【初体験】高根の花だった幼馴染みにムラムラして襲い掛かった結果・・・・・

※この体験談は約 4 分で読めます。

あれは、十年前、俺が中学二年生の時だった。
夏休みのある日、夏祭りがあった。
その日、俺は隣に住んでいた幼なじみと、祭りに行く予定だった。
その日は、2人とも両親が留守だった。

幼なじみの名前は坂本真由美。
現在は同じ中学で同級生。
容姿端麗、成績優秀で、特技は料理や裁縫などと、男にとっては理想的な女の子だった。

男子からの人気も高く、先輩後輩を問わず、何度も告白されているのに全部断っている。
(だけどいつかは真由美も彼氏が出来て、俺から離れちまうのかなぁ)
・・・と考えながら、俺は待ち合わせ場所で真由美を待っていた。

「遅くなってごめん。待った?」
ようやく真由美はやってきた。
黄色いTシャツに、赤いミニスカートだった。

髪型は、いつもは結んであるのに、今日は肩まで伸ばしている。
「おせぇよ。何してたんだ?」
俺は文句を言った。

「ごめん。そこで友達に会って話してたの。さっ、行こう」
真由美は、俺の手を握って歩き出した。
祭りの間中、俺は真由美の事を見つめてばかりだった。
今まで友達のように接していた真由美と、恋人の関係になりたいと始めて思ったのだ。


普段見ない服装が、その気持ちを固めたのだった。
祭りの帰り道、俺は真由美の家の前で、真由美と別れた。
「じゃあな」
俺は帰ろうとしたが、真由美に呼び止められた。

「ねえ、龍也(俺の名前)ん家は誰もいないんでしょ?家も、両親が朝までは帰ってこないらしいの。良かったらあがらない?ジュースでも飲ませてあげるよ」
俺は少し戸惑った。

「いいのかよ。女1人っきりの家に、男があがるんだぜ?」
「いいよ。龍也がいた方が、かえって安心するし」
俺は真由美の家にあがった。
真由美は俺を部屋に案内し、自分はジュースを取りに行った。

真由美の部屋らしく、きちんと整理整とんされている。
真由美が戻って来てからは、学校でのことなどを話し合っていた。
俺は、今まで気になっていた事を、真由美に聞いてみた。

「真由美ってさぁ、何で彼氏作らねぇんだ?聞いたぜ。また昨日告ってきた同学年の男子振ったらしいじゃねぇか。好きな男でもいるのか?」

俺は真由美が答えるのを待った。
真由美は、顔を赤らめていた。
「・・・うん。いるけど・・その人、私のことどう思ってるのか・・・」
真由美は小声で答えた。

「へぇ・・そう・・・」
俺の中で、何かが吹っ切れた。
俺は真由美に抱きつき、ベッドに押し倒した。

「きゃぁ・・た、龍也?」
俺は驚く真由美を無視して、Tシャツの上からオッパイを揉んだ。
結構大きくて、柔らかい。

「ちょっ、ちょっと待って・・な、何でこんな事するの?私の事好きなの?それとも・・ただ満足したいだけなの?」
真由美は俺の手を払いのけようとしたが、俺は離さなかった。

「お前の事は、好きだよ・・・。でも、俺なんかには興味ないだろ?」
俺は真由美が暴れ出すと思っていた。
ところが真由美は、両手を俺の首の後ろに回して、顔の目の前まで抱き寄せた。

「・・私も・・龍也の事・・好きだよ・・」
真由美は顔を真っ赤にしていた。

「小さい頃から・・ずっと・・好きだったよ・・。でも、言えなかった・・私の事、どう思ってるのか・・分からなかったし・・」
俺の体の中は、幸福感だけになった。

俺は真由美のオッパイから手を離し、思いっきり抱き締め、唇を重ねた。
俺が舌を入れると、真由美はすんなりと受け入れた。
唇を離して、俺は真由美のTシャツを脱がせようとした。

「ま、待って・・自分で脱ぐから・・龍也も・・裸になって・・」
真由美はTシャツとスカートを脱いだ。
真っ白なブラジャーとパンティーだった。

俺も服を脱ぎ始めた。
俺が全裸になった頃に、真由美も下着を全て脱いでいた。
俺は真由美を抱き寄せ、オッパイを揉んだ。

「胸でけぇな・・何カップだ?」
「・・Dカップ・・」
俺はオッパイを揉み続けた。
オッパイを吸うと、真由美は「ぁあ・・ぁん・・」とくすぐったそうな声を出した。

「・・お前・・初めてだよな?」
俺が聞くと、真由美は小さく「うん」と答えた。
「俺が初めての相手でも、いいか?」
「・・龍也じゃなきゃ嫌・・・」

俺は自分のチンポを真由美のマンコにつけた。
「愛してるよ、真由美」
「私もよ」
俺は一気に挿入した。

「痛い!」
真由美は悲鳴をあげた。
マンコからは鮮血が出ていた。
俺が腰を振ると、真由美は痛そうな表情になったが、必死で我慢していた。

「中に出すぞ」
俺が言うと、真由美は一瞬迷ったようだが、「いいよ」と答えた。
俺は中出しした。
それから数時間は、2人とも抱き合ったまま眠っていた。

目が覚めた時、俺の両親が帰ってくるかもしれないので、俺は服を着始めた。
「ねぇ」
真由美がベッドの中から話し掛けてきた。

「セックスしたから、私達もう恋人同士だよね?」
「ああ。それが噂になったら、俺は学校中の男子に袋叩きにされるだろうな」
「一生愛してくれるよね?」
「ああ」

俺は真由美の家を出た。
家に帰ると、すでに両親は帰っていて、遅くまで出かけていたということでこっぴどく怒られた。
それから高校を卒業するまで、俺たちは両親の目を盗んでは、セックスをしていた。

現在俺には、同い年の妻と2人の子供がいる。
妻は言うまでも無く、高校を卒業してすぐに結婚。

コメントを書く