【寝取られ】妻がプールで若い男たちに痴漢されてるのを見て…(体験談)

※この体験談は約 2 分で読めます。

去年の秋、家族で旅行に出かけた時の話をします。
私32歳、妻30歳、子供(男)10歳。
子供の要求もあり、ケ○○ワ○○ドに泊まりで出かけました。
そこは、流れるプールや、波の出る所があり1日中遊べる子供にとっては最高の場所でした。

現地に到着と同時に、プールへ向かいました。
休日と言う事もあり、施設内は非常に混雑しておりプールは芋洗い状態でした。

妻は薄い黄色いビキニ姿で、ちょっとムチムチした体は男がムラムラくる体系だと思います。
私が言うのも何ですが、顔も結構可愛く自慢できる妻です。
妻は子供に手を引かれる様に、波の出るプールに向かっていました。
私は、場所を探し歩いていました。

人通りが多い通路脇ですが、何とか場所をキープし妻達の元へ向かいました。
初めて見る波の出るプールは想像よりも激しく、子供以上にハシャイでしまいました。
妻も浮き輪に乗り何度もひっくり返っていました。

「パパ楽しいね!」 そう言って、ドンドン深い方へ向かって行きます。
子供も夢中で、私は子供から目を離さないようにしていました。
その時、会場内に放送が鳴り波が大きくなりました。
今まで以上に大きく、周りのお客さんと体がぶつかる位大きな波でした。

「妻は!」そう思って辺りを見回しても見つからず、子供の浮き輪をひっぱっりながらちょっと沖の方へ向かうと、一番沖の方に妻が見えました。
よく見ると、妻を囲む様に若い男性数人がいました。

「お~い」 そう叫んでも波の音が大きく、妻には聞こえていませんでした。
なかなか近寄る事が出来ず、離れた場所から見ていると、妻の顔がときおり変わるのが分かりました。
「どうしたんだろう」と思いましたが、大波に流されなかなか妻の元にたどり着く事が出来ませんでした。

「お母さん!」と子供が騒ぐと、若い男達がこっちを見たかと思うと、バラバラに散らばり妻が、こっちを見て微笑みました。
「お母さん、居なくなっちゃうんだもん!」、「ごめんね」といつもと変わらない妻の言葉でした。

気にしすぎかな?と思いながら妻の浮き輪に手を伸ばした時、妻が一所懸命何かを直している様でした。
「流れるプール行こう!」
子供の要求で、私達はそのまま流れるプールに移動しました。
流れるプールも大盛況で、流れる人って感じでした。
でも、とっても長く、しかも2階なので、眺めも良く浮き輪に乗ってユラユラと気持ち良かったです。

子供は、バチャバチャと泳ぎ、妻も浮き輪にお尻から入ると、流れるままに寛いでいました。
2週目に入る頃には、みんなバラバラになっていました。
私は、ちょっと広い場所で妻達を探しました。
1/4週位遅れて妻が流れて来るのが分かりました。

手を振ろうとした時、気づいたのです。
妻の周りには、さっき波の出るプールに居た男性達がまた、妻を囲んでいたのです。
妻は目をつぶっていました。
私は、人影に隠れ様子を見ていました。

続きを読む(【寝取られ】妻がプールで若い男たちに痴漢されてるのを見て…(体験談))
↑↑↑↑↑↑
※クリック後、”同じタイトル” のリンクをクリックすれば
続きをお読みいただけます。

コメントを書く