【父娘相姦?】中学生になったファザコン娘に裸で迫ってこられた結果・・・・・

※この体験談は約 7 分で読めます。

会社の同僚や世のお父さん方は、娘が年頃になると「お父さん臭い」とか言われて一緒の空間にも居たがらないとよくボヤいているのを見かけます。
それがたぶん普通の事だと私も思いますし、そう思っていました。
実際に私の一つ上の姉も中学生の頃には父親を嫌がってるのを見ていました。
だから自分の娘が中学生になっても、今だに「お父さん大好き」と布団に潜り込んでくる事に戸惑っていたのです。

小さい頃から娘はお父さん子で、しかしそれも年頃になれば、他の家の子と同じ様に冷たくなってしまう、そう思っていたのですが・・・。
胸も膨らみ徐々に女性の体になっていっても、毛が生えて生理が来ても、依然として娘は小さい頃と全く同じで私に接してきます。
なぜか、下の毛が生えた時も、生理が来た時も、一緒にお風呂に入ってる時に娘の方から嬉しそうに教えてくれました。

他所の子なら、とてもそんな話を父親にするとは思えないのですが、あまりにも父親に対して明け透けで、年頃の子らしくないため、変な話、娘に精神的な障害があるのか?と心配もしました。
しかし、どうもそういう話をする相手は私だけのようで、クラスの子達は勿論、日頃内緒話をする妻にすら、そういう性的な話はしないようです。
ますます、なぜ私だけにそんな話をするのか不思議に思っていました。

娘とは今だに一緒にお風呂に入っています。
一度、体に変化が出てきた辺りで、「お父さんと入るの嫌じゃないのか?」と聞いてみたのですが、娘は「別に?なんで?」という感じで全く気にしていない様子。
そんな娘の態度に、それ以上突っ込んで言えませんでした。
なんだか色々やぶへびになりそうに感じましたので。


私たち夫婦は畳部屋の一階で、娘の部屋は二階のベッドなのですが、大体寝る時は私の布団に潜り込んできます。
「だってベッドより畳がいいんだもん」と娘は言いますが、「それならお母さんと寝なさい」と言っても、「お母さん、寝相悪いもん」と嫌がります。

まあ確かに妻は寝相が悪いし、それが理由で二人とも別々の布団で寝てるのですが、寝相の悪さなら娘も妻にそっくりなので、妻の方も、「私もあなたと寝ると夜中に蹴られるから嫌よ」と言うので、結局今だに親子3人川の字です。
TVを見る時も、私がソファーに座っていると、娘はごく当たり前のように私のすぐ隣りに、まるで恋人の様にべったり座ってきます。
おまけに手まで繋いでくるのです。

子供の頃なら「可愛いねぇ」で済んだのですが、さすがに最近は身長も伸びてきて、他人からどう見えるのか心配です。
妻はそういう私たちを見ても全く気にしてないようで、戸惑う私に、「よそのお父さんみたいに邪険にされなくていいじゃない」と言うばかりです。
こんな話をすると大体同僚連中からも、「いいじゃないか、うちの娘は俺の後の風呂にすら入らないぞ」と羨ましがられ、最後はなんか怒られてしまいます。

そんな事があって最近は、(こういう娘もたまにはいるのかな?良かったと素直に喜べばいいのかな?)と自分の中で整理をつけて過ごすことにしたのですが、私が拒んだり戸惑ったりしなくなると、娘の甘え方がますます酷くなってきました。
食事中、恋人がやるように「あーん」と口開けて食べさせてくれとせがんだり、週末も友人とは遊ばずに、頻繁に私と二人だけでドライブに行きたがったりするようになったのです。

私が、(これは何か違うぞ・・・)と感じ始めた時には遅かったかもしれません。
つい先月、妻がたまたま親戚の都合で家を二日間空けた土日に事は起こりました。
私と娘が食事の後、二人でソファーに座ってTVを観ていると、ふいに娘が私の股間(部屋着用の薄手のズボン)の上から手をそっと置いてきました。
私はハッとして娘の方を見ましたが、娘は笑いながらごく自然にTVを観ていて、まるで股間に手が触れていることなど気が付いていないように見えました。

私は少し体を動かして娘の手がずれるように試みたのですが、娘はべったり密着してる上、こちらが動くと娘もさりげなく動いて、いつの間にか手は元通り、私の股間の上。
私はトイレに行くふりをして、その場を離れました。
なんだか嫌な予感がありました。
トイレに入った後、洗面台で手を洗いながらどうしようかと考え込んでいると、なかなか戻ってこない私を娘が見に来ました。

「お父さん何してるの?映画始まるよ?」
娘が私の腕に抱きついて、引きずるように再びソファーへ移動。
そのままベッタリして、いつもの状態になります。
映画を観ている間も娘の手はそっと私の股間の上。
私は映画の内容などほとんど頭に入らず、ひたすらじっとしていました。

しかし男の悲しい性と言いましょうか・・・。
(ダメだ!)
頭では思っていても、(ダメだダメだ)と意識すればするほど、そこには確実に血液が巡って行きます。
娘はそれでも別に気にしていないようにTVを観続けています。
明らかに形も硬さも変わった私の股間の上に手を置いたままで、です。

「あんまり面白くなかったね」
映画が終わり、娘が股間に手を置いたまま、股間の異変に気がついていないように話し掛けてきます。
「うん・・・そうだね」
「お父さん、もう寝ようか?明日はお母さんを駅に迎えに行くんでしょ?」
「うん」

