【昏睡レイプ】バイト先のお嬢様女子大生に睡眠薬を飲ませて…(体験談)

閲覧数: 2,808 views

※この体験談は約 3 分で読めます。

俺がバイトしている喫茶店に、面接に来たときからずっと狙っていている子がいた。
名前を真央という。
お嬢様学校で有名なミッション系の高校を卒業し、大学に通いながら週末はバイトしている。
身長は160センチぐらいで胸はCカップくらい。
お嬢様なんだけど人懐っこいし、顔も可愛くてみんなが振り返るほどの美女だ。

仲間に真央の写真を見せると
「この女に会わせろ!!」
とか
「ヤバッ!!マジにヤリテェー!!」
とか騒ぐから真央と二人で行ったカラオケで偶然会ったことにして、俺たちの部屋に連れ込んで、あわよくば…などと考えていた。

約束の当日、真央は自慢の脚を意識してかミニのフレアスカートに上はブルーの可愛いカットソーの半袖セーターを着ていた。
部屋に入るとまず軽くサワーで乾杯した後、カラオケを歌い出したときに予定通り偶然を装い仲間3人が入ってきた。

最初は驚いて緊張してた真央だったが、仲間の1人がさすがにホストクラブでバイト経験があるだけあって真央に対し聞き上手に徹していたので、真央は、すぐに打ち解けたような感じで笑い声を上げていた。

カラオケの従業員が仲間がオーダーした飯とカクテルを持ってくると、話をしている真央に隠れて素早く潰しておいたハルを多めに混入させた。
「さあ、あらためて乾杯しょう!」
と言いながらオリジナルジュースを真央に渡して飲ませた。

乾杯をさせられて一口飲んで
「美味しい!なにコレ?」
と言って飲み物をまた口に含む真央。
仲間の上手い会話に乗せられて進められるままに、食べて飲んでいた。

そうして何曲か歌っていると、ハルが効いてきて真央の眼がトロンとなってきてウトウトしだした。
「どうしたの?」
「眠たいの?帰ろうか?」
と言いながら仲間がさり気なく触りだしても抵抗できず、身体がいうことを利かなくなってきたらしい。
仲間は、ラブホに連れ込んでやろうぜ!と言い出した。

すぐに話はまとまり酔っぱらいを介抱するように肩を抱いて車に乗せると真央は、もう意識はなくイビキをかいて眠っていた。
後部座席で仲間に挟まれる格好でラブホに連れ込むまで、仲間はもう我慢できずに舌を押し込む激しいキスやミニスカートを捲り上げピンクのパンツの中まで手を入れ、グリグリ動かしていた。

ラブホのベットに押し倒されても全く意識が戻らない真央…。
「おい!!とりあえずこいつ全裸にして写メ撮ろうぜ!!」
と仲間全員で真央をハダカにすると
「オッ…こいつマン毛薄いからマンコバッチリだぜ!!」
「ここのホクロなんてめっちゃいい特徴!!バッチリ!!」
「クリ剥け!!クリ剥け!!」

意識のない真央の足を大きく広げ、マンコと顔がハッキリわかる写真を全員の携帯でたっぷりと撮影していた。
俺は真央のバックから携帯を取り出すと地元の彼氏とのメールのやりとりや、真央の登録メモリーを俺の携帯にデータを送信しておいた。

ベットではもう真央のマンコをベロベロ舐めたりキスをしながら、3人ともチンポを出してた。
乱暴に乳首を噛んでも唾液をボトボト流し込んでもまったく無抵抗の真央。

「マジで可愛いなこの女!!」おい!!早くヤレって!!後がつかえてるんだぞ!!」
と催促されると、最初の仲間が笑いながら意識のない真央の耳元で
「おい!俺のチンポは何人目なんだ?」
と言いながら真央の足を広げるとグッと押し込んでいた。

まだ充分濡れていなかったのか一瞬眉間にシワを寄せて痛そうな表情をみせたが、チンポをスッポリ咥えると無意識に口唇が半開きになって口からも荒い息を吐き始めている。
「クソッまじ気持ちいい…」
「おい写真…記念写真!!」
「俺の顔は写すなよ!!マンコだマンコ!!」
と催促しながら結合部分や真央の喘いでいる顔を撮影していた。

パンパンと真央の中に押し込んでいる音が早くなると
「うぉぉーっ!!!!」
と叫びながらチンポを一気に抜き、真央の腹にブチまけていた。
「あー気持ちよかった!!!!」
と1人目が真央から離れると、速攻で次の仲間が容赦なく真央を襲っていた。

続きを読む(【昏睡レイプ】バイト先のお嬢様女子大生に睡眠薬を飲ませて…(体験談))
↑↑↑↑↑↑
※クリック後、”同じタイトル” のリンクをクリックすれば
続きをお読みいただけます。

コメントを書く