5か月間嫁に中出しし続けた結果・・・・・

妻以外の女への生中出しと妻への生中出しの決定的違いは
「妊娠を目的にしてるか」と言う事です。

妻も30歳を過ぎてるという事で早く子供が欲しいと毎晩励みました。
勿論、避妊無しの全て生中出し。

今までは膣外射精(避妊になってないと思いますが・・・)かゴム付き射精。
そんな夢の様な状況は約5ヶ月間続きました。

と、言いますのは妻は妊娠しにくいのか毎月の様に生理が来る始末。
しかし毎晩の様に「妊娠目的」の生中出し、まさに天国の様な日々を5ヶ月もの間続ける事ができるとは。

最初の1ヶ月は、まぁノーマルの生中出し・・・。
2ヶ月目になると、義務の様に感じてあまり面白くない感じが・・・。
贅沢なんでしょうけどね・・・。

そこで妻にはSEXする前から
「今日もいっぱい中で生のまま出すぞ!」
「早く精子が欲しいだろ?」
「子宮の入り口にいっぱい出すぞ!」
などと言葉でも攻める様にし興奮度を高める様にしました。

射精する瞬間は必ず妻に
「生で精子をいっぱい中に出して下さい」
「子宮に温かい精子をいっぱいかけて!」
「妊娠させて下さい」
などと言わせてから射精していました。

これは結構興奮しますよ・・・妊娠させるんだって感じがして・・・。
射精中に「どんな感じだ?」と聞くと
「中(膣内)でビクビクしてる・・・」
「入り口(子宮の)に温かいのを感じる・・・」
と言い、ゴムを付けてするよりも全然気持ちいいと言ってました。

3ヶ月目になると出した後に漏れ出すところを必ず見させる様になりました。
これがまた興奮するんですよね、AVでもあると思いますが実際に本物を見ると大興奮。

更に4ヶ月目からはビデオにも撮る様になり妻も「見られてる感じ」がするのか興奮していました。
最初は嫌がってたのに部屋の照明も消さず、カメラに向かって
「妊娠させて!」
「いっぱい中に出して」と。

カメラ目線で隠語を言わせながらの射精、それを後で撮ったばかりのビデオを2人で鑑賞する。
下手なAVを見るよりも物凄く興奮しました。

続きを読む(5か月間嫁に中出しし続けた結果・・・)
↑↑↑↑↑↑
※クリック後、”同じタイトル” のリンクをクリックすれば続きをお読みいただけます。

コメントを書く