年下の彼女に童貞だと言えないままエッチに突入した結果・・・・・

※この体験談は約 5 分で読めます。

大学入学当時、童貞だった俺は、毎日のようにアクセスしていた携帯チャットサイトの友達である美紀と、他数名のチャット友達とで大阪OFF会をした。

美紀は俺より一つ年下の高3。
とても背が高く凛とした顔立ちの美少女だった。
当然、血気盛んな俺は鼻息を荒くしていた。
一目惚れだった。

その晩、みんなで酒を飲んでから解散ということになっていたのだが、俺はカッコつけて酒をガバガバ飲んで、ダウンしてしまった。

あまり記憶に残っていないが、なんとか電車に乗せてもらったらしく、途中まで路線が同じだった彼女が介抱してくれたのだそうだ。

その詫びをしたいということもあって、後にメールアドレスを交換し、何度か会うようになって、初夏に俺たちは付き合うことになった。


でも俺は、自分が童貞だと言うのが恥ずかしくて美紀には百戦錬磨ぶっていた(イタいね)。
彼女とは付き合うようになる少し前から、カラオケボックスで度々エッチなことをしていたから、本番もなんとかなると思っていたんだ。

そして、夏の暑い日にとうとうラブホに入った。
カラオケボックスで予習したのはキスと胸、マンコの愛撫まで。
マンコも、指こそ入れたが、下は未だに生では見たことがないという有り様。

手が震えそうになるのを必死にこらえながら、すげードキドキしつつ、彼女をベッドに押し倒した。
遂にセックスができるという喜びよりも、いかに童貞であることを悟られずに済ませるか・・・。
その気持ちの方が遥かに強かった。

ぎこちないディープキスしながら、なかなか外れないブラのホックにイライラ。
彼女は「もう、雰囲気台無しやんw」と笑いながら、ホックを外すのを手伝ってくれた。

それによって立場が悪くなったと感じた俺は、軽くパニックになって乳を揉むのも忘れて彼女のパンツを引っ剥がす。
照明の落とされた薄暗い室内でさえ、初めて見る生マンに圧倒される。

出来るだけ心を落ち着けて、カラオケボックスでやったようにしてやる(彼女はクリ派)。
次第にしっとりと濡れ始め、彼女が甘い声を漏らし始めた。
少し安堵。

こっちも緊張はしていたが、体は正直で幸い勃起していた。
俺も心に余裕が出来てきたので、気持ちよくなりたくて、彼女の体に股間を押しつけていると、それを察してズボンの上から手で刺激してくれた。

今まではこちらが触る一方で、触ってもらったことはなかったから、思わず仰け反った。
彼女はクスッと笑ってズボンとパンツを脱がし、直にしごいてくれた。

その後は「大好き」って言いながらフェラもしてくれて、俺はこいつを一生大事にしようとか、そんな馬鹿なことが頭をよぎったりしていた。
お互いの興奮がマックスになってきたのは、なんとなく分かった。

だから俺は枕元のゴムに手を伸ばそうとしたら、やはり彼女がそれを察して装着してくれた。
十分に勃起している、これならいける。
そう思った。

チンポの根元に手を添えて、亀頭をマンコに宛てがう。
その瞬間、彼女の体がピクッと跳ねる。
亀頭に愛液を馴染ませるように、グリグリと擦りつけてやる。

わりとその時の心境は冷静だったと思う。
その後、腰を落としてゆっくりを前にのしかかるように体重をかけると、ほんの少し抵抗があった後すぐにスルリと入った。

俺の童貞喪失の瞬間である。
ちなみに美紀の男性経験は、それまでに二人だということだった。
チンポが根元まで入ったのを確認すると、俺は彼女の腰に手を当ててピストンを・・・しようとしたが、上手くいかない。

今でこそ分かることだけど、当時AVでしかセックスを知らなかった俺は、正常位といえば男が女に覆いかぶさらずにするものだと思っていた。
だから体を立てた状態で腰を動かそうとするんだけど、どうにも上手くいかない。

ヘドバンのごとく、上半身だけユッサユッサしてる感じで腰が動いてない。
これはマズイ・・・。
焦りは禁物で、チンポが萎えてくるのが分かった。
そうなると余計にテンパってしまい、悪循環に陥る。

ほどなくして、俺のジュニアは、ほぼ中折れ状態と相成った。
さすがに彼女も異変を察していない筈がなく、最初の方は目を閉じてそれっぽい表情をたたえていたが、途中からこちらをチラチラ見るようになり、そして一言、「大丈夫?」と心配そうに言った。

チンポだけでなく、心まで折れそうになった瞬間である。
もうダメだ・・・。
観念した俺は、おずおずと本当のことを彼女に打ち明けた。

「実は俺、今日お前とするのが初めてやねん・・・ごめん」みたいな感じで。
そしたら彼女は、またクスリと笑って、
「うん、そっか。じゃあ私が教えてあげる」

この時の彼女の表情と、声のトーンは多分一生忘れない。
「何もかも全部分かってたよ、頑張ってくれてありがとうね」って聞こえた。俺には。
なにもかもお見通しだったんですねってw

彼女はフニャチンにへばりついてるゴムを丁寧に取って、もう一度フェラしてくれた。
「緊張しなくていいよ」
もう、なにがなんだかw

彼女の丁寧なフェラで再び元気を取り戻した俺の分身は、彼女の細く長い指に誘われてマンコに入った。
今度は彼女が俺の上に跨る形だ。

美紀はしばらくはゆっくり上下にゆっくり動いて、互いの性器を慣らしていった。
馴染んでくると、両手を俺の胸について、今度は前後に動いた。
俺の上で艶かしく動く肢体の陰影が印象的だった。

ほどよい快感に支配され、緊張も次第に薄らいでいった。
やがて美紀は俺の体に完全にしなだれかかり、体重を預けてきた。

美「動ける?」
俺「やってみる」

美紀は少し腰を浮かせて、俺が動くためのスペースを作ってくれた。
上手くいくか不安だったけど、彼女の背中に手を回し、ひとつになろうと腰を突き出した。
素早く動かすのは難しいけど、ゆっくりならできそうだなと思った。

しばらく動いていると、彼女の方からも俺を迎え入れる形で腰を動かしてくれた。
感じてたのか、気遣いなのか、よく分からんのだけども、俺はそれがなんとなく嬉しかった。

「好き」と言って、そのままキスをして、それからしばらくして俺は果てた。
コトが終わった後は、仲良く風呂に入った。

そして童貞だったことを散々茶化されたw
一つしか歳が変わらないとはいえ、年下の彼女にかなりみっともない自分を晒すハメになってしまった俺。

でもそれも今思い返せばいい思い出かな。
彼女とはその後、些細な理由で別れてしまったけど、それでも俺にとっては特別な存在だったね。

今こうして思い出しながら書いてて、すごく懐かしくなったw
こういうの書くのは初めてだから要領わかんなくて微妙かもしれないけど、読んでくれた人ありがとう。

長すぎたかな、ごめんよ。

コメントを書く