幼馴染の美少女に座薬を入れてあげた最高のオカズ…(体験談)

※この体験談は約 2 分で読めます。

僕の家ではよく親同士の付合いで2家族で家族旅行に行きます。
僕の家族も相手の家族もスキーが好きで、毎年冬になると泊り掛けでスキーに連れて行かれます。

僕の家族は親子3人で、相手の家族も親子3人です。
相手の家族は、僕と同じ学年だけど違う学校に通っている女の子がいました。

親同士が昔から仲が良かったので、僕達もそれなりに仲が良かったです。
でも、ただの幼馴染みで特別な感情は全くありませんでした。

家も近いわけではないのでそれほど遊ぶ機会がなかったですが、冬になると毎年出会っていました。
冬に一年分、今年はどうだったとか話をします。
それ以上の関係は全くありませんでした。

高1の冬でした。
約1年ぶりに合った彼女は、見違えるように綺麗になっていてました。
お互い思春期で話す内容も恋愛の話が多くなりました。

その旅行は2泊3日でした。
2日目の夜のことでした。
夜食事を終え、みんなでまた滑りに行こうかと話していましたが、彼女は体調が悪かったので部屋に残ることになりました。

僕は親と一緒に滑っても楽しくも何ともないので、彼女の付添をしてあげることにしました。
部屋に戻って数分後、彼女は全身が震えだし、すこぶる体調が悪くなっていました。
冷や汗を掻き始め、苦しそうにしていました。

少し前から体調が悪かったらしいのですが、どうやらインフルエンザにかかっていたようで、ちょうどこの日に発症したようでした。

彼女がとても苦しみだしたので、僕は慌ててフロントにいって体温計を借りてきました。
彼女の体温は40度あり、大変なことになっていました。

僕はお風呂でタオルを水に浸して彼女に手渡し看病をしました。
みているととても苦しそうなので、フロントに行って何か薬がないか聞いてくることにしました。

フロントに事情を説明すると、ちょうど同じインフルエンザの人がいたらしく、解熱剤を持っているので分けてくれることになりました。

とりあえず今日の分だけあれば、明日は帰るのでそのときに病院によるからと説明し、解熱剤を受取ました。

よくみるとロケットのような形をしていました。
どうやら座薬のようです。「それが一番、効果ありますよ」と従業員の方が言うので、ありがたくもらっていきました。

部屋に戻ると、相変わらず苦しそうに唸り声を上げている彼女がいました。
僕は座薬を手渡し、「解熱剤だから、大分楽になると思うよ」と告げました。

彼女は何とか目を開け、「ごめんね、わざわざとりに行ってもらって、ありがと」と言い、座薬を受け取りました。

もう少しで「入れてあげようか」と言いそうになりましたが、ちょっとそのシーンを想像するとやばいので、恥ずかしくて何も言えませんでした。

彼女も僕に入れられるなんて絶対嫌だろうし、自分で何とか入れようとするのかなと考えていました。

僕は気を使い彼女に背を向けてテレビを見ました。
それでも気になるので、テレビの横にある鏡で彼女の動きを見ていました。

続きを読む(幼馴染の美少女に座薬を入れてあげた最高のオカズ…(体験談))
↑↑↑↑↑↑
※クリック後、”同じタイトル” のリンクをクリックすれば
続きをお読みいただけます。

コメントを書く