【愕然】毎日痴漢され続けた結果→ついに我慢できなくなった痴漢が・・・・・

※この体験談は約 3 分で読めます。

東仙台に住んでいる18歳です。
今年高校を卒業しました。
今年から東京にいくので、もう乗る事もないと思うので告白します。

通学していた東北本線で毎日、同じ人に痴漢されてました。
高2の夏から、今年の1月までほとんど毎日・・・。

30歳ぐらいの人で、いつもは7時35分の電車に、階段の下辺りから乗ってたんですけど、29分とか12分に乗っても、なぜか気がつくと後ろにいるの。

制服のスカートが短かったんで、電車に乗るとすぐに手が入ってきて、色んなとこ触られて・・・。
最初の頃はビックリして、ブルマを履いたりしてたんですけど全然ダメでした。

逆にブルマ履いてる時の方が過激な事されたりして、高3の時はほとんど諦めてされるがままみたいな。
電車に乗ってる時間、7~8分だけだしとか思って。


今年の1月の雪の日でした。
その日は電車が遅れてきて、いつもより混んでたんです。

後ろからいっぱい乗ってきて、車両連結部の近くまで押し込まれて、いつもの通り、痴漢の手がスカートの中に入ってきたんですけど、その日はなんかすごく過激で、いきなり両手でパンツ下ろそうとしてきて・・・。

あたしスカートの上から手で押さえようとしたんですけど、ダメでした。
もう、「キャー!」って感じ。
心の中でですけど。

その後は、直に触られ放題・・・。
もう、早く仙台駅についてー!って思ってたら・・・。

「ただいま停止信号の為、しばらくお待ち下さい」
電車止まっちゃったんです。
もう気が遠くなりそう。

(アレ?)
ちょうどお尻の割れ目の辺りになんか熱いものが・・・。
ちょっと、嘘でしょ・・・。
おチンチンをズボンから出して、お尻に押し付けてるの。

ビックリして体をずらそうとしたんですけど、痴漢に両手で腰の辺りをガッチリ掴まれてて身動きが取れなくて・・・。
先っぽが、あたしのアソコの入り口の辺りを行ったり来たりしてる。

(・・・ダメー入れられちゃうー!)
そう思ってあたし、足を伸ばしてお尻を出来るだけおチンチンから遠くにして入れられないように踏ん張ってました。

そしたら、凄い力で両手で引き寄せられて、お尻を突き出すみたいな格好にされちゃって・・・。
アッて思った瞬間、先の方が中に入ってきました。
思わず声が出そうになって、着ていたPコートの袖を噛んじゃいました。

ゆっくり、ゆっくり奥まで入れてくるんです。
あたしは、下を向いて、ずっとコートの袖を噛んでました。
(・・・お願い!電車早く発車してー!)

「この先の踏切で故障が発生しました。安全確認が取れるまでしばらく停車致します」

電車が止まっている間、他の人にバレないような動きで、ゆっくりゆっくりするんです。
電車は15分経っても発車しなかった。
正直、早く発車してー!って思う気持ちと、まだ発車しないでって気持ちが半分半分ぐらいになってました。

「大変お待たせしました。安全確認が取れましたので発車致します」

ガクンって揺れて電車が発車すると、電車の揺れに合せてズンズンってされて・・・。
(でも、あと3、4分で駅に着いちゃうな・・・)
駅に着く直前、彼の動きが急に早くなって、後ろからあたしの耳元に・・・。

「で・・・でる・・・」

・・・あたしも、夢中でお尻を突き出してました。
ドクンドクンって、あたしの中に・・・。
生まれて初めて中に出されて、生まれて初めてイッちゃいました。

彼は、あたしのパンツをちゃんと履かせてくれて、逃げるように電車から降りていきました。
あたしも、放心状態のままフラフラ電車を降りてベンチにしゃがみこみました。

彼のが流れ出てくるのが分かりました。
凄い量だったみたい。
パンツから溢れたのが、お尻を伝わってスカートまで・・・。

当然その日は学校を休み、家に帰っておかあさんにバレないように洗濯して、アイロンをかけました。

次の日から、その痴漢の人と会わなくなっちゃいました。
悪いと思ったのかな?
・・・別に良かったのに・・・妊娠もしなかったし・・・。

本当の事言っちゃうと、もう1回会いたかったな。
あのまま誘われたら、ホテルとか付いて行ってたかも。

コメントを書く