【痴漢】インナーを着けずにプールに入った友人の美人ママの悲劇・・・

私の小学校時代の体験談を投稿します。

当時、友達の母親で、T子さんと言う方がいました。
男の子も小学校も高学年になると、少しずつ女性に対する興味が芽生えてきますが、私もいつしかT子さんを性的な目で見るようになっておりました。

T子さんは当時30代半ば位だったでしょうか。
とりたてて美人と言うわけでもありませんでしたが、今から思うと何となく男好きのする顔立ちをしており、スイミングスクールのインストラクターをやっているだけあって、無駄な肉の無い身体つきをしていました。
ただ、胸は小さく、身体の線が出る服を着ているときなどは、殆んどまっ平でした。

さて、ある夏休み。
私はT子さんと二人で近所の市民プールに行く事になりました。
本当は友人と3人で行く予定だったのですが、風邪気味だと言うので、二人で行く事になったのです。

車でプールまで行くので、私はT子さんの家に行きました。
友人は自室で寝ています。
T子さんは、「ちょっとお隣に行ってくるから待っててね」と言い残して、出て行きました。

居間のソファーに座っていると、傍らにビニールのバックと一緒に、水着やバスタオルが置いてあるのが目に入りました。
水着は白い競泳水着で、以前一緒にプールに行った時に、T子さんが着ているのを見たことがあります。

その時は、子供心にむらむらといやらしい感情が沸き起こったものでした。
何故なら、水に濡れた水着は透け、胸元やおへそが薄い水着越しに丸見えになっていたからです。ただ、サポーターを着けていたので、肝心な部分は透けておらず、サポーターさえなかったら、おっぱいやあそこも透けるのになあと思ったものでした。

見ると、薄いベージュ色のサポーターも水着と一緒においてあります。
ブラジャーとパンティーの様な形をしていました。
私は、その時悪戯心とスケベ心が沸き起こり、反射的にサポーターをソファーの下に隠してしまいました。
サポーターを持って行かなければ、T子さんの透け透け姿を見られると思ったのです。

同時に、子供ながらの戦略もありました。
更衣室でサポーターがない事に気付いても、取りに戻るような事はしないだろうし、家に帰ってソファーの下からサポーターが出てきても、こんな所に落ちてたと思うだけで、私が隠したとは思わないだろうと。

さて、プールに着くと、私は期待に胸を膨らませながら、ささっと着替えてプールサイドでT子さんを待ちました。
やがて、T子さんが更衣室から出てくると、私は期待通りの成り行きに満足しました。
やはり、T子さんはサポーターを付けずに現れたのです。

ふくらみの無い胸には、ポチっと乳首が浮き上がっています。
その大きさに私は驚きました。
見た感じ、私の親指の先ほどもあるのです。
また、下腹部にはうっすらと黒い茂みが見えております。
(これで水に入ったらどうなるんだろう)
私の期待はますます膨らみます。

T子さんが、準備体操をするのを横目で見ると、サポーターが無い為か、水着がお尻に食い込み、尻の肉は半分以上はみだしていました。

続きを読む(【痴漢】インナーを着けずにプールに入った友人の美人ママの悲劇・・・)
↑↑↑↑↑↑
※クリック後、”同じタイトル” のリンクをクリックすれば続きをお読みいただけます。

コメントを書く