【輪姦】巨乳彼女がキモメガネデブ4人衆に目の前で滅茶苦茶に犯された・・・

もう5年前の話です。
僕が大学4年、彼女のマミは違う大学(N女子大学)の2年生でした。
マミとは提携サークルで知り合いました。

マミはサークルに入った時には18才。
誰から見ても若々しく、美しい女でした。
今で強いて言えば、吉岡里帆タイプ(違うといえば違うけど、雰囲気は) 身長159センチで、サイズは上から89-61-90といったナイスバディでした。

当然、先輩、同期、後輩含めてみんなが狙っていたのは明らかでした。
マミは1年生の時にはほとんどサークルにも顔を出さない子だったのですが、(会ったのは新歓コンパの時だけ) 2年生になってから、積極的に参加するようになりました。

彼女と付き合いだしたのは、忘れもしない彼女が2年目のコンパの時。
ダメもとで酔った勢いで「今度映画に行こうよ」と誘ったら、マミは意外にも「いいですよ」と言ってくれたのです。

それからは夢のような日々でした。
付き合いだしてから2ヶ月目に、僕のアパートで関係を結びました。
それは僕が4年生の秋のことです。

4年生の追い出しコンパをかねて、那須で合宿が開催されました。
僕はマミと一緒に(サークルのみんなには内緒にしていたのですが)車で合宿に参加しました。
4年ですから3年以下のみんなに祝福されて終わる合宿なのですが、ここで悪夢が起きたのです。
今でも信じられないし、話すのもつらい出来事です。

合宿には、僕も知らないOB(僕より7年先輩で30才くらい)の人が 同期で示し合わせたらしく、7人も来ていました。
僕とマミは合宿に1晩だけ参加して、後は近くのペンションでゆっくり2日過ごす計画を立てていました。

でもその一晩だけ、たった一晩だけだったのに、マミの豊満な肉体は、 OBの先輩たちに思う存分、好きなだけもてあそばれ、やられてしまったのです。

その晩は、追い出しコンパらしく、6時ごろから宴会が始まりました。
僕とマミが付き合っていることは、仲の良い連中はうすうす感づいていたようなので、あまり意識することなく、いつも二人で並んで飲んでいました。

でも面倒なことにOBの7人もコンパに参加していて、同期4年のみんなも半分気を遣わなければならない状況でした。
OBの何人かはマミの身体をチラチラ盗み見ているな~とは思っていたのですが、 就職活動も終わって久しぶりのコンパ、後輩たちにすすめられるまま僕も思い切り飲んでしまったのです。

ふと気づくと、時計は午前2時。
周りには酔いつぶれた連中が寝転がっていたのですが、マミの姿が見えません。
僕は急に不安に襲われました。

部屋をあわてて出ると、OBの人達3人にばったり会いました。
「どうも」と軽く会釈しながら、気になったので、他の先輩方はどうしました? と尋ねたところ「ああ、あいつらなら1時30分ごろに自分達の部屋に帰ったぞ」 と言うのです。
その3人はほんとに何も知らないようでした。

なんだか胸騒ぎがした僕は、残りの4人の先輩方の部屋番号を聞いたのです。
急いでその部屋にいってノックしましたが、誰も出てきません。
やっぱりもう眠ってしまったのかな、と半分ほっとしつつ、マミを探しに行こうとした時です。

部屋の中から「だっ、だめ~」という声が聞こえてきたのです。
僕はあわてて、部屋を壊さんばかりにノックしました。
(今思えば壊しちゃえば良かったんですよね・・・)
でも部屋からは誰も出てきません。

それに大学のサークルで泊まるような安い宿、防音設備がちゃんとしているわけでも無く、ドアに耳をあてれば中の様子は手にとるようにわからざるを得ませんでした。
中は、OBの4人がマミを取り囲んでいるように聞こえました。

続きを読む(【輪姦】巨乳彼女がキモメガネデブ4人衆に目の前で滅茶苦茶に犯された・・・)
↑↑↑↑↑↑
※クリック後、”同じタイトル” のリンクをクリックすれば続きをお読みいただけます。

コメントを書く