爆乳妻が借金返済のために義兄の性奴隷になった結果・・・・・

とんでもない借金を背負ってしまった。
妻が先物取引で7千万円の穴を空けてしまった。
支払い期限まで、3ヶ月を残し俺と妻は途方にくれていた。

俺達の家庭は、妻と同級生で42歳、高校生と小学生の男の子2人の4人家族だ。
俺の両親と義父母には、経済力はなく心底まいっていた。
唯一支払いの可能性があるのが、妻の義兄(姉の旦那)だが、義姉の結婚に反対した義父母の考えで絶縁状態となっていた。

義兄は不動産会社社長でほとんどヤクザのような人間で52歳、義姉は、妻より4歳年上の46歳で専業主婦。
しかし、義姉の体の問題で子宝には、恵まれなかった。

どうにもならない状態で俺と妻は義姉を通じて、義兄と面会することになった。
見た事もないような屋敷に俺と妻は赴いた。

義兄は出迎えると同時に
義兄 『どういう風の吹き回しだ。俺達とは絶縁したんじゃあねえのか?』
俺 『兄さん すみません。借金をしに来ました。』と一連の事情を説明した。

義兄 『ああっ 虫が良すぎやしねえか? 散々俺達を無視したくせに、助けてくれだって』
妻 『兄さん 私が悪いんです。お願いしますお金を貸して下さい。』
妻は土下座をした。
義姉は義兄に逆らえず、ただ話を聞いているだけだった。

義兄 『ふざけるんじゃあないよ。結婚して10年 何の音沙汰もなく、来たと思ったら金貸せだ~』
俺 『本当にすいません。でも兄さんしか頼る人がいないんです。お願いします。』
俺も土下座をした。

しばらく、義兄は考えていたが、義姉から下話があったのだろう、とんでもない提案をしてきた。
義兄 『まあ、そうは言っても可愛い マコちゃん(妻)のためだし~ 俺の妹だからな~ 考えてやっても良いけど。』とニヤニヤして妻と義姉を交互に見る。

続けて
義兄 『どうだいマコちゃん。俺達には子供がいねえ そこでだ、俺達の子供を産んでくれねえか?』

妻と俺は義兄の提案に呆気に取られていたが
義兄 『ヨシ子は子供が産めねえ体だ。しかも人工授精もできねえ。同じ姉妹だから俺とマコちゃんの子供ならほとんど変わりねえだろう?ん~ どうだ?俺の提案にのってくれたら、1億でも2億でも出してやる。俺は手前の子が欲しいんだよ。あんた達みてえにさ~。それとも四十過ぎちゃあ産めねえってか』と一方的に話し出した。

義兄 『まあ無理にとは言わねえが、考えてみてくれ。ヨシ子とは話済みだから』
俺と妻は顔を見合わせて考えたが、考える余地など最早無い所まで追い詰められていた。
妻が俺を見て頷き
妻 『わかりました。産ませて頂きます。その代わり人工授精でお願いします。』
と泣きながら答えた。

義兄 『馬鹿言っちゃあいけないよ。7千万貸して、その上まだ金出せってか~ いくら掛かると思ってんだ~ あ~ 俺が種付けして孕ませるほうが、金掛からなくていいじゃあねえか~ あ~』と怒りに満ちた表情で俺達を睨んだ。

さっきまでは、1億でも2億でもと言っていたくせに、心変わりが激しい奴だ。
しかし、何度も言うようにその時は、選択の余地がなかったのだ。
義兄 『俺達は席を外すから話し合ってきめな。無理には言わねえよ~』
とリビングを出ていった。

俺 『あと3ヶ月あるから俺が会社とか友達、色々な所へ掛け合うよ』
妻 『でも、あなたの出世に影響するし、友達関係も壊れるわよ。』
俺 『仕方ないじゃないか。君に嫌な思いをさせるより良いから』
妻 『あなたさえ 我慢してくれたら私は良いのよ。ここで断ったら万が一の時にもうお金借りられなくなりそうで』と泣きじゃっくった。

俺 『俺も情けないな。1億位なんとかならなくって』と俯いた。
妻 『ごめんなさい。私のせいで。』と二人で手を握り合った。

暫くして義兄が現われた。
義兄 『話は決まったかい?』
妻 『お金を貸して下さい。お願いします。』
義兄 『決心が付いたんだね。よし、直ぐに金は振り込んでやる。』とどこかに電話して、銀行に手配してくれた。
そのあと、電話で小声になり、囁いていたのが気になったが、俺達は胸を撫で降ろした。

