【逆レイプ】風邪で寝込んでたら看病に来てくれた先輩(♀)に襲われた・・・・・

※この体験談は約 2 分で読めます。

大学のころ、親元から離れてアパート暮らししてました。
ひどい風邪にかかって寝込んでいた日、サークルの同期のやつが一学年上の先輩(♀)と二人で見舞いに来ました。

なんでもその先輩は料理自慢らしく、二人で買い物までして、夕飯作る気マンマンで来てくれたので、正直食欲もなかったんだけど断ることも出来ず、甘えることにしました。

2時間くらいして用意が出来たということで起こされました。
雑炊のほかに煮物と揚げ物がありましたが、雑炊だけを食べてあとは二人に食べてもらいました。
確かに美味かった!

そうそう、肝心の話ですけど、食事の後、他愛もない話をしてましたが解熱剤を飲んだら眠くなり寝込んでしまいました。

チンポが熱くて目が覚めると、先輩の顔が目の前にあります。
目が覚めるにつれて、先輩が上に跨っていることと、真剣な目つきでこちらを見ていることが分かってきました。


先輩はしっかり服を着ているのに、チンポの熱さは間違いなく先輩のマンコの中に入ってることを確信させました。
我に返って結合を確かめようとスカートを捲ると、確信した通りしっかり入ってました。

風邪ひいてても勃つし気持ちいいんだ・・・などと思っていると、先輩が上着とブラを外しました。
あんまり大きくないおっぱいと、アンバランスなほど大きくて色の濃い乳輪と乳首がすごくいやらしいと感じました。

さすがに自分で動くのはしんどいので、マグロになっていると、先輩の腰の動きがどんどん激しくなって、締め付けもきつくなってきました。
ものすごい量の液を出しているらしく音が凄かったです。

もう一度スカートをあげて、先輩の上半身を後ろに反らしてもらうと、出入りするチンポが見えて、白くネバネバの液に塗れてます。

「俺、出しちゃたんですか?」と質問しても、言葉で返事をしないで首を振るだけ。
そのうちまた覆い被さってきて、さらに大きく早く腰を振ってきました。

その直後、物凄い締め付けと声にならない声で先輩がイっていることがわかりましたが、その締め付けが凄くて、我慢出来ず出しちゃいました。

「出る出る」と言ったのに、うんうん頷くだけで離れないので、先輩の締め付けのリズムに合わせて出してしまいました。

後で聞くと、寝ている間にチンポが勃起してテント張ってきたので、たまらなくなってズボンとパンツ下ろして最初はそれ見ながら一人でやってたそうです。
でも我慢できなくなって、とりあえずフェラしたらさらに完全勃起したので、乗っかったら目を覚ましたそうです。

そんな分厚い布団の上からわかるほど勃起しないと思うので、たぶん嘘だと思います。
きっと最初からフェラされてたんだと思います。

先輩は翌朝までいて、明け方にも同じように寝込みを襲われました。
♂♀反対だったら犯罪でしょうけど、この場合も犯罪でしょうか?
気持ちよかったからいいんですけど・・・。

その後、その先輩とは一度もしてないし、付き合いもしなかったけど、なぜかその日から下の名前で呼ばれるようになってました。
同じサークルには、同じ先輩から名前で呼ばれているやつがあと3~4人いたなぁ・・・。

コメントを書く