【姓奴隷】性欲旺盛な義父の厭らしい視線に耐え続けた結果・・・

※この体験談は約 3 分で読めます。

私(千佳/32歳)は夫(隆/37歳)と結婚して10年を迎えます。
1人息子も8歳になり幸せな生活を・・・あの日までは送っていたんです。

結婚後、私達は夫の両親と同居する事になりました。
夫が1人息子だった事や一緒に住む事でお金を貯める目的だったんです。

同居を始めると両親は優しく接してくれ、特にお義父さんは色々と気を使ってくれて凄く良い人だと思っていたんですが、1ヵ月も過ぎるとお義父さんの視線に厭らしさを感じる様になったんです。

その頃だったと思いますが、私が風呂に入っていると窓から感じる視線!
両親から”風呂に入る時は窓開けてね・・・湿気でカビが生えるから”と言われており10cm以上開けた状態で風呂に入っていたんです。

街外れで近所が点々と離れていた事や裏は山だった事で安心していたんですが、いつもその隙間から誰かに覗かれている感じがしていました。
しかも私が家の掃除をしながら階段に差し掛かると決まって義父が階段下を通るんです。
家でもスカートを履く事が多かった私のパンチラを期待するかの様に足音を消し、気づくと階段下から見上げている事が何度かありました。

その他にもソファーに座る時、義父は決まって私の向かい側に座るしトイレに入っている時もタイミングを合わせる様にトイレに来るんです。
その事を夫に相談しても”お前!気にし過ぎだよ”と相手にしてくれませんでした。

同居を始めて半年が過ぎた時、転機が訪れました。
夫は本社の営業部へ移動となったんです。
本社に通うには遠いと言う事や社宅が用意されていたので、私達は実家を出て社宅で暮らす事になったんです。
やがて子供も生まれ、数年後には夫も出世し幸せな暮らしを送る事が出来ました。

それが1年程前にお義母さん(58歳)が脳梗塞で他界し、お義父さん(61歳)が1人で暮らす事に
なったんです。
定年を迎え仕事を失った父に追い打ちをかけた状況に、夫も心配だったんでしょう!
「夫から実家に戻らないか?」と相談されました。

子供の転校と言う事もありましたが、息子は”爺ちゃんと暮らせるならいいよ”と言うんです。
夫も片道1時間半の電車通勤になる事への不安もあった様ですが、地方への長期出張も多く、日によっては家から直接営業先へ向かえる事もあって実家に戻る事を強く勧めてきます。
そんな中、一番自由の効く私が”嫌”とは言えませんでした。

1ヵ月程して、私達は10年ぶりに実家に戻る事になりました。
お義母さんを亡くし、落ち込んでいたお義父さんも孫と暮らせる事に笑顔を取り戻していました。

慣れない長距離通勤にも文句も言わず通う夫。
転校し不安いっぱいの息子も数日後には
”友達出来たよ”と慣れていく息子の姿に安心しながら、私はお義父さんの厭らしい視線を感じ始めていました。

この10年、何も無かった訳ではありません。
年に数回帰省すると、お義父さんは相変わらず厭らしい視線で私を見て来るのを感じていましたし、風呂を何度も覗かれていたんです。
それが毎日お義父さんと一つ屋根の下で暮らす事になり、しかも昼は2人っきり・・・。

社宅では毎日スカート姿だった私が実家に戻るなりパンツ姿では夫も息子も不思議に感じるでしょう。
しかもパンツをあまり持って居なかった事もあって、私は以前と変わらずスカート姿が多かったんです。

お義父さんの視線は日に日に厭らしさを増し、ソファーで寛いでいる時も、お義父さんは横になりながら私の閉じた太腿の奥に向けられています。
2階に上がる時も下から何度も見られている事が多く、寝室で着替えている時もドアが少し開き、隙間から覗くお義父さんを目撃した事もあるんです。

夫に相談しようか?何度も悩みながらも疲れて来る夫に心配を掛ける事が出来ませんでした。

続きを読む(【姓奴隷】性欲旺盛な義父の厭らしい視線に耐え続けた結果・・・)
↑↑↑↑↑↑
※クリック後、”同じタイトル” のリンクをクリックすれば続きをお読みいただけます。

コメントを書く