義兄 『金は振り込んでおいた。明日確認しな。確認できたらマコちゃんは明日の夜から通って貰うよ。』とニヤニヤしていた。

俺達はお辞儀をして自宅(賃貸アパート)に帰った。
子供達は、自分達の部屋で寝ていた。
俺達は今日の事を話し、そして、抱き合った。
俺は何も言わず妻の大きな乳房に顔をうずめ、そして、妻の中で果てた。

妻の容姿は、157㎝の身長で、やせ気味、しかし胸だけは、大きく99㎝のIカップだ。
付き合っている時は、Gカップだったが、一人子供を産む度に大きくなっていった。

翌日、銀行に行った妻から連絡が入り、無事に金は振り込まれ精算まで終ったとのことだった。
その夜、俺も義兄に呼ばれ屋敷に向かった。

義兄 『マサ子 今夜から種付けを始めるからな。』といきなり呼びつけになり
義兄 『ヒデオ君とは、生でのSEXを禁止する。もし、DNA鑑定して俺の子じゃあなかったら、どうなるかわかっているな。』と凄みを利かせて睨み付けられた。

そして、妻の手を引きベッドルームへ向かった。
義姉はリビングでテレビを見ていたが、無言のままだった。
義姉は、妻とは正反対で、太目の体にペッタンコな胸、しかし、顔は可愛らしい見た目の人だ。

【初めての夜】
義兄は部屋に入ると妻にキスを求めてきたそうだ。
嫌がる妻の首元を押さえつけディープキスをしてきた。
妻の尻に手を廻して撫で回し、ゆっくりスカートを剥ぎ取った。

妻の尻は胸に負けず大きめで、歳の割には、ムチムチしていた。
唇をゆっくり放すとパンティーの中に指を入れて、アソコを優しく撫でてきた。

テクニックの凄さに妻は不覚にも感じてしまい、喘ぎ声を出してしまった。
ニヤニヤ笑う義兄をうっとりとした目で見つめ、モノ欲しそうにしている妻に、義兄はイチモツを目の前に差し出した。

義兄のイチモツは、真珠が2個入っていて、俺のモノより、一回り大きく、しかも、少し長めだったそうだ。
妻も初めは躊躇ったみたいだが、ゆっくり口に頬張ると前後に動かした。

義兄は、仁王立ちしてニヤニヤしているだけだったが、次第に自分でも気持ちよくなったのか、妻のブラウスを剥ぎ取り、ブラとパンティー姿にした。

フェラチオをやめさせ、ベッドに仰向けになった義兄は、妻に顔を跨ぐように命令しシックスナインの形をとり、妻のアソコを舐めていた。
妻もイチモツを再び頬張り上下したが、義兄の舌使いと指使いに2回イカされてしまったそうだ。

妻は、仰向けにされ再度アソコを責められていたが、あまりの気持ち良さに尻を浮かしてクネクネして悶えていた。
完全に目がイッてしまった妻は、自ら義兄の唇を求めていたそうだ。

義兄の胸に自らの胸を擦りつけ、左右に振るとついに自ら胸を揉んで欲しいと懇願した。
義兄はゆっくりとブラジャーを剥ぎ取ると溢れんばかりの妻のデカパイを両手で揉みしだき、乳首に吸い付いた。

妻は、腰を跳ね上げて感じ、義兄にデカパイを突き出しひたすら揉まれ続けていた。
あとで、聞いた話だが、義兄は20年前(義姉と付き合いはじめた頃)から妻の体に目を付け何時かは、犯してみたいと思っていたそうだ。

義兄はゆっくりとイチモツを妻のデカい胸の間に付けると俺にしているようにヤレとパイズリを求めたそうだ。
妻がイチモツを挟み上下しながらフェラチオをすると、義兄も始めての快感だったのか、イキそうになってしまったようで、直ぐにやめさせて、挿入する準備をした。

正常位では、義兄のイチモツに入っている真珠が、クリトリスに程よく触れて、今までにない快楽で再度、イカされてしまった。
フィニッシュは、バックからデカパイをブルンブルン揺らしながらの受精だった。

