【衝撃】エッチ嫌いな彼女にローター固定して放置した結果 → とんでもないことに・・・

※この体験談は約 3 分で読めます。

俺と彼女の付き合いは大学1年の時からでもう6年になる。

お互い童貞と処女で付き合いだして、最初のHの時はすごい苦労した記憶がある。
俺は彼女しか女性を知らないし、たぶん彼女も俺しか知らないと思う。

最初のきっかけは生年月日が同じという事で、なにか運命的なものを感じてしまったのが始まりだった。

そしてお互いの趣味・・・これが結構マニアックでプロ野球の横浜ファン。
意外と横浜ファンって少なくて、自分と同じくらいの横浜ファンにめぐり合えたのも嬉しかった。

今は横浜市内にマンションを借りて同棲している。
彼女の方からは結婚に関する話もチラホラ出ていたが、これまではさりげなくかわしていた。

彼女の性格はかなりのやきもち焼きで束縛するタイプ、もっとも俺も束縛されるのキライじゃないからべつにいいんだけど。

彼女の家は母子家庭で、子供のときに父親の浮気で両親が離婚したトラウマがあってそれで浮気にものすごい嫌悪感を持っている。

俺とのHの後コンドームに残った精液の量を見て、少ない時には浮気を疑われたことも何度かあった・・・だから下手にオナニーも出来ない。

そんな俺だから浮気をしたことはまだ1度も無い。

そして俺が彼女との結婚に関して不安に思っていたのはHについてなんだ。
他の女性がどんな乱れ方するのか、AV以外では全く知らない。

そしてAVは演技もあるんだろうけど・・・彼女の反応とは全然違うんだ。
もちろん俺のテク不足もあるんだろうけど、どうしても不満があったりする。

彼女の反応は「あっ・・・」とか「ふん・・・」とか小さい声で喘いだりはするけどほんとそれだけ。
時折「気持ちいい・・」とか「愛してる」なんて言うけど本当に気持ちいいのか不安になる時もある。
「ちゃんといったよ」なんて言うが、本当なのか男としてはすごいもどかしい気持ちにもなる。

それが昨年の秋、好きな横浜戦を観に浜スタまで行った帰り、勝利の余韻でまだ二人とも興奮状態だったんだと思うけど、珍しくたまにはホテルに行こうってことになった。

 

ラブホなんて久しぶりだなあと思いながら部屋を選ぶと、SM部屋というのがありちょっと気になった。

本格的なSM部屋じゃあないんだけど、部屋の模様が赤と黒で統一され、Xの形をした拘束する器具みたいのがあった。

そしてベッドにも手足を拘束する手錠があって、それを手足にはめるとちょうど大の字になるようなものだった。

彼女はこの部屋に入った時からちょっと引き気味だった。
俺が「たまにはこういうのも良くね」と言うと「こんな趣味があったの?」と冷たい視線を浴びせられた。

「とりあえず一回試してみて良くなかったらもうしなけりゃいいじゃん」
そう俺が言うと
「まあいいけど、この格好は恥ずかしいから下着は着けさせてね」
と言ってしぶしぶOKした。

俺その時点ですげえ興奮気味。

手足を拘束し彼女を大の字にするとかなり恥ずかしかったんだと思う、すぐに「もう外して」を連発していた。

俺ははじめてのプレイにかなり興奮気味、そこでつい部屋の自販機で売られていたピンクローターを購入した。

バイブとかいろんな種類があったけど、とりあえず一番ソフトそうなピンクローターにしたんだが、彼女はそれを見てあからさまに嫌悪の表情を見せ「変態!そんなのやめてよ」と叫んでいた。

続きを読む(【衝撃】エッチ嫌いな彼女にローター固定して放置した結果 → とんでもないことに・・・)
↑↑↑↑↑↑
※クリック後、”同じタイトル” のリンクをクリックすれば
続きをお読みいただけます。

コメントを書く