掲示板で知り合った自称ヤリマンの生意気ポチャ女の目が泳いでいたので・・・

※この体験談は約 3 分で読めます。

もう10年以上前の、学生だった頃の話。

飲み会で終電を逃して漫画喫茶で宿泊体制だったが、無性にセックスがしたくなり、出会い系サイトの即アポ伝言板に書き込んだ事があった。

まぁ返事があればラッキーぐらいの気持ちだったが、1時間ぐらいすると返信があった。

「今○○だよ~。私も終電逃したよ。会う?」

俺はあまりにもストレートな返信に、ヤバい系かと思いビビってしまった。

それからお互いの身元確認に入り、大きな駅前で人混みが途切れない繁華街で待ち合わせを設定。
ヤバそうだったら速攻バックレるつもりだった。

とは言えセックスがしたくて堪らなかった俺は、期待に胸を膨らませて移動。
待ち合わせ場所が遠くから見える場所で携帯電話で連絡。

すると可愛い声の女が携帯に出た。

「こんばんは~着いた?私は着いてるよ。○○の服を着てる」

女は目安となる服装を伝えてきた。

俺は目を凝らして必死で探す・・・女はいた。

ぽちゃ・・・いや・・デブだった。

ちょいぽちゃ好きの俺がデブと思うのだから、かなり太い。
160センチぐらいで、柳原可奈子を基準にすると、より太い体格。
顔はお世辞にも可愛いとは言えない女が1人で立っていた。

俺は一瞬、逃げようかと思ったが、深夜になる。
このまま漫画喫茶に戻っても、会える女はいないだろうと・・俺は性欲を取った。

女は美砂子(仮)、19才の専門学校生。
話してみると、自分は男慣れしてて、セックスなんて遊び的な内容が多く、性格もいいとは言えない。

話を流しつつ、さっさとセックスしてしまおうと急いでホテルへ入り、風呂へ入れさせた。
俺は一服してから風呂へ入った。

美砂子はデブだが、その分爆乳だった。
若いだけあって肌は白くハリがあり、想像以上に綺麗な乳をしていた。

「わ~、俺さん我慢出来なかったの?(笑)」

美砂子の言い方はイラっとさせる。
俺は適当に受け流しながらシャワーを浴びて、風呂に入っている美砂子の目の前に立って言った。

「我慢出来ないから、しゃぶって」

美砂子は笑いながら、俺のチン○をしゃぶり始めた。
恥じらいもない美砂子にガッカリしながら、とりあえずフェラをしてもらうが下手くそなフェラだった。

フェラは早々に切り上げ、キスをして巨乳を弄んだ。
性格は悪いが、乳は凄くいい・・・マン○をいじったりしながら、しばらく美砂子の体を弄ぶ。

突然、俺は気がついた。
フェラは下手。
感じ方も少しぎこちない感じだ。
視線も泳いだりしている。
もしかして、美砂子は強がってるけどセックスとか慣れてないんじゃないか?と俺は思って聞いてみた。

「美砂子、あまりセックスとかした事ないんじゃない?」

美砂子は

「え~そんな事ないよ~結構遊んでるよ」

と言いながら視線が泳ぐ。
明らかに強がっているのが分かる。

俺はそんな美砂子を見て、自分の立場が有利な事を確信して楽しくなってきた。
俺は、もう一度美砂子にフェラをさせて様子を観察した。
下手ではなく、慣れていないのが分かる。
ただ、美砂子のデカい胸が揺れているのが見えて興奮させる。

生意気な美砂子を苛めたくて、俺は喉の奥までチン○を突っ込んだ。
美砂子は苦しみから逃れようと、逃げようとするがすぐ後ろは壁。
壁と俺に挟まれて動けず、チン○を喉の奥に突っ込まれた美砂子は苦しんで呻いていた。
そのまま俺は1発、美砂子の口の中に射精した。

続きを読む(掲示板で知り合った自称ヤリマンの生意気ポチャ女の目が泳いでいたので・・・)
↑↑↑↑↑↑
※クリック後、”同じタイトル” のリンクをクリックすれば続きをお読みいただけます。

コメントを書く