【露出狂】パンツ丸出しで外に立っていた隣の家のJS・・・・・

※この体験談は約 2 分で読めます。

俺が中二の頃の話。
何気なく、部屋から外の天気を見てると、向かいの家の女の子が、自分の家の横に突っ立ってた。
太めだが、ちょっと可愛い小学5年生の子。

2階の自分の部屋、カーテンのちょっとした隙間からということもあるが、目が離せなくなった理由がある。
何故かパンツ丸出しだった。
自分でワンピースの裾をあげて、パンツを丸出しにして、左右に揺れている。
いや、裾じゃないか、あれは、パンツの裾(?)だ。

女の生パンを初めて観た俺は、チンコを握って凝視してた。
そしたら、女の子がワンピースを一気に上まで上げて、胸まで丸見えになった。
(露出癖があるのだろうか・・・。)とか思いながら、興奮して擦っていた。


女の子は周りを気にしながら、ほぼ全裸状態で、パンツを上に引っ張りながら、左右に揺れている。
唐突に、女の子はパンツも膝まで一気に下げた。
この状態では、パンツの位置を直していた・・とも言い訳出来ないだろうに。

それでも、直すような素振りを見せながら、左右に揺れていた。
もう、俺は近くで見たかったので、一階の茶の間に下りてカーテン越しに見ていた。

目の前に、ほぼすっぽんぽん。
もう我慢できなくて、(家から出てったらどうなるんだろ・・)と思って、玄関を開けて、さも、びっくりした表情を作り、女の子を凝視した。

女の子も吃驚と言うか、唖然と言うか、埴輪みたいな表情で凝視していた。
動けなかったのか、動かなかったのか解らないが、ほぼすっぽんぽんのままなので、(見てもいいのか・・)等と思い、超どきどきしながら近づいて眺めた。

顔が真っ赤だが、両方突っ立ったまま。
その子の股間を見つめる俺に、その子は、はぁはぁと震える声でこう言った。

「くっ・・・か・・・、かいらんば・・・ん、後で持っていきま・・・す・・・ね」
「・・・は・・・ふぁい」と、俺。

当時童貞な俺はそのまま帰ったが、今思い出しても強烈な体験。
実話。
その後は、普通に回覧板持って来たよ。

うちの犬にその子の妹が吼えられて泣いていたから、その子をかばう感じだったけど。
中学校に入った頃にはかなり可愛い子になってた。

コメントを書く