【近親相姦】コタツで寝てる妹のマンコが見たくて…(体験談)

もう十?年前になるが、俺にもスレタイのような経験がある。
最初は俺が中2、妹が小6の冬。
俺が学校から帰ると妹が居間の炬燵で寝ていた。

当時住んでた家が古い作りの家で、炬燵は掘り炬燵。
通常の炬燵と違い、足が降ろせて、そして1辺に2人ずつ座れるくらい広い。

古いだけでなくボロい家で、何しろ冬が寒い。
俺も妹もそれぞれ自分の部屋があったけど、居間にしかテレビがなかったし、冬の間はほとんど炬燵が居場所。(親父の方針で子供部屋にはテレビを置かない)
妹は勉強も炬燵でしていた。

妹は仰向けで爆睡。
宿題かなんかやっていたらしく、教科書とノートが広げてあり、そのまま後にひっくり返った格好。(掘り炬燵は横向きには寝づらい)

そのままだと風邪ひくから起こそうとしたが、全く起きない。
ちなみに、その時までは妹を女とは思っていなかったので、純粋に心配して起こした。
しょうがねえな、と思いつつ背中に手を入れて無理やり起こそうとしたら、炬燵の中に何か落ちる音がした。

すぐ鉛筆の音だとわかった。
底板の隙間に入ると面倒なので、すぐ炬燵の中に頭突っ込んで取ろうとした。
いきなり妹の太腿が目に入る。
そして鉛筆はその下あたりに見つかった。

炬燵の中は明るい。
底に切った穴の堀り炬燵用のヒーターのオレンジ色の光に照らされて、妹の太腿はなんだか卑猥な迫力があった。

とはいえ邪魔なので、結構乱暴に太腿に手を掛けてどかす。
別に起きたって構わん。
クニャッと太腿が開いて、手をのばして鉛筆拾う。
他にもコンパスが落ちていたので拾う。

で、出ようとした時に今度は食い込み気味の苺柄のパンツが目に入った。
ここで初めて邪な考えが浮かぶ。
マ○コ見えるんじゃないか。
妹を女とは見ていなかったけど、マ○コには興味がある。

体勢が苦しいので、一度炬燵から出た。
妹の様子をうかがう。
全く起きる気配なし。
今度は対面側から体ごと潜り込む。
無防備に開いた足の間に陣取って観察する。

スカートは全捲れ状態。
パンツもしっかりスジに食い込んでいやらしいカタチ。
そっとスジに触れてみる。反応なし。
太腿の付け根のあたりに手を当てる。反応なし。
ゆっくり付け根とパンツのゴムの隙間に指を入れて、食い込みを緩めるようにずらした。
淡い感じのワレメが少しだけ開いているのが見えた。

息が上がるのが抑えられなかったのを忘れられない。
左手でパンツの布を押さえ、右手の指で開いてみるとめくれるように開いた。
妹のスジはそれまで何回も見たけど、こういう形で見るのは当然初めてで、無茶苦茶興奮した。

反応がないので、大胆になった。
ワレメを上の方に開いていくと小さいツブが見えた。
そしてその上に産毛がそのまま伸びたみたいな薄いヘアが。
人差し指をワレメにあてて、中に入れてみた。
第2関節位まですんなり入る。

続きを読む(【近親相姦】コタツで寝てる妹のマンコが見たくて…(体験談))
↑↑↑↑↑↑
※クリック後、”同じタイトル” のリンクをクリックすれば
続きをお読みいただけます。

コメントを書く