義兄は最後の一滴まで搾り出すように注ぎ込み満足げな表情を浮かべてニヤ付いていた。
妻は暫く寝そべっていたが、シャワーを浴び俺とともに自宅に帰った。
次の日から、平日以外の土日は、妻一人で来るように命令され、種付けが始まった。

【1ヶ月後の来客】
毎週、土日の交尾を繰り返し1ヶ月がたち、妻の生理がなくなってから2週間を迎えた。
完全に懐妊したと思い義兄に言ったが、ゆるしてはもらえなかった。
妻の体が余程気に入ったのだろう、土日の種付けは続いた。

その日の土曜日は、久しぶりに俺も呼ばれた。するとリビングには、義兄の会社の社員(チンピラのような若者)と60前半の初老の男がいた。

しかし、俺達が行くと普段とおり義兄は妻と部屋に向かった。
義姉が相手をするわけでもなく、ひたすら酒を呑みニヤけていた。
義兄と妻が部屋に行ってから、30分程経過すると若者と初老の男が立ち上がり、二人のいる部屋へと向かった。

俺は、何をしに行くのか不思議におもったが、あとから妻に聞いた話はこうだった。
義兄との交尾の最中に2人が入ってきて、義兄の合図とともに、服を脱ぎ全裸になった。
義兄がバックから妻の尻に腹を打ち付けていると、初老の男が妻の前にイチモツを出した。

義兄は、妻の尻を叩き、しゃぶるよう促がし、妻は、嫌々フェラチオを始めた。
若者は、見た事もない、デカいおっぱいを横から揉みしだき、自分のイチモツを扱いていた。

義兄が膣内に射精を終えると、初老の男が妻を仰向けにして、挿入してきた。デカパイを鷲掴みにして、一心不乱に腰を動かし、即効で妻の中に果てたそうだ。
初老の男は、妻の胸を見てホルスタインのようだと喜び、ことが終った後もしばらく胸にしゃぶり付いていた。

それを横目に若者も妻に挿入してきた。
二人の精子を受け止めたアソコは熱っぽくてヒリヒリしていたそうだが、若者の体力は、そうとうなもので妻は、バックから突かれると再び快楽へと落ちていってしまったそうだ。

若者の執拗な攻めのあと、膣奥深くに射精された妻は、グッタリしていた。
そこで見たものは、初老の男から土地か何かの契約書で交換条件で妻を抱かせたようだった。
初老の男が、薬(バイアグラ)をのみ、再び妻に覆いかぶさって、また、腰を振ってきた。
初老の男は2回目の射精を終えると満足げに帰っていったそうだ。

初老の男と妻が遣っている間、義兄は若者に刺青を彫ってもらっていたそうだ。
若者は義兄の社員ではなく、彫師だったようだ。
義兄は刺青を彫り終えると普段は、1回しか妻を抱かないそうだが、この日は、再び妻の中に入ってきたそうだ。

挿入前にアソコに薬を塗られた妻は感覚が麻痺してしまい、昇天するような快感を覚えたらしい。すると妻に義兄が何かつぶやいたが、意識の朦朧とする妻は頷くことしか出来なかったそうだ。

義兄との最中に記憶がなくなった妻が1時間後に目をさますと左胸に異常な痛さを感じたそうだ。妻は自分の胸を見て驚いた。
なんと5センチ角くらいの紫の蝶が彫ってあったのだ。

妻は義兄に問いただすも、妻が望んだことだと言い張り、タバコを吹かしていた。
泣きじゃくる妻を横目に、若者は片付け帰ってしまい、義兄もシャワーを浴び顎で妻に帰れと促がした。

帰りの車で刺青を見た俺は、なんとも言えない衝撃と興奮で不覚にも勃起してしまった。妻は泣きじゃくり寝入ってしまったが、俺は、妻のパジャマの胸元を肌蹴させ刺青をみながら、自慰をするのだった。

【6ヶ月がたち】
妻の懐妊から交尾は毎週、土曜日一日となった。
妻のお腹も3人目ということで、大きく目立つようになり、おっぱいも市販のブラジャーでは収まりきらなくなり、Jカップのブラをしていた。

