泥酔したサークルの先輩女子を送っていったら”逆”送り狼だった・・・・・

※この体験談は約 2 分で読めます。

この間サークルの飲み会があったんだ。
居酒屋だったんだけど、夕方から飲み始めて、夜中にようやくお開きになった。
そのときやたら酔っぱらった先輩のめぐさんが寝てて、アパート近いからオレが送ってくことになったんだ。

部屋の前まで来てめぐさんに「めぐさ~ん着きましたよ~鍵どこっすかぁ??」って聞いたら、「たぶんジーパンのポケットだよ~」とか言ったから躊躇いながらもポケットに手入れて探してたら「◯◯君の手つき、すごくえっちぃよぉ」とか、めぐさんが言うから焦って鍵を取って部屋開けた。

部屋入ってみるといかにも女の子の部屋・・・。
ヌイグルミとかめっちゃあった。
めぐさんをベッドに熊さんと一緒に寝かせて、ちょっと笑いながら「めぐさん、鍵ポストに入れときます」って書き置きを書いてたら、急にめぐさんが「お風呂入らなきゃ気持ち悪い~」とか言って服を脱ぎ始めた。


オレは見ちゃ悪いと思って「お風呂入るのはいいっすけど、ちゃんとお風呂から出たらベッドで寝てくださいよ」って言って、部屋出ようとしたら「あんたが出てったら誰があたしの体洗うんだ!?」って意味不明にキレられた。

しょうがないからなるべく裸を見ないようにしながら背中を流した。
そしたら「まだまだ洗ってないとこあるでしょ~??」と言って、振り返って足を広げた。
オレはびっくりしてズボンのまま尻餅をついてしまった。

そしたら、めぐさんが「濡れちゃったねぇ・・・あんたも脱いじゃって」って言われて、恥ずかしさを堪えて脱いだ。
めぐさんはオレの股間のテントを見て「ねぇ、今からしようよ」って言われて、オレは最大限にデカくなった。

パンツも脱がされ、「わぁー◯◯君のかなりデかいねぇ・・・。何cmか計ってみようよ」ってことで風呂から出て、ベッドで計ったら15センチ定規じゃ足りなかった(笑)
ベッドでディープキスしたらめぐさんが濡れてきたので、指を奥まで入れた。
そしたら、すぐイッちゃった。

次に69して舐めてもらったら、めぐさんのテクがマジすごくてイキそうになったので、生挿入。
正常位→バック→騎乗位でフィニッシュ。
しかも、中出し。

それから3回戦までやった。
全部中出し。

次の日は休みだったので、二人で裸のままベッドで寝た。
起きてから聞いたら、めぐさんは去年から好きでいてくれてみたいで、この日も実際あまり酔っていなかったらしく、サークルの男子一部と女子全員の協力により、オレに送らせる様に仕組んだらしい。

オレもめぐさんは嫌いじゃない、むしろ好きなぐらいなので付き合うことにしました。
付き合い始めて一週間ぐらいだが、結構毎日ヤッている。

コメントを書く