【射精管理】女王様によるドライオルガズムでイキ地獄を味わった・・・・・・

※この体験談は約 3 分で読めます。

彼女というか女王様との出会いは3ヶ月前・・・。

ちょっとした遊びのつもりで総合SMパートナー探し専門掲示板で自称女王様をからかうつもりでメールを送ったのだがそのメールがきっかけとなり俺のMの本能が目覚めた。

ちなみに俺は普段オラオラ系で誰に似ているのかと言えば北斗の拳のラオウ。
こんなワイルドでいかつい男をいじめるのが女王様の好みみたいだ。

そして、いつも俺はまさにラオウの如く天に帰されている。
ていうか、専属の女王様(SMパートナー)に好き放題犯られてます。

今回は、エネマグラの使い方を教わりました!
いつものように仕事帰りにSM専用の部屋があるホテルへ直行一通りの“前戯”が終わりベッドへ。

「ここからが本当の地獄よ・・・。何回でもイッテもらうから」

ますは、トロトロになってしまったアナルにエネマグラ挿入。
驚くほど、すんなりと飲み込んでしまった。

挿入したエネマグラを固定するため、足を閉じた状態で緊縛。
アナルに指を入れて前立腺を刺激すると、前立腺が膨らんで来るのがわかるそうです。
その証拠に、おびただしい量の我慢汁がチンポの先から。

ちなみにエネマグラを入れてからチンポへのタッチは一切ありません。

「ココに神経を集中させて。ヒクヒクしてるわよ」

会陰部(アナルとチンポの間)を優しく撫でる女王様。

射精出来ないように、玉を縛り上げられ、竿の根元をキツく縛られる微笑みを浮かべ、僕の表情を確認しながら、会陰部を優しくゆっくりと撫で回す。
エネマグラがあたっている前立腺が痙攣するのが分かりました、チンポの先までその振動が伝わってくる。

そこへ必殺の“乳首舐め”

あまりの快感に全身が痙攣してくる。
その様子を見ていた裕子女王様。

チンポを軽くシゴかれると。

「裕子様っ。やめてっ!イっちゃう」

あまりの快感に懇願。

「イクッ!イクッ!」

前立腺が痙攣し絶頂を迎えた・・・。

と思いきや

「アレっ!?イッテない・・・」

射精できないようにチンポは緊縛されている。
サディスティックにチンポをシゴキ続ける女王様。
徐々に快感の絶頂の感覚が短くなってくる。

そんな射精管理が10回。
裕子様は冷静に回数を数えていたらしい。

「もう10回も我慢したから出していいわよ」

緊縛を解き、アナルからエネマグラを取り出してくれた。

イキ過ぎてグッタリ。
そんなチンポに高速手コキ。
強烈な快感が僕を襲う。

「精子出すまで止めないわよ!」

意地悪な表情で言う裕子様。

「裕子女王様っ!イクっ!イクッ!」

射精して終わったと思ったが、まだ萎えてない。
それよりも更に刺激を求めてる。
裕子女王様は僕のチンポをしごき続ける。

「あれっ!?イったのに、なんで射精してないのっ!もうやめてっ~!」

裕子様に懇願したほどでした。

「ほらっ。チンポが感じているのか、アナルが感じているのかわからないでしょ?」

気付けば“男の潮吹き”でびっしょりでした。
2回ほど出たとか。

あまりの気持ちよさに耐えられず、裕子女王様の前でオナニーさせていただきました。

潮吹きの感覚は無いのですが、射精を伴わないアクメ(ドライオルガズム)は、ヤバイです。

病みつき。
強烈。

アナルで感じているのか、ペニスで感じているのか?
わからなくなってきているところがドライのポイント。
見せようぞ!!世紀末覇者ラオウのイキざまを!!
というところで締めさせてもらいます。

コメントを書く