【初体験】巨乳小学生の私が近所のお兄ちゃんの自慰を見てしまい…(体験談)

私は発育が良くて10歳で生理が始まって、小6で身長は160センチを超えてて、ブラもEカップのを着けてた。

だから、ランドセルも黄色い帽子も全く似合わない子だった。

うちは母子家庭で市営団地の5階に住んでて、向かいの家も母子家庭で、専門学校に行ってるお兄ちゃんと中学生のお姉ちゃんがいた。

家族ぐるみで仲がよく、小さいときから可愛がってもらって、3人兄妹のようになってた。

夏休みのある日に、朝からお向かいに遊びに行った。

いつものように勝手にドアを開けて「こんにちは~!」って入っていったけども、反応がなかった。

中に入っても誰もいなかった。

閉まってるふすまの部屋を開けてみると、お兄ちゃんがヘッドホンをつけてベッドにもたれてテレビを見ていた。

上半身ハダカでトランクスを下げて、私が今まで見た事ない大きさ(今までに何度も一緒にお風呂に入った事があるから)になったおちんちんを握って上下させてた。

「うわっ!みさちゃん!」

慌てたお兄ちゃんのおちんちんから白いのがピュッと出て、その後お兄ちゃんはティッシュを当てた。

私もびっくりしたけども、興味が先行して

「今のが精子?」

先に床に飛んだのに近づいて見てみた。

生臭かったけども、白い中にオタマジャクシの形の物は見えなかった。

お兄ちゃんにその事を言うと、

「顕微鏡で見ないと見えないよ」って言って拭き取られた。

「見てたのに~!」って言うと、

「みさちゃん、こんな事に興味あるの?」って言うから、

「うん、あるある!」って答えたら、お兄ちゃんはちょっと考えてから、

「誰にも内緒にできるなら、俺が教えてやろうか?」って言うから、

「うん、言わない!言わない!教えて!教えて!」ってお願いした。

「どこまで知ってるの?」って聞かれたから、私が学校で習った事を伝えた。

「基本的には知ってるけども、具体的には知らないんだねぇ…」

お子ちゃまだなぁって雰囲気で言われた気がした。

「何となく質問しにくい雰囲気だったし…」

言い訳してしまった。

お兄ちゃんは男の人がどうなったら精子を出すかとか、いろんな事を教えてくれた。

「良いなぁ…男の人って…そんなに気持ち良くなるなんて…」って言うと、

「ん?女の子もすごく気持ち良くなるんだよ!」

「ホントに?」

「ホントさ!気持ち良くしてやろうか?」

「うん、して!」

お兄ちゃんは、私をお兄ちゃんにもたれ掛かる形で座らせると、服の上からゆっくりと胸を揉みはじめた。

続きを読む(【初体験】巨乳小学生の私が近所のお兄ちゃんの自慰を見てしまい…(体験談))
↑↑↑↑↑↑
※クリック後、”同じタイトル” のリンクをクリックすれば
続きをお読みいただけます。

コメントを書く