【露出】調子に乗り過ぎて息子の友達の巨根で犯されました…(体験談)

※この体験談は約 3 分で読めます。

私は、息子の友達と肉体関係にあります。
夫と結婚し、間もなく子供も授かった私達は幸せな一家でした。
今でも、月に数回夫婦の営みもある位夫婦仲は良いと思います。
ただ、結婚して14年にもなるとマンネリと言うか?若い時の様な興奮はありません。

ちょっと性欲が多い私には、刺激が欲しかったんです。
数年前から私はオナニーをする様になっていました。
初めはネットで購入した道具を使い寝室で、こっそり行っていました。

興奮を求める私は、リビングのソファーでもエッチな事をして楽しんでいました。
そんな時、突然!宅配業者が荷物を届けに来たんです。
下半身丸出しにバイブをテープで両太腿に固定し挿入していた私は、その状態のままスカートを履き玄関口に向かったんです。

「すいません!お届け物です」
「どうぞ~!」
ドアが開き、20代の若い好青年が荷物を持ち立っていたんです。
心臓はバクバク!”見られたらどうしよう・・・”正直パニックに陥っていました。

「○○さんからですね!ここに印鑑押して頂けますか?」
「あっ・・・はい!ここでいいのね」

震える手を必死にこらえながら彼から伝票を受け取ると、床に屈む様に座ったんです。
バイブが固定されていた為、スカートに引っ掛かりズルズルと捲り上がって行くのが分かりました。
太腿半分位まで肌が露出し、今にも道具が見えてしまいそうな感じです。

急いで、印鑑を押そうした時でした。
”ウィ~ン・ウィ~ン”
微かに音が聞え、アソコに刺激が走ると同時に”うっ”と声が出てしまいました。
(無理な姿勢でしゃがみ込んだ為、バイブのスイッチが弱程度で入った様でした)

「どうかしました?」
「いえ・・・何でもないんです」
慌てる様に立ちあがり、伝票を彼に渡すと荷物を受け取りました。
「それじゃ、失礼します・・・」
一瞬でしたが、彼の目線が私の下半身に向けられた様な気がします。

彼が居なくなった後、玄関にある全身鏡を見て驚きです。
スカートは捲れ上がったままで、太腿2/3位まで肌が露出し、しかもバイブの先端が少し顔を
出していたんです。
”見られたのかしら・・・ヤダ”
急いでリビングに戻り、道具を外し始めたんです。

スカートを捲り上げると、道具は自分の愛液でヌルヌルになっていました。
そして異常に興奮している自分に気づいたんです。
私はバイブの固定テープを外し、宅配業者の彼を思い出しながら無我夢中でオナニーを継続し
絶頂を迎えていました。

その日から、私は宅配業者に会う時や出前を受け取る時など、道具を付けた状態で会い、その後、オナニーをする様になっていました。

そんな事を繰り返す日々。
そして数か月前に私は超えてはイケない一線を越えたんです。
その日、中学1年になる息子が友達数人を連れ帰宅しました。
一緒の部活仲間で、小学校から知っている子もいます。
その中に、体格の良い礼儀正しい男の子が目につきました。
息子の部屋にジュースを運び、軽く挨拶をした時です。
ゲームに夢中の子供達の中に彼だけが私を見ているのが分かりました。

「ここにジュース置いておくから飲んでね」
「分かったよ」
テーブルに置きながら、彼だけに手渡し”名前何て言うの?”と聞くと、”マサルです”と答えてくれました。
「背が大きいのね!何㎝あるの?」
「167cmです」
「そんなに大きいんだ!」

彼はちょっと顔を赤らめながら私の質問に素直に答えてくれたんです。
でも私は気づいていました。
彼が私のスカートから出る太股や胸を何度もチラ見している事を・・・。
”きっと彼は大人の女性に興味があるんだわ・・・”
そう考えるといつしか濡れるのが分かったんです。

息子の部屋を出ると、私はいつもの癖で寝室でオナニーを始めていました。
勿論、マサル君に犯される事を考えながらです。
下半身丸出しで、バイブを当てると既に濡れ濡れでスルスルと入って行きます。
小声で”マサル君・凄い気持ちいい”何て言いながら、興奮する私。

続きを読む(【露出】調子に乗り過ぎて息子の友達の巨根で犯されました…(体験談))
↑↑↑↑↑↑
※クリック後、”同じタイトル” のリンクをクリックすれば
続きをお読みいただけます。

コメントを書く