【羞恥】義兄の前で思いきりお漏らししてしまったJCの私・・・・・

※この体験談は約 2 分で読めます。

今、24歳です。
昔あったお漏らしの事をお話しします。

中2の時の事です。
私に義理の兄ができました。
親が再婚してついてきた、1歳上の人です。
ママを義兄に盗られた気がして、冷たく接して言いました。

そんなある日、体育の授業で50m走をしました。
私のタイムは12.98秒とクラスでは速い方で、その日も全力で走り、良いタイムを出しました。

しかし、全力を出しすぎたのか、急に尿意が襲ってきました。
急いで先生に伝え、トイレに行きましたが、そこに兄がやって来ました。

兄「どうした?具合悪いのか?」
私「ただのトイレですっ」(足モジモジ)
兄「いや、顔色悪いぞ!保健室に行こう!」
私「いや・・・っ、あのっ、も、漏れ・・・そっ、だか、らぁ・・・」


限界でした。
しかし男の子の力には勝てません。
そのまま保健室のベッドへ・・・。

兄「保健の先生呼んでくる」
(呼ばなくていいです)

1ミリでも動いたら漏れそうな状態。
必死で回りを見渡すとビニール袋が!!

3枚くらい重ねてその中にしようとしました。
ジャージを脱ぎ、パンツを下げ、袋に・・・、というところで兄が。

私は下半身裸で袋を手に持っている状態でお漏らし。
兄は私のアソコをガン見。

急いでパンツを穿きました、が、おしっこでベチャベチャなので割れ目がくっきり。
恥ずかしいのと、早くこの場から立ち去りたいのとで私は・・・。

「おしっこ・・・あぅっ、見ないでっ!パンツ・・・っ、食い込んで・・・。お漏らし・・・いやぁっ私、も、もう2年生いや、おしっこ・・・はぁん・・・パンツ・・・あうっ見ないでぇ・・・」

・・・と、意味の分からない言葉を発しながらジャージを穿き、カバンも置いたまま家に帰りました。

結局、私は具合が悪くて早退した事になり、カバンは兄が持って帰ってくれました。
その後は学校では何もなく、家では兄とも打ち解け、今は普通に暮らしています。

コメントを書く