義兄は、デカパイと腹ぼての間にイチモツを挟み、扱くプレーがお気に入りになったのと、俺の知らない間にアナルまで開発されて、イクときは何時もアナルへの射精でフィニッシュするのが、この頃のパターンになっていたようだった。

半年で義兄以外の男5人ほどに、アソコとアナルに射精され快楽を覚えてしまった妻は、自らも義兄の体を求めるようになってしまった。
俺との行為は、すべて口で済まされ、俺は寝入る妻の横で話を思い出しては、自慰をする日々だった。

この頃になると義兄と妻は、裸でリビングをうろつくようになり、妻にいたっては、爆乳と巨腹をブルンブルン揺らしながら、義姉の前を素通りするようになっていた。
完全に義兄の女になってしまった妻は、義兄のお客の前でも女房面で接し、義姉との仲も悪化していった。

リビングのソファーでくつろぐ妻の胸を義姉の見ている前で揉む義兄。
義兄がイチモツを出すとすぐさま喰いつく妻。
義姉が自分の部屋へ戻ってしまうとその場で始めてしまう二人。

義兄のお客がいても、客の老人達の前で見せ付けるように交尾をし、老人達のイチモツを咥えてサービスする妻。
ホルスタインのような爆乳を喜び揉みしだく老人達。

元気の良い老人に至っては、自前の薬をのみ、妻のアナルへぶち込み快楽を得る者もいた。
この頃は、妻も家に帰らなくなり、義兄の屋敷に入り浸っていた。

義兄は金にものを言わせ、縛り専門の縄師を呼び、腹の子に影響のないよう、SMを楽しみ、縛られて鬱血した巨大な乳を平手で叩き、乳首を洗濯ハサミで虐め、すき放題に乳を嬲っていた。

その様をお客たちに見せつけ商談を済ませては、金儲けをしていたのだった。
変わり果てた妻は、髪の毛を金髪にし、刺青も両腕とアソコに彫り、完全なる性奴隷となってしまった。

【出産とその後】
臨月を向かえ無事男の子を出産した妻は、1ヶ月後に退院してきた。
義兄はDNA鑑定をしたが、驚くことが起きてしまった。
なんと、俺の子だったのだ。

怒りくるった義兄は、俺達を呼びつけ罵り、暴行を加えた。
しかし、俺はあの日以外は、妻とSEXはしてない、たった一発で子供が出来てしまったのだ。

怒りに狂う義兄は、その後、お客をよんでは、妻を縛り、母乳が飛び散るほど乳を嬲り続け、最後は、お客に妻の中で射精をさせて、商談を成立させ、憂さを晴らしていた。

Kカップの乳房に成長した妻は、ブラジャーをすることを禁止され、義兄に町に連れ出され歩き、その揺れ動く巨大な乳房に通行人の目を向かせては、一人楽しんでいた。

時には、デパートの駐車場で妻の乳房を紐でグルグル巻きにして、母乳が垂れ流し状態になっているにも関わらず、デパートで買い物をしたり、店員が妻の異常に突き出た、しかも、ビショビショになったチューブトップの乳房を凝視する様を楽しんでいた。

屋敷に帰ると、この上なく縛られた乳房や尻を容赦なく思いっきり手で叩き、泣きじゃくる妻の様子を見ては、大笑いをしていた。
妻の出産後、3ヶ月が経ち、俺達は再び義兄に呼び出された。

義兄 『もう、7千万分楽しんだから帰してやるよ』
俺 『義兄さんすいません』
義兄 『俺の子じゃあねえんだ、二人で育てな』と席を立ってしまった。

義姉は、俺達に微笑み封筒をくれた。
中には出産祝いの小切手が1千万円入っていた。
俺達は、顔を見合わせて驚いたが、義兄と義姉にお辞儀をして帰ってきた。

その後、妻はあの快楽が忘れられないのか、時折、義兄の屋敷に行っては、嵌めてもらっていたようだったが、俺の仕事も軌道にのり、家庭は一段落を迎えた。

妻は、ノーブラが気に入ったのか、俺と買い物に行くときも乳房をゆさゆさ揺らして、周りの男達を楽しませていた。
子供に授乳する時も見せびらかせるように乳を両方放り出し、見られることに快感を覚えたようだった。
俺は家に帰るとその様を思い出しては、妻のアソコと開発されたアナルへ思いを込めるのだった。

ほんの10年前のつまらない話でした。

コメントを書く