移動弁当販売の人妻パートとトイレで中出しセックス・・・・・

※この体験談は約 3 分で読めます。

釣りの潮待ちと小雨回避で、いつもの公園の駐車場に向かいました。
日頃はガラガラなのに、その日は隣の広場でグランドゴルフの練習があるみたいで、じいちゃん達の車が沢山停まってました。
(小雨降るのによくやるなぁ)なんて思いながら、ついつい寝てしまいました。

2時間程してから、喉の渇きと便意を感じ、駐車場内の公衆便所と自販機を利用しようと起き上がると、周りには車がほとんどなく、朝から居たのは2台横のじいちゃん達に弁当を売りに来たであろう移動販売の弁当屋の車と自分の車だけになってました。

とりあえず用を足し、飲み物を買ったんですが、空腹だったので弁当を買うべく車に近づき、たぶんシートでくつろいでいるであろうオヤジに声をかけました。
「すみません!弁当まだありますか?」
すると、「あらごめんなさい!お弁当全部売れちゃったの・・・パンなら1つあったかな?」と、女性が顔を出したのです。

てっきりオヤジだと思ってたのに、なかなか綺麗な30歳位の女性。
びっくりしましたが、とりあえずパンを買い、「グランドゴルフで弁当売れたみたいですね!」と話しかけたらなかなか気さくな女性。

思ったより売れたから昼ご飯食べながらくつろいでいた事、3時前に会社に帰ったら雑用回ってくるから時間潰ししてた事、旦那が夜遅くまで帰って来ない事、子供のお迎えが5時である事なんかを話してくれました。
「自分も潮待ちと雨降り回避で時間潰ししてるんで、良かったら話でもしますか?」とダメ元で誘うとOKの返事。
小さい屋根のあるベンチで話をする事にしました。


話していたら、雨足がどんどん強くなりベンチが濡れだしたので、とりあえず雨宿りをする事にしたのですが、車まで遠かったので近くの屋根の広い公衆便所に移動しました。
お互いにずぶ濡れになり、「あらら・・・濡れちゃいましたね・・・」と彼女を見ると、持っていたタオルで髪を拭いていました。

その仕草が可愛らしく、また濡れた白いポロシャツから透けて見える下着、張り付いたパンツから浮き出た下着のラインに興奮し、恥ずかしながら勃起してしまいました。
すると彼女が、「あら、私ばかり拭いてごめんね!」と髪を拭いてくれ、続けて身体も拭いてくれたのですが、彼女があまりに身体を近づけるものですから勃起したイチモツが彼女に触れてしまいました。

恥ずかしさに硬直していると、「あらっ・・・」と彼女は笑い、右手で体を拭きながら、左手でイチモツを擦ってきたのです。
しばらくなすがママにされていましたが、我慢できなくなった自分は彼女の手を取り、無言で女子トイレの中に・・・。
個室に入った時にはもうお互いに言葉は要りませんでした。

抱き締め合いキスをした後、2人共服を脱ぎ、首筋を舐めながら秘部を弄ると、すでに溢れんばかりの蜜が出ていました。
彼女の片足を便座に掛け、下から秘部を舐めあげ、硬くなったクリを転がし、吸い上げ、同時に指で膣内を刺激しました。

雨で元々人があまり来ないとは言え、そこは公衆便所の中。
お互いに声を我慢したのが尚更快感だったのでしょうか?
いくらもしない内に、私の頭にしがみついたまま彼女は身体を硬直させ果ててしまいました。
すぐさま彼女を抱え上げて壁に押し付けると、いきり立ったイチモツを挿入しました。

「ああっっ・・・」
流石に彼女も声が出始め、身体も更に反応してきます。
ひとしきり攻め立てた後、自分が便座に座って彼女を跨がらせ、上で動いてもらいながらキスをし、乳房を舐め、クリを刺激しました。

自分で動いていて彼女は再び果てたようでした。
バックで攻め立てた後は、駅弁スタイルに。
思いっきり下から突き上げ、三度目の彼女の絶頂と共に膣内に射精しました。
彼女が果てた時の膣内の収縮が何度もイチモツを吸い上げ、自分でも驚く程の快感と共に、大量の精子を彼女に注いでしまいました。

その日、連絡先も交換したので、また会うのが楽しみです。
人妻に中出しは流石にまずいから、次はゴム着用でいきたいと思ってます。

コメントを書く