彼女と別れた俺に、先輩女「私の巨乳揉むか?」→揉んでみた結果・・・・・

※この体験談は約 4 分で読めます。

僕には入社以来、仲の良い女の先輩がいた。
一緒に飲み行ったり、映画行ったり、遊びに行ったり、自宅でまったりしたりしていた。
でも不思議と男女関係にはならずにいた。
ただ会社の人間は誤解していた人もいたし、恋人がいるときは先輩が原因で喧嘩になったりもした。

一般的には、若い男女が自宅に二人きりで一晩中お酒を飲んで、というのは浮気を疑われても仕方ないレベルだと思うし、先輩の方も何度か恋人から疑われたことあったみたいだが、だからといってセーブしようとも思わなかった。
むしろ、(悪い事してないのに何で疑われるんだよ!)って気持ちが強かった。

本当に先輩を女と感じなかったから、下ネタも平気でしてた。
俺が『彼女のアナルに指入れたら怒って帰った』って言えば、先輩は『彼氏に初めてが欲しいと言われてアナルを捧げたら、処女喪失より痛かった』って返してきたりして、本当にその頃は同性の友達みたいな感覚だった。

そんな関係が5年も続き、僕は27歳、先輩は29歳になっていた。
先輩はフリー、僕には当時すでに結婚を前提に同棲していた彼女がいて、お互いの両親にも挨拶を済ませていた。

でも些細なことから彼女と大喧嘩して別れてしまった。
正直後悔していたが、謝る気にはなれなかった。
ただ自宅に帰ると彼女の私物があり、彼女との生活が思い出され落ち込み、でも飲みに行く気にもなれなかった。


ある日、自宅に帰ると彼女の私物がすべて無くなっており、替わりに別れの手紙が置いてあった。
僕は完全な終わりを認識した。
泣きそうになるのを堪えてたとき、玄関のチャイムが鳴った。
出るとそこには先輩がいた。

「彼女がいるから遠慮してたけど、いないから遊び来てやった。最近、飲みに誘っても来ないし」
僕は先輩を見て、堪え切れず泣いてしまった。
先輩は軽い料理を作ってくれ、僕は飲みながら彼女への不満をぶちまけた。

先輩は話をちゃんと聞いてくれて、その内に僕の気持ちも晴れてきた。
軽口を叩けるようになった頃・・・。
「お前、急に女日照りなったから溜まってるだろ?先輩の巨乳でも揉むか?」
・・・と、先輩が冗談を言ってきた。

「巨乳ってどうみてもヒンヌーだし」
先輩は常々自分で『巨乳』と言っていたが、ほっそりとした体つきから信じてなかった。
「いや、これはマジ」
「嘘でしょ」
埒が開かないので、冗談で触ってみた。

するとそこには、確かな手応えが・・・。
Dカップの彼女並みか、それ以上・・・。
「おいおい揉みすぎ」と言われても、手が止まらなかった。

揉み揉み・・・。
「おい、それくらいに」
揉み揉み・・・。
「ちょっとま・・・て・・・」
揉み揉み・・・。
「いいか・・・げ・・・ん・・・」
揉み揉み・・・。
「あんっ!」

服の上から乳首をなぞると、先輩もついに声を上げた。
その声を合図に、僕は先輩の背後に回り込み両手で揉みまくった。
僕が揉みまくっていると、先輩の顔がさらに上気してきて、ハァハァ言い始めた。

僕は先輩の下腹部に手を伸ばそうとした。
すると先輩は僕の手を止めて振り向き、今まで見たことの無いような表情で「お風呂入・・・ろ・・・う」と言った。

僕はその顔に興奮し、ソッコー湯船にお湯を溜め始め、服を脱ぎながら先輩の着替えを見ようとした。
すると先輩は「恥ずかしいから見ないで・・・」と呟くように言った。
もうそこには、アナル喪失話を恥ずかしげもなく披露していた先輩はいなかった。

僕が見ていると本当に脱ぎそうに無かったので、風呂で待つ事にした。
しばらくして先輩が風呂に入って来た。
一緒に湯船に浸かり、先輩の後ろに座りさっきの続きを始める。

ここで僕は大事な事に気付き、先輩に言った。
「キスしていいですか?」
先輩は答える替わりに顔を後ろに向けた。
半開きの唇がエロい。

僕はキスしながら乳を揉み、ついにアソコに手を伸ばした。
今度は抵抗しない。
そしてついに先輩のアソコに触れた。
そこは、湯船に浸かっているのにヌルッとした液体に覆われていた。

先輩も感じている!
何故かその時までなんとなく半信半疑だったのだが確信(安心?)し、キスを中断し、こう告げた。
「先輩のアソコ、ヌルヌルしてます」
「あなたこそ凄いわよ」

言われるまで気付かなかったが、僕もフル勃起どころかはち切れんばかりに勃起していた。
恥ずかしさを隠すように、先輩のクリをツーっとなぞると先輩は声を上げた。
僕は、その声を聞いて挿入したくなり、「風呂から上がりましょう」と言った。

結局体は洗わずじまいだったが、そんなのどうでもよかった。
体を拭いているときにチンコを見ると、我慢汁が床に着きそうなほど滴れていた。
お互いほぼ無言で体を拭き、ゆっくりベッドに入った。

ベッドに入った途端、お互い貪るようにキスをし、体を愛撫しあった。
手マンしながら乳を舐めてると、先輩すかさずチンコをシゴいてくれたり舐めたりしてくれて、(テクあるな)と感心した。

そしてついに挿入。
先輩の膣内は待っていたかのようにギチギチと締め付け、僕はあっという間にイッてしまった。
しかし僕のチンコはおさまる気配を見せず、結局朝まで5回もしてしまった。

明け方、ベッドで横になりながら僕は先輩に言った。
「僕と結婚しませんか?」
先輩はちょっと考え、こう言った。
「いいけど、条件があるよ。彼女に謝罪する事。そして話し合う事。それできちんと別れたらいいよ」

その日はそれで終わり、先輩は帰った。
僕は先輩の条件を呑んだ訳ではなかったけど、彼女にメールした。
彼女も僕に罪悪感を感じていたようで・・・僕は彼女とヨリを戻した。

僕は先輩に謝罪と、お詫びの為に食事に誘った。
しかし先輩は断り、「もう男女の関係になったんだから無理だよ。彼女に悪いよ。大丈夫、結婚の話は信じてないから」と言った。

それから僕は彼女と結婚し、先輩も三年後結婚して寿退社した。
寿退社する時、先輩は僕に「あの時は冗談だと思ってたけど、30手前だったから動揺したよ」と告げた。

今でも先輩とは年賀状のやり取りは続いているが、一度も会ってない。

コメントを書く