【唖然】彼氏の浮気相手を輪姦させる自分勝手な女・・・・・

※この体験談は約 3 分で読めます。

少し昔の話ですが、友人の彼女として“和歌子”と知り合いました。
会ったときの感想は胸の大きさにびっくり・・・。
Eカップはある巨乳でした。

そんな和歌子と仲良くなった頃、町で偶然会い、友人には内緒で携帯番号を交換。
しばらくするとメールを頻繁に行うようになりました。
和歌子は、まだ処女だったようですが、高校生の頃から近所の爺にいたずらはされていたようだ。

メールでそんな暴露話をするほど仲良くなり、そのうち友人には内緒でアパートへ来るようになり、エロ話でよく盛り上がっていました。
エロ話で盛り上がればチャンスも当然到来し、関係を持ちました。

ただ最後まではやらず、クリ責めで遊んでいました。
いつしか潮も吹くほど開発してしまい、我慢も限界でしたが最後の一線は超えることなく日々は過ぎていきました。


夏になり、私の友人たち5人と、和歌子と、和歌子の友人の女の子が1人とキャンプに行きました。
キャンプ地でも和歌子とは夜中の寝静まった頃に抜け出し、湖畔の東屋でクリ責めでいかして遊んでいました。

和歌子も満足し、テントに戻ると女の子が居ませんでした。
周囲を探しに出るとどうも車に人影があり、覗くと和歌子の彼氏と真最中でした。
和歌子は、彼氏に裏切られたのが頭にきたのか、カンカンに怒っていました。

様子見ていると彼氏のみテントに戻るようで、私は和歌子に言われて車をノック。
女の子は、びっくりしていたが、「テントで寝れなくて・・」っと言い訳していましたが、和歌子が居るのがわかると泣き出しました。

そんな女の子を和歌子は叩き出し、和歌子から逃げる回るうちにお尻を叩かれる格好になっていました。
散々叩いた後、スカートを捲りパンツを下ろして、生尻を赤くなるまで叩き続けました。

女の子は謝っていましたが、和歌子は叩くことはやめずにいました。
和歌子が叩くのをやめたとき、女の子もぐったりしており、お尻突き出した格好でマンコ丸出しでした。

和歌子が小さい声で、
「このヤリマン犯して・・」
確かにやれそうだし、和歌子はやらしてくれてないので息子は準備万端。

早速息子を静かに出して和歌子と入れ替わり「大丈夫?」と声を掛けて起こす感じで、体を支えてあてがうと一気に挿入。
さっきまでしていたせいかすんなり・・・。

散々ぶち込み、最後は外に出そうとした時、和歌子が「中に出して・・」。
まあいいかと思い、中出し。
女の子もどうも逝ったようだ。

和歌子は外に出るとテントへ帰りだした。
彼氏を今度は叩くのかと思っていると、彼氏以外の男共だけ起こしている様子。
和歌子は男共に「ヤリマンが車でやりたがっているから、廻して欲しい」と、女の子ことを話したようだ。

男共は、和歌子に言われるままに車のほうに連れて行かれ、女の子は車から出るところだった。
和歌子は「彼女はレイプされるのが好きで、嫌がるけど本当は楽しんでいるからそのために今日も来たんだから。あっ、それと彼女今日安全日だから中出しがいいと言ってたよ・・・じゃあ」なんて男共に伝えると物陰へ。

男共は半信半疑だが、男の一人が女の子に話をしてどうやら車に乗りんだようだ。
しばらくすると車が揺れだし、男だけ降りてきた。

その男が他の男共に、
「確かに嫌がるけど和歌子の言うとおりヤリマンだよ、いい声で鳴くし、次行けよ」
次の男が車に乗り込み、しばらくすると車は揺れだした。

中を覗くとバックでやってる。
男共は、待ちきれなくなり中に乗り込もうとしたが、そんなに中が広いわけがなく、終わるのを待って女の子を外に連れ出し、先ほど和歌子と楽しんだ東屋でやり始めた。

かなり時間が経ったのか外は明るくなってきて、男共はテントへ、女の子は置いてかれました。
和歌子は満足だったでしょう。
その様子を見ると「車で寝る」と言い、寝てしまいました。

数日後、女の子は友人たちのセフレとなり、よく和歌子と見学していました。
和歌子は彼氏とは別れましたが、結局最後までは出来ないままでした。
ただ、今でもその時の女の子はセフレとして付き合っています。

コメントを書く