【鬼畜】「イケメン嫌い」の美女をイケメンが頑張って落とした結果・・・・・・

※この体験談は約 5 分で読めます。

周囲に「イケメンを敵視してる」「イケメンを嫌ってる」女子って、一人はいると思う。
大学で俺の近くにもやたらとイケメンを嫌ってる女子がいて、その女子ってイケメンの嫌いっぷり尋常じゃない。

イケメンが歩いてるだけで、「うわぁ……」とかあからさまにバカにしたような態度取るし。
授業とかでプリント配ったりするときも、イケメンってだけでばさっ、みたいな感じでイケメン相手だけ乱暴にプリントを配ったりする。

残念ながら俺に接する態度はごく普通、ということで俺の外見については察しろ。
一方、その子はものすげぇ美人。
スレンダー長身のモデル系美人で、ファッション誌とかにも読者モデルみたいな感じで何度も載ってるレベルの美人。

それだけに冷たい態度を取ってるときはすげぇ冷たい感じになる。
イメージで言えば山本美月かな。ちょっと癖のある美人。
なのでここでは美月と呼ぶことにする。

俺には友人Aがいる。
裏表があるイケメンで、表向きは人当たりがよくて友人も多くて誰にでも優しい。
裏の顔はともかくどS、性格悪い、人をだましてどん底に落とすのが好きってのがA。
ただ、長身、すげーイケメンですげーモテる。

もちろんAに対して美月はものすげぇ冷たい。

ミスター&ミスコンがあって、無事Aと美月が大学のミスター&ミスコンでグランプリ。
ちょこちょこ取材とかあったらしくて、それでAは美月と一緒に取材を受けたりと一緒にいる時間が多いらしい。

その時の態度も美月はものすごかったらしくて、そんな美月に対してAはブチ切れ。
しかし、ただ怒鳴り散らすとかは格好悪いよな。
ということで、美月を落として、おもちゃにしてから振ることにした。

もちろんイケメン嫌いの美月だから、いくらAと言っても美月を落とすのは至難の業に思えた。
しかし、ミスター&ミスコンのアンケート関係で必要だからって、ラインを聞き出して。
その後たった二週間で初デートから、その日のうちにファック済み。

しかも初体験は自分からキスをせがんで、自分からAのいろんなとこにキスして、自分からフェラしてって。
イケメン嫌いってどう考えても嘘だろとかAが疑問に思うくらい美月の態度はすごかったらしい。

二週間でイケメン嫌いの女を落とすかよ、すげーなお前って褒めたら、いや、違うぞって言われた。
イケメン嫌いっていうのは、「イケメンを意識しすぎてる」「意識しすぎてる自分が嫌」という場合が多いらしい。

なので、イケメン嫌いってより、「イケメンが好きすぎて緊張しすぎて上手く話せない自分が嫌い」という場合が多いらしい。

美月は思い切りそのタイプで、Aとファックしてから毎日ラインが来るしちょっと暇があればデートの誘いをしたり、ともかく下手すりゃストーカーなんじゃね?レベルにAに夢中になってるらしい。

ちなみに美月、プライドが高いからかほぼ処女マンコ、今までの彼氏にもほとんどやらせてなかったから、マンコキツキツらしい。
たっぷり長時間クンニしないとまともにセックス出来ないレベルのキツマンってことだった。

他にも前戯の途中でキスをせがむ、アソコを舐めてる途中にキスをせがむ、挿入直前にキスをせがむ。
一緒に飲んではキスをせがむ、別れ際にキスをせがむ。
ともかくキスが好きってこともばっちり聞いた。

おっぱいはBカップだがプライドが高いせいでCカップのブラをつけてることをAから聞いたときはちょい笑った。

ちなみに、そんなAから美月の面白い動画を撮影したから見ようぜって誘われた。
仲間の中にサッカー部の奴がいるから、サッカー部の部室借りて、Aのiphoneを囲むようにして動画鑑賞。
動画が始まって、まず美月の声。
その声にまずビビった。

で、俯きがちに自分の乳首をつまんでて、何やってるんだって思ったら、ピアッサーらしきものを手に持ってる。
それと、なんか美月の表情が緊張してる?みたいな感じだった。
大学でAと一緒にいる美月はいつもいつも、ものすごーく楽しそう。
だから、緊張してる雰囲気は珍しいとか思ってた。

