【近親相姦】初めて妹と愛し合った性交実習…(体験談)

※この体験談は約 2 分で読めます。

俺の大学では1年の夏休み明けに性交実習があり、進級の最初の関門となっている。
クラスの男女比は概ね1:1になるように入学者が選抜されており、組分けは学籍番号に基づいて機械的に割り振られる。

1浪して入学した俺の相手は実の妹だった。

担当教授に事情を話して組を替えてもらおうかとも思ったが、妹が「お兄ちゃんとならいいよ」と言ったのでそのまま妹と組むことにした。

初めての相手が妹というのもしゃくな気がしたが、俺の目から見てもかわいい妹なのでまあよしとした。
「お前はいいのか?」と聞いてみたら、妹は高校の卒業式の日にクラスの男の子と、一度だけどしたことがあるとのことだった。

実習に先立ち、男子は実習前1週間の禁欲が、女子は1ヶ月(周期)前からのピル服用が義務づけられた。
妹は「練習してみる?」と誘ってくれたが、さすがに遠慮して二人でテキストを読んで予習して過ごした。

実習当日、俺たちは午前の最後の組だった。
順番が来て実習室に入ると、部屋の中央にベッドがあり、仰々しいモニターがおいてあった。
試験時間は1時間30分で参考書の持ち込みと中座はできない旨説明があった。

試験官は5人で、隣の実習準備室からマジックミラーで見るとのことだった。
着ているものをすべて脱ぎ、心電図モニターを装着して二人でベッドに入った。
まずお互いの局部を観察して精密にスケッチする。
原位置で観察してから、妹の局部を指でそっと開いてみた。
薄い毛に覆われたピンクの花びらは神々しいまでの美しさだった。

入り口を間近で見ると、7時の方向に一箇所切れ込みがあった。
おそらくは、卒業式の日に入れられた時に裂けた痕だろう。
小ぶりな突起に思わず口をつけると、妹は「あん。」とかわいい声を出し、花びらに蜜がじわっとあふれてきた。

そして妹と結ばれる時が来た。
何しろ初めてなので、最初は妹にリードしてもらうことにした。
ちゃんと入るか不安に思ってると、妹が「前にした時に道はついてるから大丈夫よ」と言ってくれた。

俺が上になり、妹に位置を合わせてもらうとヌルッという感触があり、妹の中に飲み込まれた。
根本まで入ったところで、妹の柔肌と膣のぬくもりのあまりの気持ちよさに、あっけなく爆発してしまった。

精液のぬくもりを感じた妹に「お兄ちゃんかわいい」と言われてしまった。
妹が「このまま抜かないで、しよ」と言ったので、奥まで入れた体勢のまま唇を寄せ合った。
唇の感触を味わっていると、妹がそっと舌を挿し込んできた。
舌を絡めて軽く吸ってみると口の中に妹の味が広がり、脳天に電撃が走った。

妹も相当感じたらしく、とろんとした目をして息を弾ませていた。
妹は今まで聞いたこともないくらいかわいい声で「お兄ちゃんもっと」とせがんできた。
奥にたまっている精液がこぼれないように深く入れたまま小刻みに動くと、妹の膣壁がやわやわと絡みついてきて、そのまま二人で登り詰めていった。

続きを読む(【近親相姦】初めて妹と愛し合った性交実習…(体験談))
↑↑↑↑↑↑
※クリック後、”同じタイトル” のリンクをクリックすれば
続きをお読みいただけます。

コメントを書く