【父娘相姦】別れた女房の再婚相手にイタズラされた娘を引き取った結果・・・・・

※この体験談は約 5 分で読めます。

女房と別れたのは9年前。
理由は性格の不一致と言うことになっているが、何の事は無い女房に男が出来ただけ。
俺は、娘の親権まで取られた。
でも、再婚するときは娘は俺に預ける約束になっている。不安があるからだ。
しかし、約束は守られなかった。
案の定不安が的中した。
新しい父親に娘が悪戯された。

娘はまだ10才、小5だ。
だから言わないことではない。
娘は俺にSOSしてきた。
俺は娘にICレコーダーを持たせ、悪戯の様子を録音させた。
別れた女房を呼び出し、聞かせた。

「俺の考えることはお前より上だ。つまりお前は俺よりバカだ。娘はバカが育てるより俺が育てたほうがいい。」
こう言ってやった。
「じゃあ、持って行きなさいよ。」
別れた女房は娘に手を出した男に何ら制裁を加えることなく、娘を放り投げた。
本当にバカだ。こんなのと結婚した俺はもっとバカだ。

娘の優奈と二人の生活が始まった。
11才の誕生日、精一杯祝ってやった。
12才の誕生日、中学入学を目前にしておしゃれな服を買ってやった。
中学生になった優奈は、俺より家事をこなすようななった。
勉強は俺が見てやっている。
一応国立大学卒だから、中学生の勉強くらい楽勝だ。

中学生になって3ヶ月、居間で二人で勉強中、優奈が座る座布団に染みが広がった。
何だ?血だ!そうか初潮だ!どうすればいい?
俺は焦った。困った。優奈は唖然としていた。
すぐ穿いているものを脱がした。
オムツの交換のような姿勢をとらせ、ティッシュで拭いた。
生理ってこんなに血が出るとは知らなかった。

恥を忍んで職場の部下で22才の理緒という女性に電話して助言を乞うた。
彼女は今年大学を卒業して私の下に配属されて私が面倒見ている優秀な人材だ。
大人しく物静かな女性だが、美人の部類に入るだろう。気立てのいい嬢さんだ。
彼女は上司の危機に力を貸してくれた。
なんと生理用品を買って持ってきてくれた。助かった。
後日、夕食をご馳走した。下心は無い。優奈も同席させてお礼させた。

あれから優奈を女性としてみるようになった。
10年ぶりに娘にオムツ交換の格好をさせてしまった。
優奈のアソコはまだ薄らとしか毛が生えていなかった。
優奈のアソコが目に焼きついて離れない。
別れた女房の新しい男は優奈にチ○ポを入れたのだろうか。
胸が痛い。怒りがこみ上げる。

一学期の期末試験。
主要五教科は教えられたが、期末は美術や音楽、保健体育などもあった。
今は、女子も技術をやるとは知らなかった。時代は変わった。
主要五教科意外は娘と一緒に勉強した。楽しかった。
俺と優奈は友達のようにはしゃいで勉強した。

俺たちはマンションの2階に住んでいる。
離婚後、一人住まいだったので広いマンションは要らなかった。
キッチンに6畳の居間にふすまを隔てて6畳の和室がある。娘の部屋が無い。
俺と優奈は6畳の和室に布団を引いて二人で寝ている。

ある日、娘に引越しを提案した。
娘に独立した部屋を与えたかった。
しかし優奈はこのままでいいと言い、私の布団にもぐりこんできて、私に抱きついてきた。

「パパ‥‥大好き‥‥」
「パパも優奈が大好きだ。パパの宝物だ。」
そう言って優奈の頭を撫でた。可愛かった。
実は心配していた。思春期の娘は父親を嫌うと聞く。
まあ、この先どうなるか分からないが‥‥

「パパ‥‥私、パパのお嫁さんにして。」
「ハハハ‥‥昔もそんなこと言っていたなあ。」
「私、パパを愛してるの‥‥セックスして‥‥」
凍りついた。10年前のパパのお嫁さんとは違った‥‥

「おいおい、親子は夫婦になれないんだよ。」
「でもパパが好き‥‥初潮のとき、パパにアソコ拭かれてからずっと‥‥」
そういって優奈はスウェットを脱ぎ始めた。
「ちょ、ちっと待て‥‥」
「私たち本当の親子じゃないから‥‥」
「ええ?どういうこと?」

優奈が言うには、別れた嫁には俺と結婚する前から男がいたそうだ。
13才上の既婚男性で不倫だそうだ。
優奈は、その男との子供だそうだ。
優奈が別れた女房の家を出るとき告げられたらしい。
俺はとんだ間抜けだ。

優奈は俺がかわいそうと言った。情けない‥‥
俺は、優奈を抱き寄せ優しくキスした。
まな板のような胸をさすり、乳首を舌先で転がす。
優奈が深呼吸する。
初潮を迎えたばかりの性器に舌を這わせる。
少しおしっこ臭い。でもおしっこだけではない。

優奈は濡れていた。12才の中学一年生が濡れている。
まさか、別れた女房の男に小学生のうちに開発されのか‥‥
優奈にクンニする。ピクッと体が反応する。クリを転がす。

「はあー‥‥ふうん‥‥」
感じている。腰が動いている。
本当に12才か?相当犯られたのか‥‥いや、それにしては縦筋一本のきれいな性器だ。
試しにフェラをさせてみた。
優奈の目の前にイキリ起ったチ○ポを出してみた。

「パパのち○ち○って、こんなに大きくなるの‥‥これ、入るかなあ。」
「優奈、舐めてごらん。」
「うん。」
舌先でれろれろしている。可愛い。
キャンディーを舐めるみたいだ。
フェラは知らないようだから教えてあげた。

「じゃあ、入れるよ。優奈、凄く痛かったら言うんだよ。」
「うん。パパの赤ちゃん欲しいな。」

可愛い。凄く可愛い。俺はゆっくり優奈の中へ進入する。
おっ!行き止まりだ!処女膜だ!
優奈は犯られてはいなかった。悪戯だけだった。
少し力を入れながら上下左右に動かしてみる。
亀頭が擦れて気持ちいい。
優奈の表情がうっとりしてきた。

「痛くないか?」
「まだ痛くない。気持ちいいよパパ。」
「もうちょっと奥に入れてみるからね。」
「うん。ゆっくりね。あっ、いてててっ」
「大丈夫か?」
「うん、うん、パパァ‥‥」

優奈は抱きついてきて自分から俺のチ○ポを奥へ導いた。
「ヴグ‥ツツツ‥アハ~‥‥パパ、入ったよ。パパとセックスできたよ。」
優奈は、顔を歪めながらもうれしそうな表情をする。
いじらしいく健気だ。

「優奈、愛してる。」
「優奈もパパ愛してる。」
自分を優奈と呼んだ。
こういうときは目一杯甘えたときだ。昔と変わってない。
俺は、痛々しいとは思ったが入れた以上最後までした。
優奈の腹上に放った。

「優奈、大丈夫か?」
「うん。パパ、ありがとう。優奈はパパのオンナだよ。」
「それでもやっぱりパパって言うんだね。」
「だってパパだもん。本当のパパだよ。ママの浮気の子はウソ。そういわなきゃパパ、優奈とセックスしてくれなかったでしょ。」

やられた。
優奈は小悪魔だった。

コメント

  1. 1. 名無しさん  

    ・・・・・・・

コメントを書く