【オナニー】海で出会った少女二人とヤバいことをしてしまった…(体験談)

※この体験談は約 3 分で読めます。

不躾ながら少し聞いてください。
俺、いわゆるそういう趣味は自分ではないと思ってる(いや思ってた)のですが、今年の夏にヤバイことしたような気がして・・・。

これって捕まるようなことかな?
最近事件とか多いし既に自分が予備軍でなくなったのかも・・・・・・・・・・・

釣りが(本物の)趣味の私は、夏に台風の間隙を縫って日本海側に釣行したんだけど、一昨年、やっとこさローンで買ったマイボートで少し沖で鱚釣りをたのしんでた。

しばらくして大きいのをもよおしてきたので陸に一度戻ることにした。
岸に近づくと、若い(幼い?)女の子が二人岩場の陰にいるのが見えた、一人が用を足しているのをもう一人がじっと見ているようだった。

変な子達だなとは思ったが俺は野グソの場所探しながら少し離れたところにボートをつけた。
陸に上がるときに立っていたこが水着の肩紐を片方下げて胸を出している(遠いのではっきりと分からないが)ようにみえた。

着替えか?と思ったが覗きはヤバイし大も我慢していたのでとりあえず岩陰に入ってスッキリした。
スッキリしてさっきの二人が気になったので遠目で覗いてみると、さっきの子が完全に胸を出してもう一人の子がそれを触ってる??俺は一気に引き込まれてしまったが、その子達はすぐ水着を元に戻すと奥に消えていってしまった。

二人ともワンピースのカラフルな水着だったがどう見ても中学生かもしかして小学校の高学年くらいだった。
俺は不覚にもモッキしてしまったのは言うまでもない。

お昼時だったので俺は持参のカップめんを食べ、タバコを吸いながらさっきの事を考えていると再びモッキしてきた。
ほとんど徹夜で車を運転してきたせいか、モヤモヤがこみ上げてきた。

俺は回りに人が居ないのを確認して海パンをちょっとずらしてコキ始めた。
開放感がたまらなく気持ちいい、完全に仰向けに寝そべってコイていると雑木林の陰にいる人と眼が合ってしまった。
俺は凍りついたように固まってしまった。
さっきの二人組だった。
背の高いほうの女の子がニヤニヤしながらもう一人の手を引っ張って近づいてきた。

俺は右手で握り締めながら左手で隠すのが精一杯だった。
多分さっきから覗かれていたのだろう、冷や汗が出てきたがそれでもモッキは治まらない。
彼女たちはすぐ近くまで来ると私の股間を凝視するようにしゃがみ込んだ。

背の高いほうは身体の発育もよいが顔つきは幼い、もう一人は大人びた顔だがどちらにしても二人とも中(小)学生くらいだ。
俺は海パンを上に上げようとしたが焦ってて上手くいかない。

すると、大きい方がそれを制止するように俺のモッキを指差し、何を思ったかもう一人の子の水着の股間を掴んでグイと横にずらした、当然丸見えになった、まだまだ未熟なワレメだったが一応ヘアーは少し生えていた。

その子はそうされて、少し困ったような顔をしたが別に嫌がりもせず大きい方のされるままになっていた。
大きい方はもう一度俺のモッキを指差してどうやら続けるように催促している。
そして立ち上がると自分も水着をずらしてそこを晒した。

大きい娘の割れ目は幼い顔とは違い既に大人の形に変化しつつあるようだ、但し毛は無い。
俺の寝不足な頭では、今自分に何が起こっているのか理解できなかったが、モッキはますますモッキッキだった。

続きを読む(【オナニー】海で出会った少女二人とヤバいことをしてしまった…(体験談))
↑↑↑↑↑↑
※クリック後、”同じタイトル” のリンクをクリックすれば
続きをお読みいただけます。

コメントを書く