【レイプ】二十歳で中絶した私を襲った更なる悪夢・・・・・

※この体験談は約 5 分で読めます。

私が20歳の時です…今でも思いだすと辛いです…。
その年の5月に私はその時付き合っていた彼の子供を妊娠しました。
もちろん産むわけにもいかず7月になって中絶手術を受けました。
まだ心の傷も癒えてないちょうどその1ヶ月後に、私は2人の男にめちゃくちゃに犯されました。

夜の10時頃私は無性に寂しくなって近くの公園に外の空気を吸いにいきたくなって出かけました。今思えば完全に油断していました…キャミソールにミニスカートでしかも生足だったんです。
公園のベンチに座って1ヶ月前の中絶の事を思い出して悲しみにふけっていましたが…気付くと2人の若い男達が近付いて来て「ねぇねぇ遊ぼうよ」って言ってきました。

私は「帰りますから」と言ってベンチから立ち上がろうとした時にいきなり襲いかかられました…

「なんだよいいじゃん、楽しもうぜ」と言うと1人の男がベンチに座らされた私の後ろに回り込んで、私の両腕をバンザイするカッコで押さえ付けながらもう一方の手で私の口を押さえました。

そしてもう1人の男は私の前にいて…キャミソールとブラジャーを強引にまくりあげて、私の胸に貪りついてきました…。
そして胸に吸い付きながら手でパンティーの上から、私の秘部を乱暴に触ってきました。
何とかして逃げようとしましたが男2人がかりでは私にはどうする事も出来ませんでした。

それでも身をよじったりしていましたが…胸を舐め回していた男が、今度は両手で思いっきり私の足を開いてパンティーの上から舐め回してきました。
この時は声は出せないけどホントに嫌で気持ち悪くて、必死に抵抗を試みていました…しかし、そのうちパンティーもずらされて、男の舌が直に私の秘部を舐め始めました。

嫌らしい音を立てながら
「なんだよ、嫌がってる割りにはびちょびちょじゃん。おら、欲しいんだろ?」と言うと、パンティーを片足だけ抜き取りベンチの上で両足を肩に抱えあげられてしまいました…。
その状況で男は私に見える様にベルトを外し、ズボンを下ろしてパンツも下ろしました。

ハッキリと大きくなり亀頭の露出した男性の物を見た時、
「犯される…私犯されるの…いや…」と心の中で叫びました。
「ほら俺の欲しいだろ」といいながら無理矢理男のものを握らされました。
私が手を離すと、男は両足を肩に抱えたまま自分の物を私の秘部にあてがい、一気に体重をかけて私の中に侵入してきました。

両手で乱暴に胸の形が変わる位揉まれながら男は私の奥を激しく突きました。
「おい、トイレでやろうぜ」
私の腕と口を抑えてる男がそういうと挿れてた男が抜きました。
私はパンティーを片方の足首に引っ掛けながら両脇を抱えられて、男性様のトイレに連れて行かれました…。

「嫌だ…お願い、止めて、許して」
私は泣きながら頼みましたが男達は、
「こんなに濡れながら何言ってんだよ」と笑っていました。
私はトイレで男性の小用の便器に手をつかされて、お尻を突き出す様なカッコにさせられました。

恐怖でいう通りにするしかなかったんです。
さっきまで挿れていた男が私の秘部を再度舐め回しながら「マジうまいよ」と言い、もう1人の男はしゃがんで私の下から胸に貪りついていました。

「お願い…止めて…」
もう全く無視でした…。
そして今度は後ろから
「ほらまた挿れてやるよ、欲しいだろ?欲しいって言ってみろよ」といいながら私に突き立てました。

下から胸を貪られ、後から腰を掴まれて身体の中を男性自身でかき回され私は、
「嫌…止めて…」としか言えず、しかし気持ちとは裏腹に頭はぼーっとしてきて、見ず知らずの男と繋がっている場所からは「グチュグチュ」と音がハッキリと聞こえてきました。

「あー気持ちいい、お前最高だよ…」
私の中にいる男は「気持ちいい」を連呼していました。
そんな時でした、僅かに残された理性が危険を感じると同時に男が
「あ~いきそうだ、いくぞ、いくぞ、中に出すぞ、中に出すぞ、あ~」
「いやっ…お願いそれだけは止め…」と言いかけた時に男は思いっきり腰を打ち付け、私の子宮が突き上げられたのを感じた瞬間ハッキリと分かりました。

亀頭が私の中で膨らんで…つい先日まで赤ちゃんがいた子宮に知らない男の体液がかけられました…。
何度も何度も私の身体の中で熱い液がビクッビクッと注がれました…その瞬間私は…急に感じ始めてしまったんです。
男は全てを私の奥に注ぎ終わると抜きました。
抜いた瞬間私の腟口から太股に流れ出したのが分かりましたが…すぐにもう1人の男が入ってきました。

男達は分かっていたみたいです…もう口を塞ぐ必要がないって。
私は「あっ…あっ…あっ…あ~だめ…あ~気持ちいい…」と言っていましたから…。
「いや~…あっあ~…」私はもうおかしくなってました。
そして無意識にさっきまで私の中にいた男性自身に自分から手を運び、そして握りしめ自ら男性自身をくわえてました。

急に愛しく感じてしまってました。
前と後ろから犯されてそれからの記憶はあいまいです。
ただ入れ替わり立ち代わり2人の男に交互に口と秘部に男性自身を挿入され、思うがままに貪られました。

頭は押さえ付けられていましたが私自身男の腰に手をやり一生懸命男性自身を貪り、口の中に放出された精子を自ら飲み込んでいました。
嫌じゃなくなっていました。

むしろ頭も身体も痺れていて、これまでに味わった事のない快楽が波の様に襲ってきて…私はその快楽に全てを委ねていました…。
見ず知らずの男達が愛しいのではなく、私をめちゃくちゃにしている男性自身とあの熱い体液が愛しくてたまらなくなっていました…。

私の口から抜かれた瞬間に
「もっとして」「かけて、子宮に熱いのかけて…いっぱい出して」「美味しいの…もっと舐めさせて…」「もっと飲ませて」などと口走り、「いく…いく…いっちゃう…」と何度も快楽に飲み込まれていた様です。

男達は満足するまで私の身体を味わって…そして痕を残していきました。
最後の方は私は床に寝かされスカートをたくしあげ、キャミとブラはずり上げられ正上位で貫かれてました。

見ず知らずの男の首に手を回し快楽のままに喘ぎ、挿入している男の腰に足を絡め私は男性自身と男の体液に全てを委ねていました。
遠くで「俺もういいや、もう出ねーよ。」「俺も。お姉ちゃん、ありがとな、気持ち良かったよ」「聞こえてねーんじゃね?」「まぁいいよ、このままにしときゃまた誰かに犯られるんじゃね?あはは」「俺らどっちのガキが出来んだろうな?あはは」

…気付くと私は男性トイレの床で寝ていました…

正に犯された後のカッコでした。
しばらくぼーっとしてて動けなかったのですが…
「私…犯された…」ふと我に帰り服を整えて家に走って帰りました。
急いでシャワーを浴びて全てを流そうとしました。
シャワーを浴びていると私の腟口から大量の精子が垂れてきました。

コメントを書く