同じマンションの同棲してる美女二人の関係が気になって・・・・・

※この体験談は約 2 分で読めます。

うちのマンションはコの字型で、空間を挟んだちょうど真向かいの部屋に、女性が独りで住んでいた。

年齢は20代半ばから後半くらいか。
ショートカットで、目が大きく、キリッとした顔つきの綺麗な人だ。
背は165センチ位だろうか。
あまり化粧も濃くなく肌は白く、綺麗。
いつもジーンズを履いていて、スカートを履いてるのはあまり見たことがない。

細身で、巨乳巨尻ではないが、バランスが取れていて、胸やケツはでかけりゃいいってもんじゃない、と思う。
夏場は、薄手のニットや、Tシャツなど、ボディラインの浮き出る服装はよく似合って、『綺麗なお姉さん』ってやつだね。

エレベーターや外ですれ違うと必ず「おはようございます」「こんばんわ」と挨拶してくれる。
その声がちょっと鼻にかかっていて、甘ったるくて、外見とのギャップに『萌える』という単語はこういう時に使うのか。

かったるい朝、仕事に行く前に運良く彼女に会うと、それだけで気分が軽くなった。
一年くらい前から、時々もう一人の女性と一緒にいるところを見かけるようになった。


その女性はたぶん20歳くらい。
大学生のようにも見える。
女性というより女の子っていった方がいい。

その子がまた可愛くて、身長は170センチはあるだろうか。
細くて手足が長くて、顔も小さくて、いかにも今時の女の子。

最初は“姉妹かな?”と思ったが、二人とも美人ではあるけれど、全然似ていない。
友達にしては歳が離れているようにも思える。

そのうち、その子が朝早くからその部屋から出てきたり、夜遅く帰ってくるのを見かけるようになった。
どうやら一緒に住んでる?
休日に近くのスーパーで、二人仲睦まじく買い物していたり、夜に二人で帰ってくるのをよく見る。

お互いに「◯◯ちゃん」と名前で呼び合ってるのも耳にした。
まるで恋人同士のよう・・・ってか恋人同士以外の何ものにも見えない。

で、この間のバレンタインの日。
仕事から帰ってくるとエレベーターで彼女と一緒になった。
「こんばんわ」と挨拶しあう。

彼女は手にケーキらしい包みを持ってる。
あの子におみやげかな?
同じ階で降り、「おやすみなさい」と言葉を交わす。

「ただいま」とドアを開け、何気なく向かいの部屋の方を見ると、彼女もちょうどドアを開けて、部屋に入るところだった。

女の子が玄関まで出迎えていたようだ。
ドアが閉まる直前だったから、ハッキリとは見えなかったけど、女の子の方が彼女の首に腕を回して抱きついていた。

二人の顔は近づいていて、ドアが閉まった後、たぶんキスしていた、と思う。
やっぱりレズビアンカップルですか・・・。

レズカップルってのは、美形カップルなんてそうそうおらず、よくて宝塚の男役みたいな人ばかりで、フツーに美女同士可愛い同士カップルってのは映画の中だけとか思ってたんですけどね、いるんですね、現実にも。

その夜、その子達と3Pしている妄想全開の夢を見て夢精してしまいました・・・。
結婚五年目の嫁さんには「あんた一体どんな夢見てたの?」と呆れられましたw

コメントを書く