変質者にブッカケられた妻の水着に興奮してしまった俺・・・・・

※この体験談は約 3 分で読めます。

私(40歳)と、妻(32歳)は結婚8年目です。
話の内容は面白くないと思いますが、私達夫婦の体験談をお話したいと思います。

先週、家族で一泊二日の海水浴に出掛けました。
一日海水浴を楽しみ、宿泊先の民宿に戻り着替えを済ませると、窓の外側に付いている手すりに水着を干しておきました。

日も沈み、食事を終えると子供は早々と寝てしまい、妻と二人でビールを飲んでいるとほろ酔い気分の妻が妙に甘えてくるので、民宿という場所がら少し躊躇いもありましたが、妻の求めに応えるようにそのままエッチを始めました。

喘ぎ声が漏れないよう必死で耐えている妻の表情がとてもいやらしく、たまにはこんな場所でスリルを感じながらするのも興奮するな~などと思っていました。

その時です!
何気に窓の方に視線を向けると、カーテン越しに人影が見えたのです。
私が窓に近づくと慌てたように逃げていきましたが、窓の隙間から私たちの行為を覗き見していたのだと思います。


妻は唖然としており、興奮も失せてしまいました・・・。
翌朝に目を覚ますと昨夜の事が少し気になりましたが、子供が早く海に入りたいと騒ぐので、朝食を済ませて部屋で水着に着替えようとした時でした。

妻が突然・・・。
「やだ~何これ~信じられない!」と、驚きの表情で水着を私に見せたのです。
何事か?と思い、妻の水着を見ると・・・。

な、なんと!昨日手すりに干しておいた妻の水着に精液がべっとりと付いていたのです。
きっと、昨夜の人影が犯人だと思いますが、思いもよらない出来事に妻は泣き出しそうな表情をしていました。

変質者が妻の水着を汚すことで性欲を解消したのだと思いますが、間接的とはいえ妻が変質者に犯されたような気持ちに駆られました。
女性の感情を無視した異常な性癖者の行為に私は怒りが込み上げてきましたが、為す術もなく落ち込んでいる妻を慰めるしかありませんでした。

妻はその水着を着るわけにもいかず、海水浴場には行ったものの海の家でのんびりとしていましたが、やはり、わだかまりが抜けないのか元気がありませんでした。
妻は周りの人達が気になるのか、昨夜の犯人にどこからか見られているようで「何か怖いよ」と言っていました。

そんなことを言われると私も周りの人達が気になってしまい、海水浴客の皆が犯人に思えてしまいました。
その日はお昼を済ませると早々に帰り支度をしました。

さて、そのとき私は、妻の水着をどう処分しようか?と考えていました。
まさか「洗えば、また着られる」とは妻にはとても言えないので、海の家の近くにゴミの回収箱があったので、私がそこまで持って行き処分することにしました。

コンビニ袋に入れておいた妻の水着を見ると、ブルーのワンピースの水着に乾燥した精液が染みのようになっていました。
犯人はどんな思いで妻の水着に射精したのか?などと考えていると、私は妻が本当に犯されてしまったような錯覚に陥り、水着姿で犯される妻の姿を妄想してしまいました。

そんな妄想に更けながら少し興奮している自分の気持ちに不信感を抱きながら、袋ごと妻の水着を捨てると私は妻と子供のもとへ戻りました。
私は海の家で少しビールを飲んだので、帰路は妻に車の運転を任せたのですが、帰路の途中でもそんな妄想が頭から離れず、私の下半身はビンビンになっていました。

これは犯人に対する私の嫉妬心なのか、自分自身の気持ちが良く分かりませんが、何故か私は妻を無性に抱きたくなりました。
その夜子供が寝た後に「昨日の続きするか?」と何気に妻に言うと、妻も満更では無さそうで「疲れてないの?」と笑みを溢しました。

普段見慣れた妻の身体がとてもいやらしく思えてしまい、その夜はいつも以上に時間を掛けて妻の身体を愛撫しました。
妻もそれに応えるように濃厚なフェラが続き、お互いのボルテージは最高でした。

そして妻が「お願い・・入れて・・」と私の耳元で呟いたので、妻の中へ挿入すると「ア~ン」と歓喜の表情を浮かべました。
そのまま腰を振っていると妻がイキそうだったので、更に激しく腰を突き上げると、

「アッ~ダメ・・イッちゃう・・アナタ好きよ~アッ~」
妻が絶頂を向かえたと同時に私もイッてしまいました。
こんな濃厚なエッチは久々で、昔の新鮮さが甦ったような感じでした。

民宿での出来事は不快でしたが、夫婦の性生活には良い刺激になったような気がします。

コメントを書く