息子と嫁(Hカップ)の異常な夫婦生活を見てしまい・・・・・

閲覧数: 2,998 views

※この体験談は約 4 分で読めます。

私(忠志)は今、62歳になります。
5年前に妻の病気の看病をするために退職し、2年前に妻は息を引き取りました。
今は、週3~4程度のアルバイトをしながら過ごしています。

妻が亡くなった3ヶ月後に一人息子が結婚しました。
その後すぐに子供もでき、息子たち家族と一緒に4人暮らしをしています。
今でも、せめて妻に息子の晴れ姿を見せたかったと思っていますが、こればかりは仕方ありません。

息子(久志)は今、36歳になります。
会社でも中堅の部類になり、毎日帰りが遅く、疲れているようにも見えますが、同じ男として、そういう時期もあるだろうと理解していました。

息子の嫁(杏里さん)は33歳になります。
結婚と同時に仕事をやめ、家事を一生懸命してくれています。
もちろん、私の話し相手も嫌な顔ひとつ見せずやってくれています。

孫もできて、家族仲良く順調に・・・と思っていたのですが、ある夜の日、見てはいけない光景を私は見てしまったのです。

実は私の家は昔からの古い家で平屋なのです。
息子夫婦には一番奥の部屋を使ってもらっているのですが、その手前が台所になっていて、私は夜、喉が乾き、お茶を飲みに行きました。


そして奥からは・・・夫婦の仲睦まじい行為の声が聞こえる・・・。
いや、それが違っていました。
杏里さんが息子に対して、もう少しかまって欲しいという話し声と、仕事で疲れていて拒否している息子の会話でした。

しばらく様子を窺っていると、なんと息子が杏里さんに黒光りしたバイブを手渡し、これで処理しろと、しかも見てやるからここでやれと命令していたのです。
杏里さんも拒否することなく、バイブを自らの恥部へと運びオナニーを始めました。

杏里さん自らバイブを出し入れし、しばらくしてイッたようですが、なんとその時には、息子があろうことが寝息を立て寝てしまっているのです。
杏里さんは泣きながら恥部をきれいに拭き取り、1人寂しく寝床についていきました。

私は自分の部屋に帰り、自分の息子ながら、激しい怒りを覚えました。
と同時に、恥ずかしながら、この年で久々に硬く勃起してしまい、オナニーまでしてしまったのです。

(これは、絶対に息子に罰を与えなければ・・・)
そういう気持ちと同時に、(杏里さんを私が満足させてあげなければ・・・)という相反する気持ちが湧いてきたのです。

実は3年前、息子が私たち夫婦に杏里さんの紹介しに連れてきてくれた日のこと。
暑い日にも関わらず、紺色の可愛いスーツ姿で来てくれた杏里さん。
横に妻がいるにも関わらず、私は杏里さんを女として、舐め回すように見てしまったのを思い出しました。

165センチで、モデルのような腰位置からの伸びやかな両脚。
スーツのスカートがフレアミニでセクシーでした。
それと、なんと言っても当時推定95センチ(Hカップ)の巨乳。

もう胸に釘付けで、ほとんどその時の話は覚えていません。
その日のことは後から妻より聞いたくらいです。
その日の興奮が、今もしかしたら自分の目の前で再現されるかもと思うと、その日はまったく寝付けませんでした。

次の日の朝、息子は普通に出社していきました。
杏里さんは、子供におっぱいをあげて寝付かせて、家事を始めていました。
私は杏里さんに近づき、直球で昨日の夜の事を聞きました。

いつから息子とあんな関係になっているのか?
いつからバイブで慰めさせられるようになってしまったのか?
杏里さんは、一瞬で涙を流し始め、詰まりながらも話し始めました。

結婚してすぐに妊娠がわかった時点で、息子がこれで自分の役目は終わったと言って相手にしてくれなくなったそうです。
それよりも会社が今大事な時期で、頑張れば出世できると言って、帰りも遅くなっていったそうです。

子供ができてからは一段と感度が上がり、ついに息子がバイブを2~3種類買い与え、息子の前でオナニーをする行為が始まったそうです。
話を聞いているだけで私の愚息は興奮し、昨夜の興奮と比べ物にならない勃起度となっていました。

私は何の躊躇いもなく、その硬くなった愚息を杏里さんに見せ付けることにしました。
そう、自ら穿いていたスウェットを脱ぎ、パンツもズリ下ろし、下半身丸出し状態です。
しかも亀頭は赤く充血し、先走った汁でテカっていました。

「杏里さん、これは息子に対する罰を与えるためなんだ。こんな美しい、できた妻をほったらかしにして、しかもいじめに近いだろう。だから罰として、杏里さんを私が気持ちよくしてやる。そして、2度と杏里さんが息子のチンポが欲しくならないくらいに、私が気持ちよくしてやる・・・。どうだ、この提案」

「お父様、でも私たち、そんなのいけない関係です・・・。できません・・・。しかも・・・、お父様」
「しかも・・・。なんだ・・・。はっきり言ってみろ」
「お父様の・・・、ものすごく・・・、長くて・・・、入りません」

「杏里さん・・・。何がどう長いんだ・・・。具体的に教えてくれないとわからないぞ」
「そんな・・・。お父様、意地悪です・・・。久志さんのより、ずっと、ずっと・・・。おちんちんが長いです。長くて先が張ってておっきいいです」

「そうか。それで杏里さんは、久志がまた相手してくれるのをバイブで慰めながら待つのか?それとも私の愚息を使って気持ちよくなりたいのか?どっちを選ぶのか?答えを決めてもらおうかな」

私はもう勝ちを確信していました。
もちろん杏里さんの答えは・・・。

「私・・・もうバイブでイクの嫌なんです。生のおちんちんでいっぱいかき混ぜられて、気持ちよくなりたいです。お父様、お願いです・・・。どうか杏里のやらしいオマンコをいっぱい突き刺して!お願いします!!その大きいおちんちんを私のモノにしてもいいでしょ!!」

そう言うと杏里さんは私の前に跪き、口で奥まで咥え込みました。
涎をいっぱい垂れ流しながら、美味しそうに咥え込んでいる顔がなんともやらしい限りです。
さらに私を仰向けにし、自らが上に跨がりインサートしてきました。

相当に溜まっていたのでしょう。
しかも、元々大きなおっぱいは子供ができてさらに巨大化していて、そのおっぱいの揺れが堪りません。
結局、私は杏里さんの中で爆発し、久々の中での射精でした。
今でも、隙を見ては関係を続けています。

 

管理人の戯言(´・ω・`)
寂しい老人の妄想かな・・・?

コメントを書く