そう言って二人並んで歯を磨いて寝室へ。
娘も当たり前のように私の後ろについて来ます。
「今日はお母さんの布団を使ったら?」
「別にいいよ、お父さんと一緒で」
娘はさっさと私の布団に横になります。
それ以上言うこともないので電気を消して私も横になります。

もうさっさと寝てしまおうと思いました。
それからしばらく横になっていて私がウトウトしだした頃でした。
娘がゴソゴソと何かしている気配がして、暗い中目を開いてびっくりしました。
「おい、なんで裸なんだ・・・」
娘はいつの間にか着ていた物を全部脱いだ状態で、私の隣にタオルケットだけお腹に乗せて寝ていました。

「だって暑いんだもん」
「ならお母さんの布団で寝なさい」
「いや!」
今思うと、娘が私の言うことに「嫌」なんて言ったのは初めてのような気がします。
娘は裸のままギュッと私に抱きついてきました。
「こら、年頃の娘がはしたない!」
娘を引き剥がそうとしますが、そうすると必然的に裸の娘に触れることになります。

「家族だから別にいいでしょ・・・」
娘は強引に抱きついて離れまいとします。
「家族でもダメだよ、こんなのは!」
むしろ家族だからこそダメなのです。
「お父さんは私のこと嫌いなの?」
娘はなぜか涙目です。

「そういう問題じゃないだろう」
心のどこかで恐れていたことが現実に起こっていました。
「お父さんの事、大好きだもん」
畳の上を尻餅で後ずさる私に娘が必死にすがりついてきます。
「お父さんもお前の事は大好きだけど、これは間違っているよ」
「なんで?」
「なんでって、お父さんはお前のお父さんだぞ」
「関係ないもん!」

娘は強引にキスしようとしてきました。
「いい加減にしなさい!」
私は咄嗟にそんな娘の頬を平手で叩いていました。
「なんでよ!!」
この時の娘の顔は今でも忘れられません。
まるで暴力男に捨てられそうな時の大人の女のように赤くなった頬を手で押さえて、睨みつける目にはいっぱいの涙が溢れ出していました。

「す、すまん・・・」
娘を初めて叩いてしまった事と、初めて娘に睨みつけられたことで、私は思わず謝っていました。
「お前をこういう風にしてしまったのは、たぶんお父さんのせいなんだろうな。お前が甘えてくるのが嬉しくて、ついついお父さんもそのままにしてきてしまった。どこかで、もっと早いうちに突き放すべきだったんだろうな・・・」
私が話す間、娘はずっと泣きながらじっと私を睨みつけていました。

「明日からは二階の自分の部屋で寝なさい。お風呂も一緒に入るのはやめにしよう」
私がそう言って娘を自分の部屋に連れていこうとした時でした。
「やだ!!やだ!!!」
娘は今までにないくらいに取り乱して私にしがみついて抵抗しました。
正直、なぜ娘がここまで私に執着しているのかは、未だに振り返っても全く解りません。

私は特別顔が良いわけでもないし、スポーツや勉強が得意というわけでもありません。
ごく普通のどこにでもいるサラリーマンです。
世の娘さん達が理想にするような父親像とは全く異なります。
とにかく娘が必死に暴れていて、男の力で強引に取り押さえると怪我をさせそうで、元々体罰の経験がない私は部屋から追い出すのを諦めて、とりあえず娘を落ち着かせることにしました。

随分迷いましたが、裸のままの娘にタオルケットを掛けて抱き締めて、幼い頃にしたように長い時間背中を擦ってやりました。
そのうち娘は泣き疲れて私の胸の中で寝てしまいました。
寝顔は泣き腫らしたようになっていて、私が叩いた跡が薄っすらと赤く腫れていました。

娘が愛しい事は変わりませんし、正直男としてここまで思ってくれているのは嬉しい気持ちもありました。
しかし、自分の娘に手を出すなんて事は私にはできません。
私はこの子の全てを見てきましたが、一度としてそんな気持ちを抱いたことが無いからです。

翌日、私が眠れないままソファーでコーヒーを飲んでいると娘が起きてきました。
どこかバツが悪そうに泣き腫らした顔で・・・。
そんな娘を見ていたら、ずっと昔、一度だけ強く叱った次の日もこんな感じで起きてきた娘を思い出しました。
あの時、私の方から娘を抱き上げて、頬にキスをしたことを思い出しました。
あの頃からずいぶん大きくなったけど、私の気持ちはあの頃のままです。

「おいで・・・」
私はそう言うと、あの日と同じように両手を広げて娘を呼びました。
娘は無言でそっとそばにきて、私に抱き締められると、「お父さん・・・ごめんなさい」と、あの日と同じ様に謝りました。
それからは、娘が私に必要以上にベタベタすることはなくなりました。
お風呂も一人で入っています。
布団にも潜り込んできません。

「やっとあの子も年相応になったのよ。だから言ったでしょ、あなたは心配しすぎだって。それに、いざこうなっちゃうと寂しいんじゃないの?」
何も知らない妻は私をからかいます。
そんな妻に「そうだね」と苦笑いで答えました。
今の私の毎日の楽しみは、唯一娘が以前と変わらずベッタリしてくるTVの前になりました。
もちろん、もう娘の手は股間には来ません。
手は繋いでますけどね。

あの日の事は娘と私の一生の秘密です。
「いつか、お父さんみたいな人と結婚する」
娘が冗談まじりに言いました。
「ばか、お父さんよりいい男と結婚して老後は楽させてくれ」と私が言うと、「それじゃあ私、一生結婚できないよ」と娘は笑いました。

終わり。

コメントを書く