てました。

ベッドで余韻に浸っているとカーテンの隙間から月明かりが差し込んできました。
月明かりは二人の胸あたりを照らし出します。
何気なく妻のバストに視線を向けるとアザのようなものが見えました。
寝室の照明を点けると妻は両手で胸を隠しました。

私「なんだ?これ?」
妻「・・・」
私「キスマーク?」
妻「・・・」

妻はベッドの上で泣き出したのです。
私は妻が泣き止むまで1時間以上待ちました。
妻「・・・あなた・・・ごめんなさい・・・取り返しのつかない間違いをしてしまいました・・・」
そう妻は話し出したのです。

実家に帰った日の新幹線で、偶然にも以前に肉体関係のあった上司と乗り合わせたそうです。
彼は出張の帰りで、懐かしさから1時間以上話し込んだようです。
駅に着く頃、日曜の夜食に誘われたそうです。
その時は、ただ再会の喜びに包まれ簡単に承諾したと妻は言います。

夕食はホテルのレストランで、食後ラウンジに行ったそうです。
そこで、知らずに強いカクテルを飲まされた妻は酔ってしまい、意識が朦朧となったようです。
気付くとホテルの部屋のベッドで全裸にされ、上司の愛撫を受けていたそうです。

バスローブの紐で両手を頭の上に縛られ、抵抗できないまま愛撫を受け続け、彼を受け入れたのです。
妻の弱いところを知り尽くしている上司は朝まで妻を責め続けたそうです。

私「友子はイッたのか?」
妻はまた泣き出し、「・・・ごめんなさい・・・」と、返事にならない返答です。
泣き出した妻が落ち着くまで待ちました。

妻「・・・もう・・・こんな間違いは起こさないから・・・別れるって言わないで・・・」
妻が目を真っ赤にして私を見つめます。
私「・・・でもなぁ・・・」
妻「どのような事でも・・・あなたに従います。・・・だから・・・許して・・・」

私「・・・何でも?・・・聞くんだな?」
妻「はい・・・許してくれるなら・・・」
私に悪意が思い浮かびました。
私「私の見ている前で他の男を受け入れるられる女になるか?」
妻「・・・あなたが、望むなら・・・」

私「よし。週末の夜、友達を連れてくるから・・・抱かれたら許してやる・・・いいな?」
妻「・・・はい・・・」

週末、友達のA、B、Cを呼びました。
家に来た友達には、「友子に面白いことをさせるから・・・」とだけ伝えてあります。
酒の用意をしている妻にはリモコンバイブが入れてあります。

飲み会が始まりました。
私の隣に座っている妻にリモコンのスイッチをONにします。
妻「うっ・・・」
3人の友達の視線が妻に集中します。

妻「・・・うっっっ・・・」
A「ともちゃん、どうかした?」
Aが心配して妻に声をかけました。
妻「・・・ううん、なんでもないわ・・・あぁぁぁぁ・・・」
私「友子はね。バイブを入れてるんだよ。これがリモコンなんだ」
リモコンを3人に見せました。

B「へぇ~、ともちゃんってエッチだったんだ」
C「ともちゃんって良い身体してるしなぁ」
BとCも囃し立てます。
私「友子、下着姿でお酌しろ、身体を見てもらえ」
妻「・・・はい・・・」

妻は下着姿になりました。
バイブの音が大きくなって響いてきます。
妻「・・・あなた・・・もう・・・ダメ・・・イキそうなの・・・恥ずかしいから・・・ベッドに行っていい?・・・」
私「ああ・・・行っていいけど・・・バイブでオナニーして待ってろ・・・3人に順番に行ってもらうから・・・」

妻「・・・はい・・・早く・・・来てくださいね・・・」
妻は寝室に消えました。
A「おい・・・いいのかよ?ともちゃんを抱いても?」
私「ああ・・・順番を決めて行けよ」

3人はジャンケンで順番を決めました。
まず、ジャンケンで勝ったBが寝室に行きました。
A「いいのか?嫁さんがやられても」
私「ああ・・・友子を肉便器にするのが結婚してからの夢だったんだ。遠慮しないで行けよ。一通り終ったら4人で朝まで楽しもうぜ」

A「じゃあ・・・遠慮しないで抱くからな」
Bがリビングに戻ってきて、替わりにCが寝室に行きます。
全裸のままのBは妻とのセックスが良かったと褒めてくれます。
Cがリビングに戻ってきたのは1時間後でした。
Aが寝室に行ったあと、私も全裸になって飲み会の続きです。

妻を話題に飲み続けていると、Aと妻が全裸でリビングに戻ってきました。
妻に、「良かったか?」と尋ねると、「喉が渇いたの・・・良かったわ・・・もっと・・・セックスしたい・・・」とビールを一口飲みました。
飲み終わると、A、B、C、私と順番に肉棒を咥えて回ります。

妻「ねぇ~5Pしようか?あそことお尻に一緒にオチンチン入れてみたいの・・・」
この夜、妻は穴という穴で男の肉棒を受け止め、女として開花したのでした。

その後、上司を自宅に招いて、私の前で妻はセックスを見せてくれました。
妻は私の望みを叶えるため100人以上の男と関係を持ち、30回以上も知人に貸し出されビデオや写真を持って帰ってきました。

最近知り合ったソープランドの店長の提案で、無償で働かせる遊びも考えております。
すでに店長やオーナーから講習を受けており、あとは実践でお客さんの相手をさせるだけです。

コメントを書く