「ね、ね、A君……乳首にピアス開けたら、私のこともっともっと好きになってくれる?」

いつもみたいに冷たい声色じゃなくて、甘ったるい、はちみつたっぷりって言っていいレベルの甘ったるい美月の声。
本当に甘ったるい、一瞬、本人なのかどうか疑いを持つレベルの甘ったるい声にマジで驚いた。
普段はクールなのに、彼氏の前だったら、そんなに甘ったるい声出すのかよってマジでビビった。

「ああ、俺の言うこと聞いてくれる美月のことは、大好きだって、俺」

Aの声で、まるで催眠術に掛かったみたいに、今までの緊張してた雰囲気が一変した。

「うん、じゃあ美月がんばるね? はじめてのピアスだから、見ててね、Aくん?」

甘ったるい声で、いつも「私」って呼んでる美月が、自分のことを「美月」とか名前で呼んでた。

「美月、このまま動画も撮ってていい?」
「いいよ、だって私はぜんぶAくんのものだもん、何でも命令していいんだよ、でも、ご褒美ほしいな?」

あまったるい声でご褒美をねだる美月。
ご褒美って何のことかって思ったら、どうやらキスのことらしい。

動画見ながら、「やべ、なんか自分のキスシーンみんなで見るとか恥ずかしすぎ」とかAは言ってたが。
動画見てる全員は、「マジで乳首にピアス開けんの?」とかハラハラしてた。
もちろんここまで来て開けないとかそういうことはなくて。

「Aくんが私のこと好きになってくれるから……Aくんが私のこと好きになってくれるから……」

とか、呪文みたいにつぶやきながら、自分の乳首とピアスを見ながら、ちょいと息を荒くしてた。
その時の美月、パンツ一枚しか着用してなくて、普通なら興奮するような動画だと思う。
しかし、メンヘラな雰囲気が動画から漂ってきて、若干引いた、素直に興奮できん。

「じゃあ、美月、ピアス穴あけるから見ててね、Aくん……」

そして、乳首つまんで、一瞬ためらった後、ぷっつりイった。
見ててマジでビビった。
乳首にピアス穴開けるとか、AVの世界とか思ってたから。

俺があっけに取られてるときも動画は進行してて、

「い、た…………いた…………本当に乳首……開いちゃった……Aくん、好きになってくれる……………?」

とか、涙ぼっろぼろ流しながらAにせがむわけ。
乳首にはピアッサーで穴開いてるし、Aは泣いてるし。

でも、Aが言った言葉はマジで驚いた。

「そろそろ美月に飽きたから、別れよっか」

おいおい、マジでメンヘラ状態でピアス穴開けたばっかの彼女にそういうこと言うのかよって、ビビった。
よく「時が止まる」って表現あるけど、リアルで美月の時が止まった。
何言ってるのかわからない、みたいな表情で、美月の時が止まってんの。
それで動画が終わった。

「この後マジで大変だったぜー、美月、めちゃくちゃ泣くし暴れるし」

そりゃこんだけ依存してる彼氏に乳首にピアス穴開けた直後に捨てられたら暴れるだろ、とか思った。
マジ鬼畜。
ただ、そう言やあ当初の予定はAに冷たい態度を取る美月に仕返しするために落とすんだよなとか思った。

しかし、マジでここまでやるとは、、、、、。
イケメンは違うな、としか思えん。

こうして美月はマジでイケメン嫌いになった、めでたしめでたし(どう考えてもめでたくねーけど)。

以後、美月は一週間だけ大学休んで、Aとすれ違うたびに視線で人を殺せるならAって十回くらい殺されてるよなレベルの目つきでにらまれるようになった。
Aは平然としてる。

女って男の悪口とか恋愛話は共有するものの、乳首にピアス穴を開けた瞬間捨てられたとか美月のプライドが許さないのか、動画を見た奴だけが知ってる話になった。

女の全員がそうだとは言わんけど、イケメン嫌いの女の一部は、「本当はイケメン好きだけど、傷ついたり緊張したりするような自分が嫌」とかいう理由でイケメンが嫌いなんだと思う。

コメントを書く