【集団視姦】鬼畜校医による女子校の身体検査がマジキチすぎる・・・

俺は毎年の身体測定が楽しみで堪らない。
近くに、お金持ちのお嬢様が多く通う女子高校があって、俺はその高校での身体測定を担当しているのだ。
身長に体重、内診からお尻の検診まで、全ての検査に立ち会っている。
全ての検査はパンツ1枚で行う。
そんな規定が通っているのは、きっと女子高校だからだろう。

どうせ男子はいないし、暖房設備が整っているから、服がなくても寒くない。
だったらスムーズに検査をするため、最初から脱いでおこう、と言う訳だ。

もっとも、担当の俺が男だったり、男性教師が立ち合ったりして、いくら男子生徒がいないからって、結局は皆、恥ずかしそうにしている。

担当者は俺1人じゃないし、わざわざ見に来る男の教師もそれなりだから、男子生徒がいなくたって、これじゃあやっぱり、男達の集団視姦に晒されているのと変わらない訳だ。

衆人環視に晒された、女子高生の猛烈に恥ずかしがる様子を見るのが堪らない。
校則尊守の精神が厳しいらしいから、皆、退学を恐れて文句を言えないのだ。

教室移動で廊下を歩く時は、一応専用の検査着を来ている。
流石に裸で教室の外を歩く様なことはない。
しかし、検査場所となっている体育館や保健室、その他指定の教室に辿り着いたら、皆、ただちに検査着を脱いで、パンツ1枚の姿になる。

皆、検査着を脱衣カゴに入れて、裸体を晒した。
女子高生のパンツが見放題だ。
ピンクや水色の縞パン、イチゴパンツやカラーの無地、チェック模様やフリル付き等、実に様々な種類のパンツを鑑賞できる。

手だけじゃパンツを隠し切れないからか、皆、両腕で胸を隠していた。
中には汗だったり、或いはサイズの関係で皮膚にぴったりと張り付いて、お尻やオマンコの形がくっきり浮き出ている女子達もいた。

パンツを履き忘れたと言う天然お馬鹿も、全学年から数えた上で数人いた。
履くものがないんだから、その子達は勿論、下着すらない全裸状態になる。
全裸の子は、胸だけでなくアソコも手で覆っていた。

まずは身長とか体重から入るのだが、ここでパンツだけになる意味は果たしてあるのか。
ともかく、女の子は、それはもう真っ赤になりながら、胸を腕で隠しながら列を作る。

順番が回って来ると、男の担当者や教師が見ている中で、泣く泣く胸を曝け出し、気を付けの姿勢で身長を測ってもらう。

「ほら、ちゃんと背中を付けて」と言うことで、俺はその都度、みんなのお腹を押さえつけて、ヘソの周りを撫で回しながらバーを上げ下げする。
この時、オッパイに手を乗せても女子生徒は文句を言えない。
何故なら、校則尊守で校医の言うことは絶対。
苦情はスムーズな検査の進行を妨げるとして、受け付けられていないのだ。

手マンをしても、皆、必死に耐えるばかりだ。
測定ついでに、俺は色んなオッパイを鑑賞する。
体付きはそれぞれで例えば、幼児体型のツルペタな肉体からなる、極上の貧乳があった。
例えサイズが貧しくても、その控えめで微妙な膨らみしかないところが、逆に良いのだ。

お椀型、ロケット型と、人によって乳の形に違いがあったりもする。
目を見張るほどの巨乳もあれば、しゃぶり付きたい様な美乳もあって、興奮でペニスに血流が集まってしまう。
腰の括れ、太腿のラインの流れも、皆、素晴らしい。
肌の色合いも、美白だったり小麦色だったり、それぞれだ。

さて、隣にいる奴は体重計を担当しているが、そいつも当然、「さあ、きちっと立って!」なーんてことを言いながら、さも姿勢を直すかのような態度でもって、セクハラをしまくっている。
体重に姿勢なんて関係ないんだけどね、文句を言う奴は俺を含めて誰もいないのさ。

続きを読む(【集団視姦】鬼畜校医による女子校の身体検査がマジキチすぎる・・・)
↑↑↑↑↑↑
※クリック後、”同じタイトル” のリンクをクリックすれば続きをお読みいただけます。

コメントを書く